閉じる

日経NETWORK購読者が読める有料記事の一覧

  • NEWS close-up

    脆弱性情報サイトが使用中止を呼びかけ 開発者と連絡が取れないため異例の対応

    パッチがないソフトウエアの脆弱性を公開

     ソフトウエアなどの脆弱性情報を公開しているJapan Vulnerability Notes(JVN)は3月中旬、脆弱性のあるソフトウエア6製品の開発者と連絡が取れないとして、該当製品の使用を中止するよう呼びかけるとともに、その脆弱性情報を公開した。

  • インターネットができるまで

    世界中で情報を共有する

    [Web]

     現在のインターネットの主役は、Webだといってよいだろう。しかし、Webが現れたのはインターネットの歴史の中では最近のことだ。インターネットの起源は1969年にまで遡るのに対し、世界初のWebサイトが公開されたのは1991年。実に約20年もの隔たりがある。

  • インターネットができるまで

    通信相手を名前で指定する

    [DNS]

     IPネットワークであるインターネットでは、通信相手は基本的にはIPアドレスで指定する。コンピュータ同士の通信であれば、お互いのIPアドレスさえわかれば通信が可能だ。ところが、人間にとってはIPアドレスはただの数字の羅列でしかなく、わかりにくい。

  • インターネットができるまで

    事故が起こったら道順を変える

    [ルーティング]

     インターネットの特徴の一つは障害に強いことである。一部のルーターや回線に障害が発生して通信できなくなった場合でも、自動的に他の経路に切り替わって通信を続けられる。それを実現している仕組みが「ダイナミックルーティング」だ。

  • インターネットができるまで

    みんなが自分だけの住所を持つ

    [IPアドレス]

     インターネットで通信する個々のコンピュータに割り当てられる「住所」に相当するのがIPアドレスである。データの送信元や宛先として使われる。IPアドレスさえわかれば、遠く離れた国にあるコンピュータとでも瞬時にデータをやり取りできる。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る