閉じる

土木

ピックアップ

  • ニュース解説:土木

    世界初の大発見、微生物が複数の地下水汚染物質を同時分解

     大成建設は、地下水の環境基準で定める複数の汚染物質を同時に分解する世界初の微生物「N23株」を発見した。近年規制が強化されている1、4-ジオキサンやクロロエチレンで汚染された地下水を、国が定める環境基準値以下に低コストで浄化する。

  • ニュース解説:土木

    「のろのろ台風」で被害拡大、温暖化で1割減速も

     2019年秋に相次いで来襲した台風15号と19号の移動速度が過去30年間の平均よりも40%前後遅かったことが分かった。いずれの台風も移動が遅かったため、暴風雨が長時間にわたって続き、各地に甚大な被害をもたらしたとみられる。

  • 記者の眼

    台風19号が突き付けた流域の課題、河川と都市計画の連携不可欠

     日本学術会議と、57学会が参加する防災学術連携体とが主催するシンポジウム「令和元年台風第19号に関する緊急報告会」が2019年12月24日、東京都内で開催された。学会間の情報交流を深め、今後の対策を総合的に検討するのが狙い。特に印象に残ったのが、流域の被害を分析した土木学会の報告だ。

  • 2020年の土木界

    コンセッション、空港や水道をまとめて民間運営に

     インフラの所有権を国や自治体に残したまま、運営権を民間に売却するコンセッション。2020年は新千歳空港をはじめとする北海道内7空港で民間による運営が始まる。

  • ニュース解説:土木

    前田建設による前田道路へのTOBが“親から子”への敵対的買収の様相に

     前田建設が持ち分法適用会社である前田道路に対して、子会社化を目的としたTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。前田道路はこのTOBに反発。前田建設との資本関係を解消する意思を示す。“親から子”へのTOBは、敵対的な内容に発展する様相を呈している。

  • ニュース解説:土木

    指名入札復活か、国が維持工事で禁じ手?

     国土交通省は2020年度から実施する直轄の維持工事で、「談合の温床」などとの批判を受けて封印してきた指名競争入札の復活を検討している。入札参加者の減少が続いている問題を受けた苦肉の策だ。

  • 2020年の土木界

    インフラメンテナンス、長寿命化計画づくりの総仕上げ

     2020年度は、自治体によるインフラ長寿命化の個別施設計画の作成期限だ。13年に始まったインフラ長寿命化計画づくりの総仕上げに当たる。

  • ねっとわーく 読者から

    「ドボジョ」の生の声を聞いてみたい

     土木の現場で働く女性「ドボジョ」が、ウェブサイトや雑誌など様々なメディアで取り上げられているのを見る機会が多くなった。しかし女性の私自身、残念ながら現場で活躍する女性に出会ったことがない。

  • ニュース解説:土木

    下水管の敷設工事で出水、市道が10m四方にわたり陥没

     秋田市土崎港相染町にある市道の交差点で、下水管敷設工事中に地下水が管内に浸入し、路面がおよそ10m四方にわたって陥没した。

  • 2020年の土木界

    i-Construction、重点はICT施工からデータ活用へ

     2025年までに建設現場の生産性を2割向上させる政策「i-Construction(アイ・コンストラクション)」。ICT(情報通信技術)の全面的な活用、全体最適の導入、施工時期の平準化の3本柱を取り組みの中心に据える。

  • ニュース解説:土木

    「優良」設計の水路に初歩的ミス、杭基礎が強度不足

     国土交通省北海道開発局が優良業務として表彰した水路の設計で、杭基礎の強度不足が判明した。水路は2017年に完成しており、会計検査院による検査で設計ミスを指摘された。北海道開発局は設計者を1カ月の指名停止とした。

  • ニュース解説:土木

    正規の技術職員増やして被災地に派遣、人件費は交付税で

     災害の多発で復旧・復興を担う自治体の技術職員が不足していることを受け、総務省は被災地に中長期にわたって派遣できる都道府県の正規職員を拡充する。人件費は、国が地方交付税を充てて賄う。対象とする技術職員は、土木・建築・農業土木・林業技師だ。2020年度から新たな制度の運用を目指す。

  • ニュース解説:土木

    中小河川の水害リスクを簡易評価する手引書の作成へ、国交省

     国土交通省は、法律で浸水想定区域を指定しなくてもよい中小河川の水害リスクを評価する手引書の作成を進めている。課題は自治体が負うコストの低減だ。専門家を招集した技術検討会を組織し、簡易な評価手法をまとめた手引書を6月までに作成する。

  • ドボクイズ

    Q.頑丈な水密扉で仕切られたここはどこ?

