閉じる

土木

ピックアップ

  • ねっとわーく 読者から

    求む!Uターン、Iターン技術者

     出身県にUターンで戻ってきて、建設コンサルタント会社で働いている。地元の同業他社では最近になって世代交代が進み、40歳代の若手経営者が増えている。一方、新卒をはじめとする入社希望者は減っており、地元企業の間で人材を取り合っている状況だ。経営の若返りを図ったとしても、人が減り続けるのでは会社の将来に…

  • 建築サミット2018リポート

    小堀哲夫氏が目指す「感性建築」、数値を読み数値を超える

     単なる省エネにとどまらず、自然を生かした気持ち良い執務空間をいかに生み出していくか。2017年、福井市に完成した「NICCA イノベーションセンター」の特徴と工夫について、設計者の小堀哲夫氏がひも解く。

  • ニュース解説:土木

    6人死亡の「ニセ斜張橋」、米国歩道橋はPC鋼材の緊張中に崩落

     6人が死亡した、米フロリダ州の歩道橋崩落事故。原因は調査中だが、事故発生時に作業員がプレストレスト・コンクリート(PC)鋼材の緊張力を調整していたことが分かっている。

  • 木村岳史の極言暴論!

    建設業の足元にも及ばない、IT業界は最も遅れた労働集約型産業だ

     IT業界の関係者は、自分たちの業界が建設業界によく似ていると思っている。「ハイテク産業のはずなのに労働集約型の建設業と同じだから、IT業界はダメなんだ」と嘆く。しかし、建設業界の人から言わせると「一緒にするな!」ということらしい。

  • 驚異の新材料2018~ものづくり、家づくり、街づくりを変える!

    いよいよ市場に、微生物がコンクリートを勝手に修復

     材料自身に含まれる成分や事前に仕込んでおいた成分などを基にして、ひび割れなどの損傷を修復する「自己治癒能力」。バクテリアを混ぜて治癒能力を持たせたコンクリートが、今春から日本でも販売される。開発したのはオランダ・デルフト工科大学だ。

  • 狙われるニッポン 先端技術で守れ

    突入する暴走車を鋼製ポストで木っ端みじんに

     車で人混みや建物に突っ込むテロを防ぐうえで役立つライジングボラード。米国国務省が認めた高性能製品を生みだしている会社が日本にある。

  • 許されなくなったコンクリひび割れ、時代は変わった

    クレーム封じに積水ハウスが秘策

     コンクリートに生じるヘアクラックを気にする人に向けて、積水ハウスはその対策を編み出した。標準工法として全国展開している。

  • ニュース解説:土木

    1300tの巨大橋桁、1本の支柱に阻まれ架設中断

     「まもなく橋が架設位置に到着!橋をおろして固定します」。5月12日から13日にかけて東京臨海部の道路を封鎖し、重さ1300tもある巨大な鋼箱桁を大型多軸台車で一括架設する夜間工事。発注者である東京都港湾局はツイッターで工事の進捗を逐一、発信していた。様相が一変したのは、その直後だ。

  • 東京大改造

    日本橋の首都高地下化ルート決定、八重洲線のトンネル活用

     国指定重要文化財の「日本橋」(東京都中央区)の上空をまたぐ首都高速道路の地下化ルートが決まった。既存の首都高八重洲線を500mほど活用して、新たにトンネルを建設する区間を1.2kmに抑えた。2020年の東京五輪後に着工する予定だ。

  • ニュース解説:土木

    清水建設が掘削ミス、中心のずれ放置し不具合拡大

     南阪奈道路のトンネルで中心線が設計位置からずれるなどした問題で、施工者の清水建設は覆工コンクリートの打設前にずれを把握しながら、適切に対応していなかった。覆工コンクリートを撤去し、中心線を是正したうえで打設し直す。

  • ニュース解説:土木

    高所作業の安全帯、22年から従来型を使用禁止

     厚生労働省は、高所作業で墜落を防ぐために労働者が着用する安全帯について、ロープなどを構造物に回して身体を支える「U字つり」など従来型の製品の使用を2022年1月から原則禁止する。

  • ニュース解説:土木

    腐食を見逃された「吊り橋」の衝撃的な末路

     今年4月1日、ミャンマー西部で築22年の吊り橋が突如崩落し、2人が死亡した。重要部材の主ケーブルが腐食し、破断に至るという「あってはならない事故」だ。東京大学生産技術研究所がドローンで撮影した動画も交えて、現地の状況と落橋の原因を解説する。

一覧を見る

おすすめ記事

  • 見えてきた外環道東京区間、深夜の目白通り上空

     東京外環自動車道の千葉区間が2018年6月、計画から半世紀を経て開通したことは記憶に新しい。外環道の工事の舞台は今後、関越道と中央道、東名高速を南北につなぐ延長約16.2kmの東京区間へ移る。関越道と外環道を結ぶ大泉JCTで行われた夜間の橋梁架設を追ってみた。

  • 規則に反してダム大量放流、浸水被害を拡大か

     西日本豪雨で緊急放流した広島県呉市の野呂川ダムで、合計8時間にわたりダムの操作規則に違反して流入量を上回る量を放流していたことが分かった。ダムを管理する広島県は8月2日に有識者検討会を設置し、ダム下流の浸水被害を拡大させた可能性や、操作の是非について検証を始めた。

  • 新名神で相次ぐ墜落、建設死者数は反転増の危機

     特に危機感を強めているのは、西日本高速道路会社だろう。2016年4月の有馬川橋の落橋事故を皮切りに、新名神の建設現場で17年までに4件もの死亡事故が発生した。

  • JRやNHK巻き込む自治体初の行動計画、寝屋川の水害対策で

     大阪府が管理する寝屋川で、府や警察、鉄道会社、放送局などでつくる流域協議会が、豪雨時に取るべき対応を時系列でまとめた行動計画「タイムライン」を作成した。都道府県管理の河川で、複数の市町村と民間事業者を含む多機関連携型のタイムラインを作成したのは全国で初めて。

  • “高速”かさ上げ 1年足らずで橋脚並ぶ

     首都高羽田線を南に向かって撮影。桟橋構造だった上り線を2017年9月に写真右奥の仮設迂回路に切り替えた後、1年足らずで跡地に本設の鋼製橋脚が立ち上がり始めた。23年度までに左手前の下り線にも橋脚を構築し、上下線が一体となった門形橋脚にする計画だ。特記以外は18年6月撮影。

  • 工事の“高成績”に違和感

     ここ数年の国土交通省による優良工事表彰や工事成績の評価結果に疑問を抱いている。かつては他の現場から見ても「すごい」と思える現場が高成績や表彰を得ていたが、最近は「この程度でこんなに評価されるのか」と違和感を持つことが多い。

  • アジャイルな組織へシフトを、国交省若手が提言

     国土交通省の若手職員による政策立案プロジェクト「政策ベンチャー」は2030年に向けた「日本を進化させる生存戦略」をまとめ、石井啓一国交相らに報告した。国交省自身に対し、臨機応変などを意味する「アジャイル」をキーワードに組織の変革を求めている。

  • 有料道路を実証実験の場に、企業・大学に無償提供

     前田建設工業などが出資する愛知道路コンセッションは8月6日、インフラ施設の運営や維持管理に役立つ先端技術の実用化に向け、同社が運営する有料道路を実証実験の場としてベンチャー企業や大学などに無償で提供する「愛知アクセラレートフィールド」の運用を開始した。

製品ガイド

一覧を見る

連載・特集

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る