閉じる

建築・住宅

ピックアップ

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    1日の工事進捗状況を30秒の早送り映像に、トライポッドワークス

     ITソリューションを開発・販売するトライポッドワークスは、 東京ビッグサイトで10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に遠隔モニタリングと映像解析のできるサーバー「ViewCamStation」を出展している。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    ICT化を進める建設会社の保険料を5%割引、AIG損保

     AIG損害保険は、10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展。同社のブースでアピールしているのは、建設現場のICT(情報通信技術)化を進める建設会社に対する割引制度だ。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    プライバシーに配慮しながら来客の動線データを収集

     スプリームシステム(東京都豊島区)は「日経 xTECH EXPO 2018」(10月17~19日、東京ビッグサイト)に、店舗内における来客の動線を記録・分析するマーケティングツール「moptar(モプター)」を展示している。moptarはレーザーセンサーを使用して「店舗の来客数」「客が長時間滞留す…

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    建築の「インダストリー4.0」は始まっている、日建設計・山梨氏が語る

     日建設計で設計部門副統括を務める山梨知彦常務執行役員は、10月17日に開幕した「日経 xTECH EXPO 2018」で「ICTが建築の設計を変える」と題する特別講演を行った。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    「デジタル野帳」で現場の時短を推進

     長時間労働は建設業界が改善すべき課題の1つだが、工事現場の運営に伴う多くの書類作成業務がその一因にある。10月17日から開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展しているMetaMoJiは、同社のブースで野帳をデジタル化したタブレット端末用アプリ「eYACHO」を紹介。同アプリを活用し…

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    コンクリート柱が目を引く、パナソニックの企業向けPCブース

     パナソニックは、2018年10月17日~19日に東京ビッグサイトで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」で、モバイルPC「レッツノート」と業務用タブレット「タフパッド」の活用事例を展示している。法人・業務用途に強みがある同社製品の活用イメージを示す狙いがある。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    紙と電子データの納品物をワンストップで支援、深夜入稿で翌朝納品も

     中京コピーは、10月17日から19日まで東京ビッグサイトで開催中の「日経xTECH EXPO 2018」にブースを出展。データ編集や出力から最終加工までの作業をワンストップで請け負う電子納品支援サービスを紹介している。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    元現場監督が開発した使い勝手重視の支援システム

     インターネットサービスを手がけるコンコアーズは、東京ビッグサイトで開催中(10月17日~19日)の「日経 xTECH EXPO 2018」に建築・土木の生産支援クラウドサービス「Photoruction(フォトラクション)」を出展している。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    建設事故を仮想現実で擬似体験

     西武建設が岩崎(札幌市)と共同開発した仮想現実(VR)を活用した体験型の安全教育システム「リアルハット」。実機を使った体験ができる。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    建物の問題個所にARでピン立て、現場の検査報告支援アプリ

     画像処理ソフトウエアの開発などを手掛けるエム・ソフトは、建物などの検査報告に向けARを活用したサービス「Pinspect」を「日経 xTECH EXPO 2018」(2018年10月17~19日、東京ビッグサイト)で展示している。壁面のヒビなど問題がある個所などに関して、iPadやiPhoneのカ…

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    10の技術展が一堂に、日経 xTECH EXPO 2018が初開幕

     日経BP社は2018年10月17日、東京ビッグサイト(東1~3ホール)で企業向け技術ソリューションの総合展示会「日経 xTECH EXPO 2018」を開幕した。今回が初めての開催となり、10月19日まで3日間の日程で行う。

  • アラップ・トータルデザインの舞台ウラ

    ヘルツォークが設計した香港の異空間、築170年の旧警察署を再生

    香港で5月末、ヘルツォーク&ド・ムーロン(H&deM)が設計を手掛けたヘリテージ&アートセンターがオープンした。既存の16棟と新築の2棟の建築群から成り、その中核は英国領時代の1841年につくられた旧中央警察署、旧中央行政長官事務所、旧ビクトリア刑務所である。まだ香港が今のよ…

  • もうやめませんか、無償の補修

    養生の徹底で住宅の補修費用を5000円に

     施工中に入った傷を建て主に引き渡す前に補修会社に直してもらう住宅会社が増えている。ただ、本質的な対策は補修ではなく、そもそも傷を付けないことにある。

  • 木材活用 最前線

    一般流通材を使った準耐火テナントビル

     日経BP総研 社会インフララボは、林野庁の2018年度補助事業において「CLTを含む中大規模木造建築物の設計・施工者育成推進のための提案」検討委員会を組織している。18年9月19日、東京・二子玉川の「柳小路南角」の建設現場で実例見学会と検討委員会を行った。1、2階が飲食店、3階が事務所の地上3階建…

  • ズームアップ

    「関越トンネル」の裏側を徹底探索!

     群馬県と新潟県の県境を貫く関越トンネルで「インフラモニターツアー」があると聞き、参加してみた。普段は入ることができない避難坑を通って、谷川の湧き水を試飲するほか、電気室や地下換気所などを見学し、最後に高さ180mの換気塔を階段で“登頂”する。

  • ねっとわーく 読者から

    設計業務の手離れが悪くなった

     建設コンサルタントとして河川工事の設計に携わっている。ここ数年感じるのが、手離れの悪さだ。

  • 土木現場の失敗学

    阪神高速の土留めが崩壊、地盤の弱点見抜けず

     阪神高速道路淀川左岸線の開削トンネルの工事現場で2011年9月、土留めの崩壊事故が発生した。SMW(ソイルセメント柱列壁)の土留めを構築し、掘削の底面まで掘り終えたところだった。

  • パリ近現代建築総まくり!必見30選

    丹下、黒川、伊東─パリで存在感を示す日本の巨匠たち

     日本とフランスの建築界は深い関係にある。2018年は日仏友好160周年。それを機に、パリで日本人建築家が手掛けたプロジェクトや、パリで見るべき最新建築、今こそ改めて参考にしたい近代建築を30件リポートする。

  • 裁かれる建築

    震度5強で崩落したホール天井、復旧費20億円請求も設計・施工者に「過失なし」

     震度5強で吊り天井が崩落したのは、設計者・施工者の責任か。ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市)の事故を巡る裁判で、横浜地裁は2018年5月31日、所有者である川崎市の請求を棄却する判決を下した。市は控訴した。

一覧を見る

おすすめ記事

製品ガイド

一覧を見る

特集

連載・特設

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る