閉じる

土木

ピックアップ

  • ニュース解説:土木

    橋とトンネルの補修を一括発注、交通規制減らす

     東日本高速道路会社は、東北自動車道のリニューアル工事で、一定の区間を対象に橋やトンネルなど複数の工種の補修を1つにまとめて発注する方式を採用した。同じ施工者が手掛けることで工程が調整しやすくなり、交通規制を減らせる利点がある。

  • 技術が観光を変える

    気仙沼に残った被災「美術館」が復興ツーリズムの拠点に

     1994年開館の宮城県気仙沼市、リアス・アーク美術館。早稲田大学の石山修武研究室が設計を手掛け、1995年には日本建築学会賞作品賞を受賞している。東日本大震災によって被災。そこからの復旧の過程に立ち会ってきた副館長・学芸係長、また美術家でもある山内宏泰氏に運営状況や、ツーリズムの対象となる可能性な…

  • ニュース解説:建築・住宅

    宅地耐震化に向けたガイドラインを国が初提示

     国土交通省は、全国の宅地耐震化を推進するための初のガイドラインを策定。2018年7月23日に地方公共団体に周知した。自治体による「被災時の迅速な宅地復旧」と「通常時の宅地耐震化」を実現していく狙いがある。

  • 製品ガイド:土木

    写真から幅0.1mm以上のひび検出、AIで点検時間を半減

     富士フイルムは、橋やトンネルなどのひび割れ点検業務を効率化する社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」の提供を開始した。

  • ねっとわーく 読者から

    求む!Uターン、Iターン技術者

     出身県にUターンで戻ってきて、建設コンサルタント会社で働いている。地元の同業他社では最近になって世代交代が進み、40歳代の若手経営者が増えている。一方、新卒をはじめとする入社希望者は減っており、地元企業の間で人材を取り合っている状況だ。経営の若返りを図ったとしても、人が減り続けるのでは会社の将来に…

  • 西日本豪雨の衝撃

     死者・行方不明者200人超という平成最悪の豪雨災害となった「平成30年7月豪雨」。台風7号と停滞した梅雨前線の影響で、普段は雨が少ない瀬戸内地域をはじめ西日本の広範囲で観測史上最大の降水量を記録した。住宅地に流れ込んだ大量の土砂や河川堤防が決壊した原因を探るとともに、堰堤の整備や避難計画などに盲点…

一覧を見る

おすすめ記事

  • 見えてきた外環道東京区間、深夜の目白通り上空

     東京外環自動車道の千葉区間が2018年6月、計画から半世紀を経て開通したことは記憶に新しい。外環道の工事の舞台は今後、関越道と中央道、東名高速を南北につなぐ延長約16.2kmの東京区間へ移る。関越道と外環道を結ぶ大泉JCTで行われた夜間の橋梁架設を追ってみた。

  • 規則に反してダム大量放流、浸水被害を拡大か

     西日本豪雨で緊急放流した広島県呉市の野呂川ダムで、合計8時間にわたりダムの操作規則に違反して流入量を上回る量を放流していたことが分かった。ダムを管理する広島県は8月2日に有識者検討会を設置し、ダム下流の浸水被害を拡大させた可能性や、操作の是非について検証を始めた。

  • 新名神で相次ぐ墜落、建設死者数は反転増の危機

     特に危機感を強めているのは、西日本高速道路会社だろう。2016年4月の有馬川橋の落橋事故を皮切りに、新名神の建設現場で17年までに4件もの死亡事故が発生した。

  • JRやNHK巻き込む自治体初の行動計画、寝屋川の水害対策で

     大阪府が管理する寝屋川で、府や警察、鉄道会社、放送局などでつくる流域協議会が、豪雨時に取るべき対応を時系列でまとめた行動計画「タイムライン」を作成した。都道府県管理の河川で、複数の市町村と民間事業者を含む多機関連携型のタイムラインを作成したのは全国で初めて。

  • “高速”かさ上げ 1年足らずで橋脚並ぶ

     首都高羽田線を南に向かって撮影。桟橋構造だった上り線を2017年9月に写真右奥の仮設迂回路に切り替えた後、1年足らずで跡地に本設の鋼製橋脚が立ち上がり始めた。23年度までに左手前の下り線にも橋脚を構築し、上下線が一体となった門形橋脚にする計画だ。特記以外は18年6月撮影。

  • 工事の“高成績”に違和感

     ここ数年の国土交通省による優良工事表彰や工事成績の評価結果に疑問を抱いている。かつては他の現場から見ても「すごい」と思える現場が高成績や表彰を得ていたが、最近は「この程度でこんなに評価されるのか」と違和感を持つことが多い。

  • アジャイルな組織へシフトを、国交省若手が提言

     国土交通省の若手職員による政策立案プロジェクト「政策ベンチャー」は2030年に向けた「日本を進化させる生存戦略」をまとめ、石井啓一国交相らに報告した。国交省自身に対し、臨機応変などを意味する「アジャイル」をキーワードに組織の変革を求めている。

  • 有料道路を実証実験の場に、企業・大学に無償提供

     前田建設工業などが出資する愛知道路コンセッションは8月6日、インフラ施設の運営や維持管理に役立つ先端技術の実用化に向け、同社が運営する有料道路を実証実験の場としてベンチャー企業や大学などに無償で提供する「愛知アクセラレートフィールド」の運用を開始した。

製品ガイド

一覧を見る

連載・特集

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る