閉じる

土木

ピックアップ

  • ドボクイズ

    Q.山肌に直立する“白い巨塔”の正体は?

     群馬県沼田市の利根川を望む山の斜面に、ビルのように立ち上がる巨大な白いコンクリート構造物があります。これは一体、何でしょうか?

  • 理不尽な発注者に物申す!

    発注者間の調整不足、他工事の仮設ヤードが現場を占拠

     全国展開している建設会社のC社は、ある政令市から受注した8億円強の道路工事で発注者から理不尽な仕打ちを受けた。

  • ねっとわーく 読者から

    技術職の本分は事務作業でない

     自治体の技術職員として道路などの改築や維持管理に携わっている。構造物の老朽化や災害の増加によって、調査や設計で高度な技術が求められるようになってきた。

  • 理不尽な発注者に物申す!

    杭打設でずれ、修正案あるのに一からやり直し

     国土交通省の工事でも、受注者が理不尽な対応をされたという例がある。ある出張所の高架橋の下部工事だ。受注者である地元建設会社は、1本のプレストレスト・コンクリート(PC)杭を誤って、数十センチメートルずらして施工してしまった。

  • ニュース解説:土木

    ライト工業30歳社員が過労自殺、「新国立」から間もなく

     地盤改良や法面工事などを中心に手掛けるライト工業の男性社員(当時30歳)が自殺したのは長時間労働が原因だとして、向島労働基準監督署が労災認定した。遺族と代理人弁護士が7月3日に会見で明らかにした。

  • 技術士一直線2019増補版

    1行・1列開けは厳禁、避けよう「用紙の不適切な使用」

     技術士第二次試験の本番がいよいよ今週末に迫る。過去の勉強を振り返り、知識を詰め込むことも重要だが、文章作成ルールの再確認にも時間を割り当てよう。

  • どれだけ知っている?建設・専門用語40

    短期間でグリーンインフラの認知度が30%超に

     日経コンストラクションが専門用語40語の意味を知っているかどうかについて読者に調査したところ、持続可能な社会に関連する用語で比較的認知されていたのが全40語中19位のグリーンインフラ(33%)だった。

  • ねっとわーく 読者から

    「魅せる」のが苦手な業界

     近年は自分のような女性職員が増えてきたが、土木業界は依然として男性社会だ。現場を訪れると、黙々と仕事に向き合う技術者や職人の姿に感銘を受ける。一方で、その格好良さや技術力の高さに、世間はもちろん、そこに携わる彼ら自身も気づいていないと思うことがある。

  • 到来!建設3Dプリンター時代

    世界最長の3Dプリンター橋が間もなく誕生

     ものづくりのプロセスを抜本的に変える可能性を秘めた3Dプリンター。製造業を中心に、樹脂や金属を使った3Dプリンティング技術の活用が進む。一方、建設業が熱い視線を送るのが、コンクリートを“印刷”する技術だ。国を挙げた技術開発を進めてきたオランダでは、世界最長のコンクリート3Dプリンター橋が誕生しよう…

  • ニュース解説:土木

    リニア工事のトンネル陥没、不安定なのに補助工法不要と判断

     岐阜県中津川市内のリニア中央新幹線中央アルプストンネルの建設工事で、非常口となるトンネルの地上部が2019年4月8日に陥没した事故は、不安定な地山なのに補助工法を採用しなかったことが一因であることが新たに分かった。

  • どれだけ知っている?建設・専門用語40

    建設キャリアアップシステム、発注者は3割しか知らず

     建設業界で最近よく使われる40の専門用語の認知度について、日経コンストラクションの読者を対象にアンケート調査した結果を5回にわたって紹介している。4回目では、人手不足などに関連する用語を中心に解説していく。なお認知度とは「意味を知っている」と回答した人の割合だ。

  • ニュース解説:土木

    43人が死亡した落橋事故の瞬間を捉えた新映像

     イタリア財務警察は現地時間の2019年7月1日、43人が死亡したポルチェベーラ高架橋(通称「モランディ橋」)の落橋事故の瞬間を捉えた新たな映像を公開した。

  • ニュース解説:土木

    橋脚のアンカーボルト穴に基準超える傾き、簡易な計測で見過ごす

     国土交通省横浜国道事務所が発注した橋脚工事で、支承を据え付けるアンカーボルトの穴が、32カ所のうち8カ所で基準を超えて傾いていた。施工者は、穴の鉛直度をデジタル水平器だけで簡易に測っていたため、ミスに気付かなかった。

  • 理不尽な発注者に物申す!

