閉じる

日経NETWORK購読者が読める有料記事の一覧

  • 5Gやさしく深く、まるわかり

    [Q3]5Gはどうやって実現するの?

     5Gの特徴は、(1)高速・大容量、(2)低遅延、(3)同時多数接続の三つだが、当初は高速・大容量と低遅延に関する新技術を重点的に盛り込む。

  • NEWS close-up

    主要なCPUに深刻な脆弱性

    メモリー上の機密情報を盗まれる恐れ 更新プログラムの適用で性能低下の懸念

     米グーグルのセキュリティ専門チームは1月3日(米国時間)、複数のCPUに見つかった深刻な脆弱性を公表した。CPUが備える高速化機構が悪用され、メモリー上の機密情報を不正に読み取られる可能性がある。パソコンにとどまらず、スマートフォンやサーバー、ネットワーク機器などCPUを搭載したほとんどのIT機器…

  • 5Gやさしく深く、まるわかり

    [Q2]5Gで何がよくなるの?

     5Gは当初から性能面での主要な要件として、(1)高速・大容量、(2)低遅延、(3)同時多数接続―の三つを開発目標に挙げている(図2-1)。現在の4Gと比べると最大通信速度は1Gビット/秒から20倍の20Gビット/秒に、遅延は10ミリ秒から10分の1の1ミリ秒に、同時多数接続では1平方キロメートル当…

  • AIで進化するセキュリティ

    Part2 AIを実現するための様々な技術

     Part2では、現在のAIを構成する様々な技術を説明していこう。

  • NEWS pickup & digest

    バス運転手の疲れをIoTセンサーで検知 事故の損失額が74%減少

     高速バス大手のWILLER EXPRESS JAPANは、IoTを活用した乗務員の健康管理に関する説明会を開催。平山 幸司代表取締役は「疲れや眠気を検知するIoT機器を1年半ほど運用し、車両損傷による損失金額が従来の74%減になるなど、事故削減に目覚ましい効果が出ている」と述べた。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る