閉じる

建築・住宅

新着記事

  • 建築単価ウオッチ

    コストが2カ月連続で横ばい、戸建て住宅

    コスト&プライス2019年5月期

     2019年5月期の木造戸建て住宅は、コストの動向を示す指数が、前月比で横ばいだった。2カ月連続となる。日経 xTECH(クロステック)有料会員限定のコラム「建築単価ウオッチ」で詳しく解説する。このコラムは、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のプライスとコストに関する最新情報を、毎週(月…

  • ニュース解説:建築・住宅

    建設作業者の“首を絞める” 「空調服」と「墜落制止用器具」のまずい併用

     建設現場の暑さ対策で利用者が増えてきた電動ファン付きの空調服。しかし、フルハーネス型の墜落制止用器具と併用する場合、組み合わせによって墜落時に着用者の首を絞める危険性がある。3Mとミズノは墜落制止用器具と空調服の併用における安全性を確認する実験を行った。

  • 編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ

    当事者は聞きたくない? でもあえて「若手論」

     日経アーキテクチュア2019年7月11日号の特集は、「ポスト平成の旗手たち(前編) 」。ロストジェネレーションを中心に、最近の活躍が目覚ましい9人をピックアップして紹介しました。

  • ニュース クローズアップ 現地報告

    山形県沖地震

    屋根瓦の落下が多発、震度と被害のズレの指摘も

     6月18日午後10時22分ごろ、山形県沖を震源とする地震が発生し、最大震度6強の揺れが日本海沿岸部を襲った。震源に近い住宅地では屋根瓦の落下が多発したが、建物被害は限定的だった。専門家は「震度と被害のズレ」を指摘する。

  • ニュース クローズアップ

    型式認定違反生んだ集団誤信

    大和ハウス工業の不適切物件は3975棟に倍増

     不適切な柱や基礎を使用した建物が3975棟に増えた大和ハウス工業。外部調査委員会の最終報告書では、事業所と本社のコミュニケーション不足により制度の内容を周知徹底する仕組みがつくれなかったと指摘した。

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る