閉じる

ニュース解説:エレキ

  • 「デジタル化は製造業に必ずやってくる」、シーメンス、ロックウェルらが語る製造DXの威力

     オートメーションと計測の先端技術総合展「IIFES 2019」(東京ビッグサイト)の最終日11月29日の午後に、大掛かりなテーマセッション「世界ものづくりフォーラム」が開催された。ドイツ、アメリカ、日本の政府代表者と各国を代表する企業が一堂に集い、「ものづくりのデジタル化」をテーマに、ものづくりの…

  • 21年ぶりにワシントンDCで半導体テストの未来を議論、50回記念のITC開催

     半導体テスト関連で世界最大の国際会議であるITC(International Test Conference)。2019年のITCは、11月10日~15日に米国ワシントンDCで開催された。今回は50回目のITCということで、久しぶりに東海岸に戻ってのワシントンDCでの開催である。半導体の浮沈に伴う…

  • 「Googleより高精度」うたう国産音声認識の老舗、APIを一般公開

     コールセンターや医療機関、自治体の議事録作成などに向けた音声認識サービスを提供するアドバンスト・メディアは、音声認識APIを提供する開発プラットフォーム「AmiVoice Cloud Platform」の一般公開を開始した。同社の音声認識エンジンを使い、受け取った音声データをテキストデータとして返…

  • 第2次有機EL投資ブームに沸く製造装置業界、Vテクが新製品や新サービス

     iPhoneへの有機EL(OLED)ディスプレー初採用に向けて、有機ELの工場投資が相次いだのが2016~2017年。それから3年がたち、今再び有機EL投資ブームにディスプレー製造装置業界が沸き立っている。現在開催中のディスプレー関連の展示会「第29回 液晶・有機EL・センサ技術展(ファインテック…

  • マツダ正念場 「X」エンジン目標未達、FR開発遅れ

     マツダが苦しんでいる。ようやく投入した新型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」は、目標性能に達しないと映る。新しい大型車用プラットフォーム(PF)の開発は、大きく遅れる。ロータリーエンジンの投入は、無期限延期。難しい技術への挑戦は応援したいが、実力が追いつかない。「身の丈」を見つめる時期だろう。

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る