閉じる

お知らせ

建築・住宅

ピックアップ

  • ニュース解説:建築・住宅

    床には2万ボルトの高圧電線、難工事だった不正免震ダンパー交換

     重さ1.3トンの免震ダンパーを台車に載せ、免震層から人力で引き出した。免震ダンパーの検査データ改ざん問題で、異例の再調整作業を余儀なくされた施設でのダンパー取り出し作業の様子だ。この施設は鳥取県立中央病院(鳥取市)の新棟。施設側が日経クロステックの取材に応じ、こうした交換作業の模様が明らかになった…

  • ニュース解説:建築・住宅

    コンクリ表面の「植毛」でタイル剥落抑止、浅沼組など9社が開発

     コンクリート表面に化学繊維を植え付け、タイル張り仕上げの剥落を防止する技術を、建設会社9社が共同で開発した。タイルを接着するモルタルと躯体(くたい)との境界面で剥離しても、躯体に植えた繊維がモルタル層を保持する。

  • ニュース解説:建築・住宅

    「第三者機関による実大検査導入を」、和田章氏が免震偽装の再発防止で提案

     「今回のオイルダンパーの検査データの改ざんは非常に巧妙に行われ、誰にも見抜けず、本当に困ったことだ。 耐震性の確認、ダンパーの入れ替えは設計事務所と建設会社が行うが、費用はおかしなことをした会社が出すから、それでよいという話ではない」と語るのは、日本免震構造協会会長の和田章・東京工業大学名誉教授。…

  • ニュース解説:土木

    戸田建設の地場大手買収の舞台裏、水面下で進む業界再編

     戸田建設は12月14日付で、福島県の地場大手建設会社、佐藤工業(福島市)の株式を取得し、子会社化する。大手や準大手などの中央の建設会社が地方の有力企業を子会社化する例は、これまでさほど顕在化していなかった。しかし水面下では、M&A(合併・買収)の動きが進んでいる。

  • みら☆どぼ

    津波の被害を最短15分で予測、世界最速の全自動シミュレーション

     東日本大震災での教訓を生かし、いち早く災害対応の体制を構築するために、東北大学災害科学国際研究所の越村俊一教授が中心となって研究開発した世界初のシステムがある。地震発生から15~30分で津波による浸水範囲や建物の被害を予測する「リアルタイム津波浸水・被害推定システム」だ。

  • ニュース解説:土木

    設計者が着工後の現場で詳細調査、修繕に新方式

     国土交通省は、橋梁などの修繕工事に、設計者が施工段階で関与する新たな契約方式を導入する方針を示した。施工者が設計段階から関与する方式や、設計と施工を分けた従来方式を加えた3方式の中から、竣工図の有無や施工の難易度に応じて使い分ける考えだ。

  • 注目コンペ・プロポーザル

    岡山駅前広場プロポ、後楽園に見立てた弥田俊男事務所に

     岡山市は、岡山駅前広場のデザインを検討するプロポーザルの最適提案者に弥田俊男設計建築事務所(東京都渋谷区)を選定した。岡山らしさを感じさせる明確なコンセプトや、大規模な構造物に頼らない実現性の高さが評価された。

  • 転職者のホンネ

    炎上プロジェクトやパワハラで3度の転職、40代後半で見えてきたこと

     転職は、人生における大きな決断の一つである。人はどんなときに、会社を辞める決心をするのか。そして、次の職場をどのように探しているのか。今回は、大手メーカーのIT部門を振り出しに、3回の転職を経験している加野洋一郎さん(仮名)に迫る。

  • 製品ガイド:建築・住宅

    小さな部屋にも置きやすい空間除菌脱臭機

     パナソニックは、寝室や子ども室などの個室に置きやすい、コンパクトサイズの空間除菌脱臭機「ジアイーノ」F-MV1000を2018年9月20日に発売した。

  • ニュース解説:建築・住宅

    妹島和世氏設計のうねる床スラブ、大阪芸大キャンパスで実現

     大阪府河南町東山の大阪芸術大学キャンパス内に、妹島和世建築設計事務所が設計したアートサイエンス学科新教室が竣工し、11月27日に竣工式典と報道向けの内覧会が開催された。設計者の妹島和世氏が自ら施設内を案内した。

  • バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング

    注目の話題は「アルミフレキ管は違法?」など

     12月10日~12月16日のアクセスランキング1位は、2017年が「台所の換気でアルミフレキ管は違法?」、2016年が「コンテナを水に浮かべた学生住宅へ」、2015年が「新国立の新整備計画、候補2案を公表」でした。2018年12月13日~12月19日にかけて、本記事で紹介している各年1位の記事を無…

  • TOPICS

    移転遅らせた地下空間の“誤解”

     築地市場の移転延期決定から2年余りを経て、豊洲市場が18年10月にオープンした。地下空間と汚染水の存在で世間を騒がせた問題は、建設分野の専門領域における意思疎通の難しさを浮き彫りにした。

  • 知らねば売れぬ木構造のイロハ

    耐震等級を顧客に選ばせるな

     木造住宅の構造安全性を確保するにはどのような点に留意し、顧客にどう説明すればよいか。住宅会社向けに木造住宅の構造塾を主宰する、M's(エムズ)構造設計の佐藤実代表が解説する。第1回のテーマは耐震等級3の住宅の必要性だ。

