閉じる

日経NETWORK購読者が読める有料記事の一覧

  • NEWS close-up

    URLZoneの感染被害の85%は日本で発生

    IEやエクスプローラーになりすますウイルス プロセス監視をかいくぐる

     セキュリティベンダーのCylance Japanは6月21日、ウイルス「URLZone」に関する調査結果を発表。URLZoneの感染被害の85%は日本で発生しているという。

  • ネットワーク機器利用実態調査

    1010人に聞いた、使っているネットワーク機器と選んだ理由

     企業ネットワークの利用実態を調べるアンケート調査を2018年5月から6月の間に実施。その結果をスイッチ部門、無線LAN部門、UTM/ルーター部門の三つに分け、さらに各部門の製品ジャンルごとに回答を集計した。

  • 当事者が語る! トラブルからの脱出

    リモートアクセスの怪現象、夜間しか通信できない

     スマートフォンから社内システムへのリモートアクセスが不安定になるトラブルが発生した。夜間は安定して通信できるのに対し、昼間は通信できないことが多かった。回線の遅さが原因だと考えて高速な回線に切り替えたが、状況は改善しなかった。真の原因は別にあった。

  • NEWS close-up

    期待高まる農業IoT

    IIJと静岡県、稲作の水管理自動化に挑戦 通信頻度と消費電力のバランスに苦心

     IoT(Internet of Things)の普及で、新たな分野でのIT活用が期待されている。その一つが、水田における水管理の自動化である。インターネットイニシアティブ(IIJ)が静岡県と共同で取り組んでいる。

  • イラストで学ぶ無線LANのき・ほ・ん

    メッシュを利用して無線LANのエリアを拡張する

    [その11]

     「現場までLANの有線ケーブルが届かない」といった理由で無線LANの導入を検討しなければならないことがあります。そんなとき、無線LANの提供予定エリアから有線LANの接続ポイントまで100m以上離れていたり、アクセスポイント(AP)を接続するPoE対応スイッチにポートの空きがなかったりするケースも…

  • ネットワーク構築のツボ

    データセンターに導入進む新技術、P4とTelemetryに注目集まる

    [第4回]

     データセンターでは今、最近登場した新しい技術の導入が始まっている。今回は、そうした新技術の中から、データセンター(DC)間接続、SDN、可視化に関するものを紹介しよう。特に注目されているのが、SDNの最新技術「P4」とSNMPの後継「Telemetry」だ。

  • MVNOの舞台裏

    SIMカードの進化形eSIMがもたらすメリットとは

    [第4回]

     MVNOが提供する、いわゆる「格安スマホ」のサービスでは、端末とSIMカードが別々に提供されることが多い。このため、これまで利用者がほとんど意識することのなかったSIMカードが注目されるようになった。そこで今回は、SIMカードおよびその進化形であるeSIMについて解説する。

  • NEWS close-up

    狙われるコンテンツ管理システム

    Drupalの脆弱性を狙った攻撃相次ぐ 複数の攻撃者グループが競って侵入

     広く使われているコンテンツ管理システム(CMS)の「Drupal」を狙った攻撃が相次いでいる。管理者は対策が急務だ。

  • それってどういう意味? ネコでもわかるセキュリティ用語

    安全なパスワードを作るには?

    [第4回]

     とある企業の情報システム部門。そこで元気一杯に働いているのが、ちょっと頼りない若手社員、通称「ネコSE」だ。豊富なセキュリティの知識を持つ「センパイ」に日々、鍛えられている。今日はパスワードの話題をきっかけにして、本人認証の方法を勉強だ。

  • いまさら聞けない定番技術

    カテゴリー

    LTE端末やLANケーブルの性能を示す指標

     カテゴリーはもともと同じ性質の物事を区別する基本的な分類のことを指す言葉だ。ネットワーク用語としては、主に二つの意味で使われる。一つはLTE端末の通信性能を示す指標。もう一つはLANケーブルの伝送性能を表す指標である。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る