閉じる

ニュース解説

  • 不当な短工期禁止へ法改正、長時間労働を是正

     国土交通省は、違法な長時間労働を前提とした不当に短い工期の設定を禁止する。工期設定に関する受発注者の責務を規定した建設業法の改正案を、2019年の通常国会に提出する考えだ。週休2日の確保などを踏まえた適正な工期設定のための基準も作成する。

  • 五輪で関心高まる「外濠」、女子高生がボートで調査

     東京五輪のマラソンコース候補となっている外濠(そとぼり)周辺。人々の関心が高まるなか、東京・市ケ谷にある女子校、三輪田学園の有志チーム「外濠フレンズ」の約25人は、手こぎボートで外濠の一部である新見附濠を航行。水上からの観察や水質調査などを行い、環境・観光などの面での課題を指摘した。

  • 大工が10万人減、家が建たない時代が来る

     大工が大幅に減少して、住宅の建築需要に対応できなくなる――。野村総合研究所は、加速する大工不足に警鐘を鳴らした。大工の人数は15年度の35万人から、30年度には21万人にまで減ると予測。住宅建築の需要縮小ペースを上回る勢いで大工の数が減少し、住宅の建築需要に対応できなくなる可能性が出てきた。

  • 複数の分身や第3の腕を作り出す、東大らの「人間拡張研究」本格始動

     ロボットやAIと融合して人間が自由自在に行動できるようになることを支援する拡張技術。これをを研究開発する「JST ERATO 稲見自在化身体プロジェクト」が、2018年6月15日に都内でシンポジウムを開催した。研究総括を務める東京大学 先端科学技術研究センター 教授の稲見昌彦氏は、登壇した様々な分…

  • ブロック塀倒壊、熊本地震の死亡事故では6700万円の賠償請求も

    9歳の女児が亡くなった大阪北部地震でのブロック塀倒壊事故。同様のケースは大地震のたびに繰り返される。2016年4月の熊本地震でも倒れたブロック塀が若者の命を奪い、遺族らが6700万円の損害賠償を請求する訴訟になっている。ブロック塀の危険性はなぜ、見落とされてしまうのだろうか。

  • リニア大深度、愛知の第2弾は安藤ハザマ

     JR東海は、リニア中央新幹線の大深度地下トンネル工事第2弾となる愛知県内の坂下西工区の施工者に安藤ハザマ・不動テトラ・福田組JVを選定した。この工区の中間に設ける神領非常口は、安藤ハザマ・不動テトラJV。

  • 要求受け不正に入札中止、参加資格ない会社を救済

     千葉県は6月16日、安房土木事務所が発注する工事の指名競争入札で、参加基準を満たさない建設会社を指名するため、既に指名通知を終えていた入札を中止する不正があったと発表した。

  • 仮想通貨の無断採掘を警察が一斉摘発、ウイルス罪適用には異論も

     Webサイト運営者がサイト訪問者の端末を無断で利用して仮想通貨を獲得する行為について、警察機関が一斉検挙に乗り出したことが議論を呼んでいる。警察庁は「閲覧者に対して明示せずにマイニングツールを設置した場合、犯罪になる可能性があります」との見解を公開。さらに全国の10県警が16人を検挙した。

  • AIとIoTで子供を見守る、インフラ大手が担ぐサービスの可能性

     AI×IoTで子供の居場所を自動通知、東京ガスなど大手が売り出す――。家電ベンチャーのBsizeが開発した、AIやIoTを使った子供見守りサービス「GPS BoT」を大手インフラ企業が続々と担ぎ始めた。国内外で一気に広がる可能性がある。

  • 600m飛ばせるBluetooth 5 SoC、東芝がパワーアンプの新技術で長距離通信を実現

     東芝デバイス&ストレージは、Bluetooth Low Energy 5.0準拠のSoC(System on a Chip)で600mという長い通信距離を実現させたパワーアンプ技術に関して、半導体/ICの国際学会「2018 Symposia on VLSI Technology and Circu…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る