閉じる

ニュース解説

  • 1400社30万人がテレワーク 見えた3つの壁

     政府が2018年7月に実施したテレワーク推進活動に1380社が参加した。参加企業の間で多様な働き方を試す動きが広がった。IT環境の違いによって「できない業務」があるなど課題も明らかになった。

  • 携帯3社が法人向けIoTで火花 11兆円市場、カギは仲間作り

     NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが企業向けIoTの仲間作りを急いでいる。世界の通信大手に業界トップ企業、ベンチャーと組む相手は様々。4年後に11兆円を超える成長市場を巡り、IT大手も巻き込んだ競争が始まった。

  • 東京ガスがAzureでAPI基盤 200システムを迅速に連携

     エネルギー業界の自由競争に勝つために東京ガスはAPI基盤を構築した。200以上あるシステムを活用し、新サービスを素早く開発しやすくする。2019年夏に新サービスの第1弾を投入する計画だ。

  • トヨタホームが急浮上、17年度の戸建て住宅供給ランキング

     2017年度の戸建て住宅の市場において、トヨタホームの存在感が増した。市場経済研究所と不動産経済研究所が18年7月31日に発行した「2019年版 全国住宅・マンション供給調査 企業別ランキング」で明らかになった。

  • QLC NANDフラッシュ搭載のSSDが続々、インテルやマイクロンなどが出展

    4ビット/セル(QLC:Quatro-Level Cell)のNANDフラッシュメモリーを搭載したSSDが続々と登場している。フラッシュメモリーなどに関する世界最大級のイベント「Flash Memory Summit」(2018年8月7日~9日、米国サンタクララ開催)では、例えば米Intel(インテ…

  • 全自動は最高位にあらず、スマートキッチンレベルはこう決まった

     クックパッドは、スマートキッチンの方向性と目標をまとめた「スマートキッチンレベル」を定義し、いわゆるフードテックに関するセミナー「スマートキッチン・サミット ジャパン2018」(2018年8月8~9日、東京ミッドタウン日比谷)で発表した。

  • 六本木の路地巡りで体感、アートが発見させる街の個性

     アート作品を通じて街を眺める。それは、いつも目的地へ行くためだけに歩いているときには意識していなかった“この街ならでは”の面白みを味わうきっかけとなる。そんな可能性を、東京・六本木の夜のアートイベントを題材に探ってみる。

  • 変動型住宅ローンが過去最高の理由とは

     変動型金利で住宅ローンを借りる人が急増している。住宅金融支援機構の調査によると、2017年度に借り入れをした人の56.5%が変動型を選択。前年同期比で9ポイント増え、過去最高となった。日本銀行の異次元の金融緩和にもかかわらず、物価が十分に上昇しないために、今後も超低金利が長期化するとの見方が拡大。…

  • 18年6月期:3カ月ぶりの減少、住宅着工戸数は7.1%減

     国土交通省によると、2018年6月の住宅着工戸数は8万1275戸で、対前年同月比は7.1%減となった。3カ月ぶりの減少だった。利用関係別にみると、前年同月比で持ち家、貸家、分譲住宅ともにマイナス成長だ。

  • アジャイルな組織へシフトを、国交省若手が提言

     国土交通省の若手職員による政策立案プロジェクト「政策ベンチャー」は2030年に向けた「日本を進化させる生存戦略」をまとめ、石井啓一国交相らに報告した。国交省自身に対し、臨機応変などを意味する「アジャイル」をキーワードに組織の変革を求めている。

  • NTTデータに焦り、クラウド勘定系は3陣営争い

     NTTデータが勘定系パッケージ「BeSTA」のクラウド提供に乗り出す。クラウド勘定系は日本ユニシス、富士通との三つどもえの戦いになる。ただNTTデータの発表は具体策に乏しく、先行2社への焦りも見え隠れする。

  • 福井県9市町で同時システム障害、根本原因は不明

     福井県坂井市など9市町で同時多発したシステム障害の波紋が続いている。2018年7月22日日曜日に9市町に関わるネットワークで接続障害が発生。翌7月23日月曜日から窓口業務などが混乱した。

  • 揺れる「通信の秘密」、ブロッキング問題の根幹

     「現時点で海賊版3サイトをブロッキングする予定はない」――。NTTコミュニケーションズは2018年8月3日、こう主張する準備書面を東京地方裁判所に提出した。

  • NAND大手が火花、中国紫光集団系の新興が参戦

     フラッシュメモリーなどに関する世界最大級のイベント「Flash Memory Summit 2018」(2018年8月7日~9日、米国サンタクララ開催)の初日の基調講演に、東芝メモリや韓国SK hynixなどが登壇し、それぞれが自社製品をアピールした。加えて、中国Yangtze Memory Te…

  • 2輪車でも排ガスの不適切検査が発覚、「人の判断では限界があった」とヤマハ発が謝罪

    4輪車で相次いで見つかった完成車の不適切検査が2輪車でも発覚した。ヤマハ発動機は2018年8月9日、完成車の排ガス性能を検査する工程で、基準を逸脱した不適切な検査を続けていたことを発表し、同日謝罪会見を開いた。本来は除外すべき測定結果を使っていたという。対象は6車種。いずれも性能には影響せず、リコー…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る