閉じる

日経NETWORK購読者が読める有料記事の一覧

  • 専門家に聞くビギナーズクエスチョン

    公衆無線LANって安全なの?

    [今回の回答者]ラック ITプロフェッショナル統括本部 エンタープライズ・セキュリティサービス事業部 セキュリティコンサルティング部 第一グループ 部長 西村 篤志、第二グループ 宮本 豊

     商業施設に加え、自治体が街角などに公衆無線LANを設置するケースが増えています。ところが、無料の公衆無線LANの中には、スマートフォンなどの端末とアクセスポイント(AP)の間の通信を暗号化していないものもあります。この場合、端末とAPの間の通信は平文でやり取りされ、通信内容を盗聴される危険性があり…

  • いまさら聞けない定番技術

    NB-IoT

    低消費電力・狭帯域のIoT向けLTE規格

     NB-IoT(Narrow Band-IoT)はモバイル向けの高速通信「LTE」(Long Term Evolution)を使ったIoT(Internet of Things)向けの通信規格である。低消費電力および狭帯域で広域をカバーできるのが特徴だ。LPWA(Low Power Wide Are…

  • 辻伸弘の裏読みセキュリティ事件簿

    いまだに衰えないアノニマス 原発のWebサイトも標的に

    [第37回]

     サイバー攻撃などを実行して自らの主張を知らしめる抗議活動を行うアノニマスに、新しい動きがありました。一つは、「OpNuke」(オペレーションヌーク)という新しい抗議活動が始まったこと。もう一つは、老舗の抗議活動「OpKillingBay」(オペレーションキリングベイ)において2017年度の標的リス…

  • 特別レポート

    経団連が技適緩和を求めた理由

     日本国内でスマートフォンをはじめとした無線機器を使おうとした場合、無許可の機器は使えない。電波法に基づく「技術基準適合証明」(略して技適)という認証を受ける必要がある。

  • それってどういう意味? ネコでもわかるセキュリティ用語

    ウイルスに感染するってどういうこと?

    [第1回]

     とある企業の情報システム部門。その中に、全社のセキュリティに責任を持つセキュリティ部がある。そのセキュリティ部に、元気が取りえの通称「ネコSE」が配属された。ただこのネコSE、セキュリティの知識がやや心もとない。豊富な知識を持つ「センパイ」が、ネコSEにセキュリティの基礎を懇切丁寧に解説する。

  • NEWS close-up

    一体誰が使うのか?最大10Gビット/秒の個人向けFTTHをKDDIが開始

     KDDIは上り下り10Gビット/秒の個人向けFTTHサービス「au ひかり ホーム10ギガ」を開始した。既存サービスの1Gビット/秒に比べ、10倍の高速化となる。併せて上り下りが5Gビット/秒の「au ひかり ホーム5ギガ」も提供する。サービス受付は2018年3月1日に始めた。

  • 当事者が語る! トラブルからの脱出

    大手スーパーで業務用端末が通信不能に、犯人は意外な商品

     店舗フロアで使っていた業務用小型端末(ハンディ端末)が通信できなくなった。無線LANアクセスポイントを調べたが問題はなかった。しばらく店舗内を調査した結果、無線LANではない電波を発している防犯カメラを発見し、その電源を切るとトラブルが解消した。

  • NEWS close-up

    量子コンピュータでも解読困難な国産暗号LOTUS

    格子暗号をベースにNICTが開発 強さの秘密は解読のアルゴリズムがないこと

     現在広く使われているRSAや楕円曲線暗号(ECC)などの暗号技術の地位が脅かされている。量子コンピュータが登場したためだ。量子コンピュータを使えば、RSAやECCは短時間で解読されるという。そこで、量子コンピュータでも解読が困難な暗号技術の開発が各国で進められている。その一つが、情報通信研究機構(…

  • 5Gやさしく深く、まるわかり

    [Q5]5Gは今と同じ電波を使うの?

     5G向けには、現在3Gや4Gで利用している既存の周波数帯とは別の周波数帯が割り当てられる予定だ。割り当ての対象として検討が進んでいるのは、3.6GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯といった高めの周波数帯になる。

  • NEWS close-up

    アナログモデムの新製品が次々と登場

    制御用ICの生産中止が原因 IP網移行後にも従来製品で対応可

     アイ・オー・データ機器が1月24日、アナログモデム2製品を発表。ラトックシステムも翌25日に新製品を発表した。ユーザー数が少ないと思われるアナログモデムの新製品が、なぜ次々と発表されたのだろうか。

  • 5Gやさしく深く、まるわかり

    [Q4]5Gはいつから使えるの?

     国内の携帯電話会社で、5Gサービスの具体的な開始時期を明言しているところは2018年2月時点ではない。だが、各社とも東京オリンピックでのお披露目を目指しており、2020年にはサービスが開始されるだろう。

  • NEWS close-up

    Skypeなど多数のアプリに深刻な脆弱性

    原因はアプリ開発用のフレームワーク 攻撃者が任意のプログラムを実行可能に

     米マイクロソフトの「Skype for Windows」や米スラックの「Slack」といった多くのアプリに深刻な脆弱性が見つかった。2018年1月下旬に報告された「CVE-2018-1000006」だ。この脆弱性を悪用すると、ユーザーが特定のURLにアクセスするだけで、攻撃者が指定した任意のプログ…

  • 5Gやさしく深く、まるわかり

    [Q3]5Gはどうやって実現するの?

     5Gの特徴は、(1)高速・大容量、(2)低遅延、(3)同時多数接続の三つだが、当初は高速・大容量と低遅延に関する新技術を重点的に盛り込む。

  • NEWS close-up

    主要なCPUに深刻な脆弱性

    メモリー上の機密情報を盗まれる恐れ 更新プログラムの適用で性能低下の懸念

     米グーグルのセキュリティ専門チームは1月3日(米国時間)、複数のCPUに見つかった深刻な脆弱性を公表した。CPUが備える高速化機構が悪用され、メモリー上の機密情報を不正に読み取られる可能性がある。パソコンにとどまらず、スマートフォンやサーバー、ネットワーク機器などCPUを搭載したほとんどのIT機器…

  • 5Gやさしく深く、まるわかり

    [Q2]5Gで何がよくなるの?

     5Gは当初から性能面での主要な要件として、(1)高速・大容量、(2)低遅延、(3)同時多数接続―の三つを開発目標に挙げている(図2-1)。現在の4Gと比べると最大通信速度は1Gビット/秒から20倍の20Gビット/秒に、遅延は10ミリ秒から10分の1の1ミリ秒に、同時多数接続では1平方キロメートル当…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る