閉じる

製造

新着

  • ゲンバはこうして崩壊した 本当に怖い基礎力「ものづくり1.0」の弱体化

    突発的な受注を増やしすぎて大混乱に陥った工場

    第10回 突発事態への対応力の崩壊

     多品種にわたる製品を生産している工場がある。これをJ工場と呼ぼう。J工場では、顧客からの注文に応じて、毎日、数十品種の生産を行っている。材料の調達には一定のリードタイムが必要であるため、生産開始から出荷までに数日かかる。従って、顧客からの発注や内示を基に計画的な生産を行っている。

  • 伝説のエンジニア

    「ロボットやセンサーに頼り切るな」、たたき上げトヨタ副社長の警句

    河合 満(トヨタ自動車 副社長)

    トヨタ自動車で55年間に渡って現場を見続けてきた河合氏。副社長となった今も、本社工場の一角に執務室を構え毎日のように現場に足を運んで技能者と言葉を交わし、手作業や日々の改善にこだわり続ける。自動化やIoT化は道具に過ぎないと喝破し、生産ラインが進歩を続けるために、高い技能の裏付けが必要と説く。

  • バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング

    注目の話題は「平成最悪の豪雨被害」など

    2016年~18年:7月15日~21日

     7月15日~21日のアクセスランキング1位は、2018年が「平成最悪の豪雨被害、写真で見る被災地の今」、2017年が「パリの美術館、安藤忠雄氏の設計が明らかに!」、2016年が「ついでの断熱改修をしたら 部屋が暑くて不快だ」でした。本日7月18日から24日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを…

  • ニュース

    三菱電機、オープンイノベーションでFA分野の新規事業を創出へ

    グロービスと協業し国内スタートアップの募集を開始

    三菱電機とグロービス(本社東京)は、FA分野においてオープンイノベーションによる事業創出を目指す取り組み「三菱電機アクセラレーションプログラム2019」を開始する。国内のスタートアップを対象に、2019年7月17日に参加企業の募集を始めた。

  • ニュース

    VW、新開発の手動変速機でCO2を5g/km改善、欧州新規制に対応

     ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)は2019年7月15日、新しい6速手動変速機「MQ281」を開発したと発表した。効率を高めることに集中して開発した結果、CO2排出量を最大5g/km改善できたという。欧州では2021年にCO2排出量を95g/km以下にする厳しい環境規制が始まる。こ…

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る