閉じる

建築・住宅

新着記事

  • ニュース解説:建築・住宅

    台風15号で露見した仕様別の弱点

     2019年9月9日に千葉県に上陸した台風15号によって、金物で接合した小屋組みの飛散や、これまで顕在化していなかった風圧によるガラスの割れが発生していることが分かった。屋根ふき材はくぎ留めしていないなど昔の仕様で施工した瓦の飛散がほとんどだが、基準風速を超える風で飛散したと思われる築浅の瓦や化粧ス…

  • NEWS 時事・プロジェクト

    神戸・三宮駅前に「バスタ」

     神戸市の三宮駅前に西日本最大級のバスターミナルを整備し、周辺に点在する中・長距離バスの乗降場を集約する計画が進んでいる。道路上空の民間利用などを可能にする「立体道路制度」を使い、再開発ビルの下層部にターミナルを設ける。さらに、6つの鉄道駅や周辺施設との間で人の行き来をスムーズにするため、国道の上空…

  • NEWS 時事・プロジェクト

    伸び悩む技能者DB、民間システムと連携

     建設技能者のデータベース「建設キャリアアップシステム(CCUS)」と、大手を含む200社以上の元請け会社が利用する建設現場の労務管理サービス「グリーンサイト」との間のデータ連携が始まった。日々の入退場記録などグリーンサイトに登録する情報をCCUSに送れる。

  • NEWS 技術

    杭の施工情報をリアルタイムで“見る”

     建設機械を開発・製造する技研製作所とグループ企業のシーアイテック(東京都江東区)は、リアルタイムで杭の圧入状況を自動計測して、施工品質を管理するシステム「インプラント NAVI(ナビ)」を共同で開発した。

  • 突破するベテラン 異分野の知見を生かす

    ソフトバンクと提携し都市を「最適化」

    杉本 伸之氏(47歳) パシフィックコンサルタンツ都市マネジメント室長

     交通インフラの整備や管理に当たる関係者の間で、インフラ利用者の行動履歴を統計的に処理したビッグデータ、いわゆる「人流データ」の有用性が広く認識されるようになってきた。渋滞や混雑の発生状況が分かれば施設の改修や新設の需要が大きい箇所を特定できる他、人口の減少が進む地域では存続させるインフラを取捨選択…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築・住宅

もっと見る