閉じる

ニュース解説:IT

  • 低空飛行の電子行政、IT業界は「政策通」に期待

     政府のIT政策が大きな節目を迎えている。これまで低空飛行が続いていた行政手続きの電子申請の抜本的なてこ入れだ。政府はそのための「デジタルファースト法案(通称)」を、2018年10月下旬にも招集する今秋の臨時国会に提出する予定だ。

  • 大学受験用の「情報銀行」、文科省がeポートフォリオ

     東京大学と埼玉県は大学受験生らが高校在学中の課外活動などのデータを出願時に活用できる「eポートフォリオ」(電子学習記録システム)の新たな仕組みを考案した。

  • あっという間に巨大企業となった小米、非スマホで急成長

     Xiaomiは単なる新興スマホブランド企業では決してない。民生機器の新しいビジネスモデルを構築しつつある企業である。爆発的に売上高を伸ばした同社の商品ラインアップは、家電はもちろんタオルなどの生活雑貨に広がっており、しかもそれらの商品販売以外で利益を増やしつつある。

  • 月額20万円、RPA人材派遣サービスで価格破壊

     RPAを導入したいがコストがかさむのが難点。こんな企業の悩みに応える人材派遣・紹介サービスが相次ぎ登場している。RPAの開発・導入を担う人材を月額20万からと低料金で調達できるサービスも現れた。

  • Windows 10 October 2018 Updateに不具合、再開のメド立たず

     米マイクロソフトがWindows 10の年に2回の大型更新プログラムを取り下げ、再開のメドが立たないという異例の事態が続いている。提供開始後すぐに「大型更新を適用したらファイルが消えた」という報告がネット上に流れるようになった。これを受けて「ファイル消失の報告について調査するため」として提供を停止…

  • 5億円の報酬と2つの課題、LINEのブロックチェーン経済圏

     「ネットサービスが成長すれば、サービスに貢献したユーザーもその果実を享受できる。このような、ユーザーとサービス運営者が対等でより良好な関係を築ける新しいパラダイムを作る」。LINEがブロックチェーン技術を用いた独自の経済圏構想「LINE Token Economy」を始動させた。

  • 「デスクトップPC向けで最大性能のMPU」、米インテルが第9世代Coreと新Core X

     米Intel(インテル)社は、デスクトップPC向けMPUなどの新製品を3つのブランドで一気に発表した。ZenコアベースMPUで追い上げる米Advanced Micro Devices社を突き放そうというIntelの意思を感じさせる発表である。「すべてのコンピューター/製品ラインで性能のリーダーシッ…

  • 声で一括操作は当たり前、4分で見る2019年のIoT住宅

     パナソニックが住宅内のIoT化の普及に向けて着々と準備を進めている。同社が販売するIoT住宅向けの中核機器「AiSEG2(アイセグ2)」を2018年10月22日にバージョンアップ。AIスピーカーと連携して、音声で家電や住宅設備を一括で操作できるようにする。

  • 独自通貨でキャッシュレス、エイベックスがFinTech事業

     エイベックスのFinTech事業構想が動き出す。独自の電子通貨を使って、利用者が音楽コンテンツをキャッシュレス決済で購入したり行動に応じてポイントをためたりできるサービスを2019年4月に始める。若年層の決済や行動のデータを押さえて、エンターテインメント中心の経済圏の構築を狙う。

  • 「常時オンのAIはFPGAで」、ラティスがサポートアイテムを大幅に増強

     FPGAメーカーである米Lattice Semiconductor社の日本法人「ラティスセミコンダクター」は、2018年10月11日に東京の本社で報道機関向け発表会を開催した。LatticeのAI処理の開発エコシステム「Lattice sensAIスタック」(以下、sensAI)を紹介し、デモンス…

  • 日本人とイスラエル人夫婦の連続起業家、空飛ぶ車に挑む

     米ゼネラル・エレクトリックのデジタル事業部門、GEデジタルにIoTスタートアップを4000万ドルで売却した日本人とイスラエル人夫婦の起業家が、新たな挑戦を始めた。米シリコンバレーとイスラエルに拠点を置き、「空飛ぶ車」の実現を目指す。

  • 新たなIoT通信規格NIDD、IP使わずメリット3つ

     IoTネットワーク向けの新しい通信規格「NIDD(Non-IP Data Delivery)」に世界中の携帯電話事業者が注目している。メリットは「消費電力の削減」「大量展開のしやすさ」「高セキュリティ」の3つ。なぜこれらを実現できるのか。その理由を図を交えて見ていこう。

  • ドイツ自動車メーカー2社それぞれに、NECが1000ノード以上のHPCシステムを納入

     NECは、米インテル(Intel)社の工場で組み立てたサーバーをベースにNECが構築したHPC(High Performance Computing)システムに関して、2018年10月10日に東京で開催の「インテル デベロッパー・カンファレンス 2018」で講演した。登壇したNECの陶 理恵氏(グ…

  • HPEのソフト定義型サーバーにRed Hatの構成管理ソリューションがバンドル

     レッドハットと日本ヒューレット・パッカードは2018年10月10日、米Red Hatの構成管理自動化プラットフォーム「Red Hat Ansible Tower」を米Hewlett Packard Enterprise(HPE)のサーバー製品と組み合わせたソリューションパッケージ「あんしん Ans…

  • NTTデータが通年採用を検討 中西発言が契機、他社も追従か

     NTTデータが新卒通年採用の検討に入ったことが本誌の取材で判明した。「就活ルール」見直しに触れた経団連の中西宏明会長の発言がきっかけだ。SI最大手が動き出したことにより、IT業界で同様の動きが広がりそうだ。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

もっと見る