     丸いハンドルが付いた鋼製の水密扉の奥に、ヘルメットをかぶった人々が集まっています。ここは一体、どこでしょうか。

  • 2020年の土木界

    逆線引き、土砂災害の恐れある開発に歯止め

     2018年、19年は豪雨などによる土砂災害や水災害が多発。住宅の浸水や倒壊で多くの被災者を出した。災害対策は住宅の立地など都市計画との連携が必要と見なす考えが広まり、国や自治体で施策に反映させる動きが始まっている。

  • ねっとわーく 読者から

    人材の掘り起こし、国内にも目を向けて

     国を挙げて外国人労働者の受け入れを増やそうとしている。しかし、本当に必要なのだろうか。人手不足は確かに深刻だが、根本的な原因は土木業界のイメージの悪さにある。

  • ニュース解説:土木

    浮体式洋上風力の建設費削減へ、基準改定で転覆対策緩和

     国土交通省は、浮体式洋上風力発電の建設費を削減するため、技術基準を改定する。浮体施設に穴が開いても転覆しないようにする浸水対策の要件を緩和し、構造を簡素化できるようにする。

  • 防げなかった崩壊

    水位差2.6mで砂地盤が浸透破壊か

     ボートレース場の競技水面と瀬戸内海とを仕切る築60年ほどの護岸が突如、沈下した。護岸の外側と内側との水位差で地盤が浸透破壊した可能性が高い。護岸から5mほど離れた海側では、現地の捨て石を掘削、撤去する工事が進んでいた。

  • 2020年の土木界

    気候変動対応、降雨量増加で水害対策見直し

     2018年の西日本豪雨、19年の台風19号など近年相次いだ大規模な水害を受け、20年は治水計画のあり方を大きく見直す1年となりそうだ。国土交通省は、地球温暖化によって今後も増え続けるとみられる豪雨リスクへの対策を進める。

一覧を見る

おすすめ記事

  • 1位は「500万円台のレーザードローン」

     日経 xTECH土木面で、過去に公開したニュースをランキング形式でご紹介します。2019年1月20日~1月26日に読まれた記事の1~10位までを、本日1月20日~1月26日にかけて無料で読めるようにしました。

  • 国土強靭化、自治体で地域計画の作成が進む

     政府が2018年12月に国土強靱(きょうじん)化基本計画を改定し、3年間で7兆円に上る事業規模の緊急対策を決定してから、丸1年が過ぎた。同対策は18年度の補正予算から始まったので、20年度は最終年度になる。

  • 10年後の建設業界のプレーヤーは? 変わる勢力図

     10年後、建設業界の勢力図はどうなっているだろうか――。最近、こう自問することが増えたように思う。従来の建設業種の枠組みでは説明できないプレイヤーが、今後の成長の鍵を握るようになってきたからだ。

  • 「五輪前」断念の横浜ロープウエー、本格着工へ

     想定外の地下埋設物の影響で着工が遅れていた横浜市臨海部のロープウエー整備計画が、再び動き出す。海上に設ける支柱の建設工事を2月初旬から本格的に始める。2020年の東京五輪前を目指していた開業は、21年3月へと半年以上遅れる見通しだ。

  • 「見知らぬ」接続管で腐食が進む

     堺市が約14億円の損害賠償を求めて大阪府を訴えた。下水道管の腐食による陥没事故が起こった責任を巡って自治体同士が法廷で争う。市が管理する下水道管に、府が管理する下水処理場の配管が「知らない間に」つながっていたという。

  • 外国人技能者、待遇改善が急務

     人手不足の打開策として国土交通省などが受け入れを進める「特定技能外国人」。2020年度はこの制度を使って来日する外国人技能者が増えそうだ。

  • 「水害は人災」と真備地区住民らが国や岡山県などに賠償請求へ

     岡山県倉敷市真備地区だけで51人が命を落とした2018年7月の西日本豪雨。同地区や総社市下原地区の住民らが、国や岡山県などを相手取って、水害被害の損害賠償を求める訴訟の準備を進めている。

  • 建設キャリアアップシステム、登録数伸び悩みてこ入れ策

     国土交通省などの支援を受け、建設業振興基金が2019年4月に本格運用を開始した建設キャリアアップシステム(CCUS)。20年3月末までの建設技能者の目標登録数は100万人だ。しかし、19年11月末時点の登録数は約15万人にとどまっている。目標の達成は極めて難しい。

製品ガイド

一覧を見る

連載・特集

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る