  • スマートホームの先導事例

    NTTドコモの技術を核に横浜市がスマ-トホームの実証実験

     NTTドコモのIoT技術「IoTアクセス制御エンジン」を用いたスマートホームの実証実験が行われた。実験を主導したのは横浜市が中心となって立ち上げた「I・TOP横浜」。「未来の家プロジェクト」と名付けられたこのプロジェクトには各種業界の企業が参加し、様々なIoTデバイスを搭載したスマートホームでの住…

  • 徹底評価、住宅瑕疵保険法人

    スピードは速いが満足度は低め、住宅あんしん保証

     検査力と情報力、対応力、サービス、スピードの5項目のうち、スピードに対する評価が高かった住宅あんしん保証。半面、検査の的確さへの評価は、契約継続理由としてはいまひとつの評価でした。

  • 技術者の転職 ホントの話

    「民間よりも楽」は甘い、学校や公的機関への転職

     筆者が最近増えてきたと感じるのが、民間企業からそれ以外への転職です。中でも、学校法人や公的機関への転職を考える人が多くなっているように思います。学校への転職は、働いてみて初めて気づくことがたくさんあるようです。

  • 東京大改造

    五輪向け常識破りの施工計画で工期短縮

     2020年の東京オリンピック・パラリンピック会場となる有明体操競技場。前編でリポートした木造梁のリフトアップにとどまらない、「常識破り」の施工計画について紹介する。

  • 建設技術者、今どきの転職事情

    建設は資格があれば若手も“金の卵”

     建設業界では、転職を希望する若手技術者が増えているという。ただし、現実に転職は簡単ではなさそうだ。第3回は、建設、不動産業界専門の人材紹介会社オズペックの瀧嶋誠司社長に、若手技術者の転職の実情を聞いた。

  • 日経アーキテクチュア 2018年12月13日号

    特集 売れる住宅改修の条件

     国内の住宅ストックが膨れ上がるなか、単に設備や仕上げを刷新しただけの改修では、嗜好が多様化した買い手や住まい手に選ばれない。評価されるのは、想定するユーザーの嗜好を捉え、それを徹底的に追及した改修だ。省エネなど各種性能と意匠性の両立、京町家、DIYといった独自性を売りに、事業者がユーザー目線で手掛…

一覧を見る

おすすめ記事

  • 改正建築士法が成立、建築士試験が実務経験なしで受験可能に

     建築士試験の受験資格を見直す改正建築士法が2018年12月8日、参院本会議で可決、成立した。受験要件である実務経験を、建築士の免許登録時の要件に改める。建築士試験の受験機会の前倒しを可能にすることで、若手を中心とした受験者の確保につなげる狙い。一級、二級、木造建築士が対象で、早ければ20年の試験か…

  • パリが反面教師、2025大阪万博会場は中心を「からっぽ」に

     2025年大阪万博の立案時からのキーマンである建築史家、橋爪紳也氏(大阪府立大学教授)に、誘致決定までの奮闘と今後について聞いた。橋爪氏は大阪府特別顧問・大阪市特別顧問として、大阪への万博誘致案の企画立案に深く関わり、経済産業省の専門アドバイザーとしてコンセプトや会場構成案作成の中心になった。

  • 「世界最大級」の木造梁をリフトアップ

     五輪に向けて新築するアリーナの中で最も遅く着工し、最も早く竣工するのが有明体操競技場だ。最大の特徴は、約90mの大スパンとなる木造梁。この中央部をリフトアップする施工現場の詳細をリポートする。

  • パリ市民注目、安藤忠雄氏が設計するピノー財団新美術館の現場に潜入

     パリ出張から戻って約2カ月。ようやく30件目のリポートにたどり着いた。ラストは、初回にリポートした安藤忠雄展の目玉、ブース・デ・コマース」だ。

  • 高力ボルトが足りない!国交省の緊急調査で8割が「工期に影響」

     「高力ボルト」の不足問題を重く見た国土交通省は2018年11月22日、需給動向に関する緊急調査の結果を公表した。納期は、通常時の約4倍に当たる約6カ月間と長期化しており、「工期に影響がある」との回答が8割を超えた。

  • 住宅の省エネ基準義務化の見送りと建築士による説明義務化が濃厚に

     新築の住宅や建築物の省エネ基準への適合義務化は、厳格には進めない――。国土交通省が2018年12月3日に開催した社会資本整備審議会建築分科会建築環境部会の会合で示した「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方について(第2次報告案)」は、そんな慎重姿勢を浮き彫りにした。

  • 業界地図から見える木材新市場

     先端技術や新しい工夫を加えて木材を利用する方向性は、以下の3つに大別できる。木材そのものを工夫して活用するもの、木材を改質したり加工したりして活用するもの、木材の成分を活用するものだ。

  • 危ないデザイン 屋根・天井編

     建築物が凶器と化す――。安全であるはずの建築物が、利用者に危害を加えることは少なくない。新聞やテレビといったメディアで大きく扱われる重大事故も頻発している。建築物の品質に対する社会の目は、一段と厳しくなっている。こうした事故の多くは、過去に類似の事例が存在する。同じような事故が繰り返される理由は、…

製品ガイド

一覧を見る

特集

連載・特設

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る