閉じる

お知らせ

建築・住宅

新着記事

  • ニュース クローズアップ

    外壁よみがえる熊本城大天守

    足場を分割し工事を効率化、一般公開にこぎ着ける

     日本有数の名城として知られる熊本城。2016年の熊本地震で大天守をはじめ多くの建物が損傷した。熊本市は大天守を優先的に復旧。復旧工事の足場や見学者が使う通路の安全対策を工夫して、一般公開にこぎ着けた。

  • ニュース 時事

    NIPPOが確認検査機関を提訴

    建築確認取り消し確定で107億円の損害賠償請求

     建築確認取り消しが確定した東京都文京区の分譲マンション「ル・サンク小石川後楽園」を巡り、建築主の1社であるNIPPOが9月3日、指定確認検査機関の都市居住評価センター(UHEC)を相手取り、約107億円の損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に起こした。

  • ニュース 時事

    山口情報芸術センターの屋根がめくれる

    台風17号で被害、15年前にも飛散

     山口市の山口情報芸術センター(YCAM)で9月22日、台風17号の強風で金属製の屋根ふき材がめくれ、断熱材が周囲に飛散する被害が発生した。この建物では2004年9月にも屋根材が台風によって飛散し、市は同年に補修工事を実施していた。

  • ニュース 時事

    大東建託子会社が増税分30億円未払い

    サブリース事業巡って初の公取委勧告

     住宅会社の不祥事が続いている。公正取引委員会は9月24日、大東建託と子会社の大東建託パートナーズ(東京都港区)に消費税転嫁対策特別措置法違反、いわゆる買いたたきがあったとし、差額分約30億円の支払いと再発防止を勧告した。両社は、14年4月以降の消費税増税分を不動産オーナーなどへの賃料に上乗せしてい…

  • ニュース 時事

    宮崎市の建設会社が確認済み証を偽造

    住宅の欠陥や詐欺被害を訴える声も

     宮崎市内にある建設会社Block-Style(ブロック スタイル)合同会社が設計・施工を手掛けた市内4棟の建物で、確認申請をせずに着工していたことが発覚した。そのうち1棟では確認済み証を偽造し、建て主に渡していた。同社は2019年8月末に破産手続きを開始、現在は営業を停止している。市は同社を公文書…

  • ニュース 技術

    ゲリラ豪雨の洪水被害を実大住宅で実験

    防災科研と一条工務店が木造2階建て住宅の被害を検証

     防災科学技術研究所(以下、防災科研)と一条工務店は10月2日、ゲリラ豪雨で洪水が発生した際の木造2階建て住宅の被害を、実大実験で検証した。

  • ニュース 技術

    建設現場の通信環境を無線で改善

    西松建設が無線LANのメッシュネットワークを本格導入

     建設現場でIoT(モノのインターネット)の活用が始まっているが、高層ビルは携帯電話の電波が入りにくいのがネックだ。そこで、西松建設は無線LANのメッシュネットワークを採用。LANケーブルを敷設することなく、実用的な通信環境を整えた。

  • ニュース 世界

    世界最大規模の北京「ヒトデ形」空港

    ザハ氏が生前に設計、年間旅客数1億人に対応

     中国・北京市に新たな国際空港「北京大興国際空港」が誕生した。設計を手掛けたのは英国のザハ・ハディド・アーキテクツとフランスのエンジニアリング会社ADPアンジェニエリ。ターミナルビルから5方向に延びるコンコースと交通センターで構成されるヒトデのような外観が特徴だ。9月25日に運用を開始した。

  • ニュース 世界

    坂茂氏設計のオメガ・スウォッチ新本社

    長さ240mの木造グリッドシェルが公道をまたいで横たわる

     世界的な時計メーカーであるスウォッチグループの新たな拠点が10月3日、スイス西部のビールにオープンした。同社の従業員だけでなく、地域住民にも歓迎ムードが広がっている。設計したのは2011年の国際指名コンペに勝利した坂茂氏だ。

  • ニュース プロジェクト

    Park-PFIで須磨海浜水族園を民営化

    イルカと触れ合えるホテルも併設、サンケイビルなど選定

     神戸市は9月12日、「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業」の優先交渉権者に、サンケイビルを代表とするグループを選定したと発表した。サンケイビルなどは、老朽化が進む水族館の建て替えなどに約370億円を投じる。全面開業は2024年3月末の予定だ。

  • フォーカス建築 新青森県総合運動公園陸上競技場(青森市)

    風雪受け流す翼形の大屋根

    細い柱が「てんびん」で支える26mの跳ね出し
    発注:青森県 設計:伊東豊雄建築設計事務所 施工:大林組・丸喜齋藤組・西村組JV

     青森市北東部にある県の運動公園で9月、伊東豊雄氏が設計した陸上競技場がオープンした。GRCパネルで覆った翼のような大屋根は、海から吹く強風や雪からフィールドを守る。

  • フォーカス建築 IGOONE ARAI (イグーネ荒井)(仙台市)

    斜めの柱と植栽で“緑の浮島”

    現代版の屋敷林を街のアイコンに
    発注:福互 設計:UID 施工:市村工務店

     斜めの柱や曲面屋根、植栽で目を引く複合施設が仙台の新市街地に6月、誕生した。伝統的な屋敷林「居久根(いぐね)」を再構築して、「緑の浮島」と呼ばれたかつての景観をよみがえらせた。

  • 開き・交わる学校建築 PART 1 学内交流 1

    フリーアドレス空間で「教職協働」を推進

    梅光学院大学 The Learning Station CROSSLIGHT

     「The Learning Station CROSSLIGHT」には教室と廊下の区別がない。授業が行われている傍らを、他の学生や教員が突っ切っていく。教員と職員のオフィスをフリーアドレス制としているのも特徴だ。

  • 開き・交わる学校建築 PART 1 学内交流 2

    吹き抜けの小部屋が身近な出会いを促す

    神奈川大学 栗田谷アカデメイア

     イベント型の交流よりも、日常生活の中での出会いから生まれるコミュニケーションが大切──。神奈川大学の新しい寮では、多国籍の学生たちが出会って交流できる様々な場を、建物の各所に用意した。

  • 開き・交わる学校建築 PART 1 学内交流 3

    緩やかな階段を軸に都市型の高層モデル

    北区立田端中学校

     敷地面積に制約のある都市部に、学年間で交流できる教育効果の高い環境をどう実現するか。緩やかな中央階段を軸とする、立体的な空間構成によってプロトタイプを目指す校舎が東京都北区の住宅街に現れた。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る