閉じる

建築・住宅

ピックアップ

  • 2018年大阪府北部地震

    0.5秒以下の短周期成分が卓越

     大阪府北部で6月18日午前7時58分に発生した最大震度6弱の地震動の観測データを、防災科学技術研究所(防災科研)が公開した。K-NET高槻の揺れが最も大きく、最大加速度は806ガル(3成分合成値)を記録した。速度・加速度応答スペクトルを見ると、0.5秒以下の短周期成分が卓越している。

  • 2018年大阪府北部地震

    水道管破裂で大量漏水も短時間で復旧、断水は続く

     6月18日朝に大阪府北部で起こった地震で震度6弱を記録した大阪府高槻市内では、水道管が破損して陥没した道路から水があふれ出し、辺り一面が浸水する被害があった。同日午後6時の時点で復旧工事に着手しており、陥没した穴の埋め戻しは完了している。

  • 2018年大阪府北部地震

    新幹線の橋脚が一部損傷、変位制限装置付近のコンクリート落下

     6月18日朝に発生した大阪府北部を震源とする地震で、山陽新幹線の橋脚に損傷が見つかった。橋脚の天端に設けていた橋軸直角方向の変位制限装置に橋桁がぶつかり、衝撃で同装置を橋脚に固定するアンカーまわりのコンクリートが破損、落下したもようだ。

  • 2018年大阪府北部地震

    大阪北部で震度6弱、長周期地震動階級2を観測

     6月18日午前7時58分、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生した。鉄道や高速道路は軒並み運休・通行止めが続いており、被害状況の確認が進んでいる。大阪府北部と兵庫県南東部、奈良県では、長周期地震動階級2を観測した。気象庁は今後1週間程度の間に大きな余震が起こる可能性があるとして、注意を呼…

  • 2018年大阪府北部地震

    地震の影響でパナソニックの2工場が停止

    2018年6月18日、午前7時58分ごろ、マグニチュード6.1の地震が関西地方を襲った。大阪府の北部では震度6弱の揺れを記録した。

  • 2018年大阪府北部地震

    三菱電機、尼崎の工場一部に軽微な被害

     2018年6月18日午前7時58分に発生した大阪府北部を震源とする地震で、震度5弱を記録した兵庫県尼崎市などでも被害があったようだ。

  • 動画でチェック!雨漏りを防げ

    施工知らずの屋根設計案(クイズ編)

     見てすぐ分かるDVD講座「実践 雨漏りを防ぐ 軒ゼロ全盛時代を生き抜くノウハウ」の発行記念として、同DVDに収録したコンテンツの一部を特別に紹介する。今回は前回に引き続いて防水施工が困難な屋根形状をクイズ形式で示す。

  • 動画でチェック!雨漏りを防げ

    施工知らずの屋根設計案(解答編)

     見てすぐ分かるDVD講座「実践 雨漏りを防ぐ 軒ゼロ全盛時代を生き抜くノウハウ」の発行記念として、同DVDに収録したコンテンツの一部を特別に紹介する。防水施工が困難な屋根形状を扱った前回のクイズ編の解答を動画で示す。

  • 目利きが薦める名著・近刊

    新型ホテルに共通する「今」の空気感─今月のテーマ「滞在」3冊目

     インバウンドを筆頭に、観光産業が注目される昨今。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、今月は「滞在」をキーワードに書籍4冊を紹介します。3冊目は「商店建築2018年6月号 ホテル大特集」。開業ラッシュのホテルから、時代の流れを読み解いていきます。

  • 製品ガイド:建築・住宅

    施工しやすい調湿気密システム

     マグ・イゾベールは、調湿気密性能を発揮し、簡単で確実な施工ができる「イゾベール・バリオ」を、2018年3月16日に発売した。

  • ニュース解説:土木

    農政局入札不正で談合認定できず、フジタにだけ排除措置命令

     農林水産省東北農政局が仙台市内で発注した東日本大震災の農地復旧工事を巡り、公正取引委員会は6月14日、同局OBを通じて入札情報を不正に入手して工事を受注したフジタに対し、独占禁止法違反(取引妨害)を認定、再発防止に向けた排除措置命令を出した。

  • ねっとわーく 読者から

    外国人にも魅力ある労働環境に

     個人的に興味があり、外国人労働者の問題について研究していたことがある。そんな私が危機感を抱いているのが、日本人の多くがいまだに「日本は賃金水準が高い豊かな国だ」と思い込み、在留資格さえ与えれば外国人がいくらでも働きに来てくれると思っていることだ。建設業の関係者にも、そう思っている人が少なからずいる…

  • 製品ガイド:土木

    着慣れた作業服に後付けして半日送風

     TJMデザインは、熱中症対策としてどんな作業服にもベルトで後付け装着できる服内送風ファン「風雅ボディ2」を発売した。

  • ニュース

    リケジョ育てる女子高と創造力磨く幼稚園、坂村健氏や森本千絵氏ら3氏が参加

     横浜市にある学校法人 高木学園は2018年6月16日、2019年4月に理数系の女子高生を育てる学部を新設するとともに、幼少期から子供の創造力を養う附属幼稚園の新園舎を公開した。森本千絵氏と隈研吾氏、坂村健氏らが関わった。

