閉じる

ニュース解説:エレキ

  • 「もう神の手はいらない」、手術支援ロボによる人工関節治療をデモ

     神戸海星病院 整形外科 リウマチ・人工関節センター副院長の柴沼均氏は、日本ストライカーの報道機関向けセミナーで、同社の手術支援ロボット「Mako(メイコー)システム」による人工関節治療のデモンストレーションをした。

  • 近視の無い未来を目指すJINS、メガネ型医療機器を開発へ

     「日本では失明の原因の4位が強度近視だ。今後、世界の失明の多くは強度近視で起きると言われている」(坪田ラボの代表取締役社長で慶応大学医学部眼科学教授である坪田一男氏)――。ジンズホールディングス(JINS)は、慶応義塾大学発のベンチャーの坪田ラボと共同で、「近視進行抑制メガネ型医療機器」(管理医療…

  • ジェイテクトが後付けEPS、ドイツ勢に対抗

     後付けでトラックやバスに簡易的な自動運転機能を実現する――。ジェイテクトは2021年の供給を目指して同技術を開発中だ。ステアリングホイールと油圧の操舵システムをつなぐステアリングコラムに、同軸の電動アクチュエーターを追加し、油圧駆動のコラム式電動パワーステアリング(EPS)に変える。既販車に後付け…

  • 自動車メーカー7社の2019年度1Q決算、明暗を分けたのは?

     増収・増益の「勝ち組」か、減収・減益の「負け組」か──。日本の自動車メーカー7社の2019年度(2020年3月期)第1四半期連結決算は、好調組と不調組とでくっきりと2つに分かれた。米中貿易摩擦の影響や為替の変動、原材料費の上昇などの負の要因があったものの、それを乗り越えたトヨタ自動車(以下、トヨタ…

  • 見学相次ぐ老舗スマートシティー柏の葉、LPWAが今後3年で街の「輪郭」つくる

     柏の葉スマートシティコンソーシアムが2019年度から21年度にかけて行う実験を公表した。4つの重点分野を定め、IoTの有力手段「LPWA」で各種サービスをつなげる計画だ。

  • 自動運転時に人とクルマで運転権限を共存、ジェイテクトがEPS制御で実現目指す

     ジェイテクトは、自動運転中に人とクルマで運転権限を共存させる技術開発を進めている。電動パワーステアリング(EPS)の制御を変えることで、運転者がステアリングホイールに強い力を加えなくても操舵に介入できるようにする。緊急時に円滑に介入できれば安全になる。同社はこの技術を「ハプティックシェアードコント…

  • 建設現場で異業種連携、25件の技術で開発後押し

     国土交通省は、建設現場の生産性を向上させる新技術の導入に向けて、2019年度に直轄の現場などで試行する技術25件を決定した。3次元データや映像を活用して施工の生産性を向上させる技術を13件、監督や検査などの品質管理を効率化する技術を12件選んだ。

  • デンソーとトヨタが「ポストSiC」で新会社、酸化ガリウムかダイヤモンドか

     デンソーとトヨタ自動車が2020年4月に設立する予定の次世代車載半導体の研究開発会社。基本構造や加工方法などの先端研究から、それらを実装した電動車両向けのパワーモジュール、自動運転車向けの周辺監視センサーなどの電子部品の先行開発に取り組むという。詳細は検討中と明かさないが、日経 xTECHの調べで…

  • 筋肉を測って認知症予防、ヘルスケアベンチャーと東大の“筋肉教授”がタッグ

     ヘルスケアベンチャーのヘルスグリッドは、健康情報を活用したサービスの事業化を目的とする社会連携講座を東京大学内に開設した。筋肉の研究を専門とする同大学 教授の石井直方氏らと共に、自治体や企業からデータを収集し、主に筋機能に関するサービスや利用価値の高いデータの構築を目指す。

  • IoTでメロン栽培、「名産地」狙う越谷市と富士通の挑戦は実るか

     埼玉県越谷市と富士通はIoT(インターネット・オブ・シングズ)を活用したメロン水耕栽培の共同研究に着手した。メロンを栽培する温室内に複数のセンサーを取り付けて環境を可視化して、メロンの品質と栽培条件の関係性を検証する。

  • Intelモデム事業買収は「5G」「ポストスマホ」を見据えたAppleの好手

     米Apple(アップル)の「iPhone」は2007年の発売(日本は2008年)から10年強、世界のスマートフォン市場を牽引してきた。現在もトップブランドであることは間違いない。そのブランド力で高価格戦略を維持しつつ、顧客のつなぎ止めに成功している。

  • 路面状態をタイヤで推定、車両の挙動制御に活用 住友ゴムが25年めど

     タイヤに機能を追加する技術開発が活発になってきた。住友ゴム工業は2025年をめどに、タイヤで検知した路面状態に応じて車両の挙動を制御する技術の確立を目指す。タイヤをセンサーとして使い、車両側に搭載したシステムで路面の状態や各タイヤにかかる荷重を推定する。路面の滑りやすさや積載量が変化しても安全に走…

  • クルマのデジタルキーをブロックチェーンで管理、サーバー費用は「ほぼゼロ」

     アルプスアルパインとフリービットは、CASE(Connected, Autonomous, Shared & Services, EV)やMaaS(Mobility as a Service)の時代における「シームレスカーライフ」の実現に向けて、業務提携を結んだ。2019年7月23日に東京都内で記…

  • 三菱航空機の命運握る次世代機の開発始まる、「新技術を投入」

     三菱航空機が開発を進めている小型ジェット旅客機の名称が「MRJ(三菱リージョナルジェット)」から「Mitsubishi SpaceJet(三菱スペースジェット)」へと変更され、その事業化が新たな局面に入りつつある。2020年半ばの量産初号機納入に向けた取り組みが佳境を迎える一方、最大の市場である北…

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る