閉じる

土木

新着記事

  • ニュース解説:土木

    新しい安全の概念で進化する建機

     日立建機は、新しい安全の概念である協調安全を実現する建機の研究開発に注力している。今後、特に建機の自動化・無人化が進む中、建設現場の安全を担保していく上で、人と建機の情報交換による協調安全の考え方は欠かせない。同社で、協調安全の研究開発の陣頭指揮を執るのは、研究・開発本部先行開発センタでセンタ長を…

  • ニュース解説:土木

    10年ぶり7兆円超の国交省概算要求、防災に重点

     国土交通省は2019年8月28日、公共事業関係費を19年度当初予算比で19%増の6兆2699億円とする20年度予算の概算要求を発表した。近年頻発している大規模な自然災害に備える防災・減災対策に重点を置く。

  • ニュース解説

    道路標識の台帳づくりは「走るだけ」、古河電工の新AIサービスの威力

     古河電気工業とゼンリンデータコムはクルマを走らせるだけで、AI(人工知能)が道路標識や照明といった「小規模道路付属物」の施設台帳を自動作成する新しいサービスを共同開発した。2020年3月までにサービス提供を始める計画だ。

  • 土木のあの日 過去記事週間ランキング(2018年9月2日~9月8日)

    1位は「ジェノバの橋崩落」

     日経 xTECH土木面で、過去に公開したニュースをランキング形式でご紹介します。2018年9月2日~9月1日に読まれた記事の1~10位までを、本日9月2日~9月8日にかけて無料で読めるようにしました。

  • ニュース解説:土木

    1.3tのコンクリート塊が橋から剥落、建設当時の対策が裏目?

     神戸市灘区で2019年8月24日午後3時ごろ、JR神戸線の高架橋でおよそ5.6mの高さから床版下面のコンクリートが幅約2.9m、長さ約6.5mにわたって剥落した。コンクリート片の厚さは3cm程度で、重さは約1.3tに及ぶ。高架下の駐車場に止まっていた軽乗用車に当たってフロントガラスを破壊した。けが…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る