閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

ニュース解説

  • 警戒区域外で土砂崩れが相次いだ千葉県、指定率は全国最低の36%

     2019年10月の台風19号で、千葉県では計4人が死亡した土砂崩れ現場3カ所がいずれも土砂災害警戒区域に指定されていなかった。そのうち2カ所は事前の基礎調査で危険性が判明していたが、県の指定が遅れていた。

  • ユーザー企業のOracle技術者が足りない、高まる技術的負債のリスク

     20年以上前に構築した古い基幹系システムを使い続けるユーザー企業が5社に1社の割合で存在するとされるなか、「枯れた技術」の維持管理に危機が迫っている。枯れた技術としてはCOBOLが有名だが、今回取り上げるのは別の技術、リレーショナルデータベース(RDB)である。

  • 1台10万円以下のセンサー、広域で土砂災害を検知

     土砂災害の発生を検知する機器は、導入や維持のコストが高く普及に課題があった。2018年に発生した西日本豪雨などの土砂災害が追い風となり、安価で広範囲に設置できる検知センサーの導入が、全国の現場で進み始めている。

  • ウーバー自動運転車事故、ドライバーの脇見よりも深刻な「設計の欠陥」

     米ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)の自動運転車両で2018年に発生した歩行者死亡事故について、米国家運輸安全委員会(NTSB)は19年11月5日に調査報告書を公表した。この事故を巡っては、自動運転車両のテストドライバーが動画の視聴に興じていたことがセンセーショナルに語…

  • 国内ECで「1位」が命題のヤフー、LINEと統合でアマゾン・楽天超えなるか

     ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とLINEが経営統合を検討していることが明らかとなった。売上高は単純合算で1兆2000億円規模に達し、無事に実現すれば楽天を抜いて国内最大手のインターネット企業に躍り出る。スマホ決済などでしのぎを削る両社を引き寄せた理由は何だったのか。

  • 200kg運べる巨大ドローン出現、空飛ぶクルマの新興企業が開発、米農機大手とタッグ

     eVTOL機を手掛けるドイツの新興企業ボロコプター(Volocopter)は、物流や農業、建設、救援分野などに向けた産業用の大型ドローン「VoloDrone」を開発し、2019年10月に試験飛行に成功した。可搬質量(ペイロード)は最大200kgと大きいのが特徴だ。農業機械大手の米ディア・アンド・カ…

  • 68万人が参加した大規模テレワークの成果が判明、「痛勤」者は何人減ったか

     政府主導のキャンペーン「テレワーク・デイズ2019」で、テレワークが交通混雑の緩和や企業の働き方改革に有効なことが見えてきた。一方でテレワーク環境の不備など、企業が導入するうえでの課題も明らかになった。

  • リニアの27年開業危うし、国の調整に県が猛反発

     リニア中央新幹線の2027年開業が遅れる可能性が高まってきた。南アルプストンネル静岡工区が大井川の流量減少を巡って着工できずにいる問題で、事態の打開に動いた国土交通省を静岡県の川勝平太知事が痛烈に批判。問題解決の糸口をつかめない状態が続いている。

  • 2020年に始まる建築物・内装の意匠登録、認められる条件とは?

     建築物や内装の意匠登録を可能とする改正意匠法について、政府は施行日を2020年4月1日と定める政令を閣議決定した。法改正は企業の競争力強化などを目的に、デザインの保護範囲を拡大するもので、登録が認められれば特許庁のウェブサイトなどに掲載され、権利者は他者に対し模倣行為などを制限できる。従来の意匠登…

  • 日産、エンジン開発で3Dプリンター VCRエンジン改良も視野

     日産自動車は今後のエンジンの開発において、Additive Manufacturing(AM:付加製造)が鍵を握ると指摘する。中でも、金属を材料として3Dプリンターで造形する技術は環境や車外音といった規制への対応に効果的とした。部品の軽量化を進めるうえで3Dプリンターを活用し、素材や部品の強度など…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る