  • パナソニック 101年目の挑戦

    社員の居場所を検知して働き方改革、パナが手掛ける支援サービスの手応え

     パナソニックは企業の働き方改革を支援している。フリーアドレスの企業が社員の居場所を簡単に調べられる「社員位置情報システム」の提供が一例だ。2018年1月に本社移転した三菱地所が、新オフィスで社員位置情報システムを採用した。

  • ズームアップ

    リベンジ成功、反省生かして巨大橋桁を再架設

     重さ1300tある橋桁を多軸台車に載せて一括架設しようとしたものの、道路脇の1本の支柱に阻まれて引き返す“トラブル”があったのは2018年5月中旬のこと。施工者は6月2日夜から翌3日にかけて、再び一括架設に挑んだ。2度目の失敗は許されない。支柱の移設はもちろん、1回目の反省を踏まえて橋桁をリフトア…

  • 私の駆け出し時代

    学生時代の論文が生涯の設計思想を決めた─山本理顕氏

     共有部分を大きくして住宅を地域の一部として捉える「地域社会圏」や、社会に開かれた住宅を目指して「脱住宅」を提唱するなど、住宅やコミュニティーに関する持論を積極的に展開する山本理顕氏。その持論の萌芽は、大学院の論文や調査のなかにすでにあった。その視点が生まれたきっかけを聞いた。(全3回のうちの第1回…

  • ブラックなんて言わせない!本気の建築界仕事革命

    「旧態依然はIT業界にも責任」、建設現場のここを攻めろ

     建設業界に新ビジネスの芽を見いだすベンチャー企業が増えている。ITを武器に建設業界に参入したベンチャー企業4社のトップによる座談会の後編。縮小が危惧されるこの業界の伸びしろについて語り合ってもらった。

  • 家ブロガーのホンネ

    3分の1は住宅会社に内緒でブログ開設

     家ブログを始めた理由として最も多いのは「家ができる過程を記録したかったから」。そんな素朴取り組みだが、住宅会社には内緒にしている建て主は3割程度存在する。

  • ニュース解説:建築・住宅

    “プラモデル”木造軸組み、大工仕事は工場で

     木材のプレカットから、パネル化、サッシや断熱材の取り付け、防水紙の施工まで一括して工場で製造。さらに、現場にパネルを運搬してクレーンで吊り上げて組み立てる。中間検査が受けられる状態にするまであっと言う間だ。そんな一連の作業を一括で担う受託製造サービスを、ウッドステーションが6月1日から本格的に開始…

一覧を見る

おすすめ記事

  • 建築士試験を見直せ、設計3団体が共同提案

    日本建築士会連合会、日本建築士事務所協会連合会、日本建築家協会(JIA)の建築設計3団体が6月5日、自民党建築設計議員連盟に「建築士資格制度の改善に関する共同提案」を提出した。実務経験要件などを見直して間口を広げる考えで、早期の改正を目指す。

  • 羽田空港跡地で鹿島などが12万m2超の複合施設開発

     2020年に向けて羽田空港周辺エリアの整備が加速する。鹿島など9社が出資する特別目的会社が、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業の第1期分に着手。約5.9ヘクタールの敷地に研究開発施設や日本文化体験施設などを備えた複合施設を整備する。

  • 室内機洗浄があだとなり火災に

     エアコンの機能低下を防ぐために実施する室内機内の洗浄が、火災リスクを招く――。そうした皮肉な出来事も散見されている。トラブルを防ぐための対策を講じている製品でも火災リスクは残るので、注意が必要だ。

  • 「同業者との飲み会禁止」、大林組の談合撲滅策の本気度

     リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件を受けて、大林組がまとめた再発防止策が建設業界で波紋を広げている。日経アーキテクチュアは、東京地検特捜部に起訴された大林組と清水建設、鹿島、大成建設の大手建設会社4社に対し、今後のコンプライアンス(法令順守)対策について聞いた。

  • 楽しい家ブログが“戦場”に、暗転の理由

     楽しい思い出づくりのためのブログが、もめ事を記す“戦場”に豹変する。背景には、住宅会社と建て主の間のコミュニケーション不足が垣間見える。

  • 図面と異なる施工、レオパレスが集合住宅915棟を調査

    レオパレス21は、1990年代半ばに販売した集合住宅「ゴールドネイル」などで、建築確認を受けた図面と実際の施工内容が異なっていたと発表した。確認申請図書に記載があった小屋裏界壁が施工されていない建物は、現在までに168棟で確認されている。同社は現存する915棟に関して全数を調査。界壁がない建物につい…

  • 確認取り消しマンションで地裁判決、「都の判断に誤りなし」

     東京都文京区で完成間近だった分譲マンションの、建築確認の取り消しを巡る訴訟の判決が、東京地方裁判所で5月24日に下された。東京地裁は建築確認を取り消した都の判断に「誤りなし」と認め、処分の取り消しを求めていたNIPPOと神鋼不動産の請求を棄却した。

  • レオパレスのアパートに建基法違反の疑い、3万7853棟を全棟調査

    レオパレス21は5月29日、国土交通省で会見を開き、1996年から2009年に同社が施工した物件の一部で、建築基準法に違反する疑いがある物件が発見されたと発表した。同社は全国3万7853棟のアパートについて、19年6月までに全棟を調査。施工に不備があった物件について同年10月までに順次補修する。

製品ガイド

一覧を見る

特集

連載・特設

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る