    護岸復旧工事、設計の不備を補うも増額認めず

     設計に不具合があり、現場に入ってから思ったように工事が進まないケースは珍しくない。東日本大震災で被災したある自治体の護岸復旧工事もそうだった。

  • 到来!建設3Dプリンター時代

    意匠性を追求した樹脂型枠を製造、竹中工務店の3Dプリンター活用

     竹中工務店は、セメント系構造物そのものを造形するという視点とは別の考え方で、3Dプリンターを生かそうとしている。同社が着目したのは型枠だ。研究開発の端緒は、2014年に慶応義塾大学環境情報学部の田中浩也教授と共同で開発した「ArchiFAB」になる。

  • ニュース解説:土木

    凄絶な爆破解体を動画で、43人死亡のイタリア落橋事故

     イタリア最大の港湾都市ジェノバ近郊で現地時間の2019年6月28日、18年8月14日に落橋したポルチェベーラ高架橋(通称「モランディ橋」)の爆破解体が行われた。ポルチェベーラ高架橋の落橋事故では43人が亡くなった。事故の原因については結論が出ていない。

  • ニュース解説:土木

    橋梁の修繕計画を随時見直し、オリコンが新システム

     オリエンタルコンサルタンツは、自治体が橋梁の長寿命化修繕計画を点検結果や予算の配分などに応じて随時変更できるようにするシステムを開発した。計画と実際の進捗との間にずれが生じた場合に、直ちに計画を修正できる。

  • ドボクイズ

    Q.滋賀・草津川の“廃川”跡地をどう活用した?

     滋賀県草津市の市街地を抜けて琵琶湖へと注ぐ草津川は、河床が周辺の土地よりも5mほど高い位置にある典型的な天井川でした。幅の広い新しい河道が完成したことで、旧河道は2002年に“廃川”となりました。市は旧河道の一部を県から買い取り、市民のために利用することにしました。どのような用途に再生させたでしょ…

  • ニュース i-Construction

    ドローンが位置情報を“自覚”して測量を3割時短

     大林組はドローン(小型無人機)を使った写真測量で、撮影と位置情報の記録をほぼ同時に実施することで、既知座標点(GCP)を設けなくても十分な計測精度を確保する手法を開発した。測量に要する時間を3割短縮できる。新東名高速道路の建設現場で実施した実証実験で、国土交通省が定めた±50mmの精度の基準を満た…

一覧を見る

おすすめ記事

  • Q.高さ80mもある橋脚、なぜこんなに細い?

     神戸市北区にある新名神高速道路の武庫川橋。橋脚の高さは80mあり、およそ22、23階建ての高層マンションに匹敵します。一方で、橋脚は円筒断面で直径5mほどしかありません。どうしてこんなに細く造る必要があったのでしょうか。

  • 節度なき工事一時中止、一方的な中断に我慢の限界

     ここ数年で、発注者からの工事一時中止の指示が増えている──。高速道路会社の工事を多く手掛ける建設会社から、このような意見が寄せられた。

  • 新潟県村上市で震度6強、「ひずみ集中帯」で発生した山形県沖地震

     2019年6月18日午後10時22分ごろに山形県沖で発生した地震は新潟県村上市で最大震度6強、山形県鶴岡市で同6弱を観測した。マグニチュード(M)は暫定値で6.7。震源は山形県酒田市南西50km付近の山形県沖で、震源の深さは14kmとなる。総務省消防庁によると19日午前9時45分までに死者は確認さ…

  • タイヤを擦り付けて止まれるバス停縁石、ブリヂストンが実用化

     ブリヂストンは、横浜国立大学大学院の中村文彦教授と日本交通計画協会、コンクリート2次製品メーカーのアドヴァンス(新潟市)と共同で、「バス停バリアレス縁石」を開発し、岡山市後楽園前のバス停1カ所に採用した。停留所に近づいたバスは、タイヤを縁石に接触させながら停車する。

  • [スクープ]繊維大手のクラボウ、建設用3Dプリンター技術の事業化へ

     繊維大手のクラボウが、建設産業向けのコンクリート3Dプリンティングの事業化を検討している。2019年度内にも専用の機材を国内の工場に導入する方針で、意匠性の高い建物の外装材や景観材料など付加価値の高いコンクリート製品の領域で市場展開を狙う。

  • 根拠なきルール、追加費用に落札率を乗じる不可解

     予定価格に対する落札金額(請負代金)の割合である「落札率」。発注者は、契約変更で官積算による変更工事価格に、当初契約時の落札率を乗じて変更金額を算出している。受注者も長らく、それを当たり前の行為として受け入れてきた。

  • 1000ミリ超の大雨で九州南部に被害続出

     九州南部に大きな被害をもたらした大雨。2019年6月28日の降り始めから7月4日午後5時までに降水量が1000ミリを超える地域もあった。土砂崩れや法面崩落などで鹿児島県や宮崎県を中心に人的、物的な被害が拡大した。

製品ガイド

一覧を見る

連載・特集

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る