閉じる

お知らせ

建築・住宅

新着記事

  • 稼げる保存

    隈研吾氏がデザイン監修、大正期の建物を再々開発でホテルに

    事例3 商業+ホテル/新風館(旧京都中央電話局)

     1926年竣工で、京都市の登録文化財第1号となった建物が、商業施設「新風館」として15年間活用された後、ホテルなどの複合施設に生まれ変わる。レンガタイルの外壁やアーチ梁などを生かしつつ、回遊性を高める。

  • リノベーションの法規Q&A 第1回

    増改築に必要な手続きは何か

     「改修」や「リノベーション」という言葉を日常よく使うが、建築基準法の法的な用語にこれらの言葉はない。建築物の耐震改修の促進に関する法律、いわゆる「耐震改修促進法」には「改修」という言葉が含まれるが、ここでは「耐震改修」という1つの用語として用いている。

  • 2017年度会計検査報告 事例解説

    頼れぬハザードマップ、必要情報抜け落ち

    ハザードマップの表示内容が不適切

     大阪府泉南市が作った、ため池の水害ハザードマップで、必要な情報が抜け落ちるミスがあった。市が作成業務を外部に委託した際、掲載必須の項目を仕様書に明記しなかったことが原因だ。

  • ニュース解説:建築・住宅

    熊谷組が台湾に建てるザハ・ハディドの遺作

    「TAIPEI101」「陶朱隠園」に続く新たなランドマーク「裕隆城」を受注

     熊谷組の台湾現地法人がザハ・ハディド氏の遺作となるプロジェクトの新築工事を受注した。新北市に建つ新たなランドマーク「裕隆城(ユーロンチェン)」は、完成すれば台湾で唯一の“ザハ建築”となる。

  • ニュース解説:建築・住宅

    木造住宅に森を再現してストレス軽減、大和ハウス工業

     大和ハウス工業は2019年1月17日、人工的な空間などが居住者に与える「都市ストレス」の軽減を目指したコンセプト「森が家(もりがいえ)」を発表した。観葉植物を配置したり、森の自然音を室内に流したり、地域の住人と交流できるスペースを設けたりしたのが特徴だ。都市部に建てる木造3階建ての住宅をベースにし…

  • 建設技術者、今どきの転職事情

    ベテランは定年前の転職が有利、売り手市場の建設業界

    瀧嶋誠司・オズペック代表取締役&CEOに聞く、最終回

     「人生100年時代」といわれる今、気力の充実した中高年が増えている。建設業界では、求職者側と企業側のマッチングがうまくいき、この年代の転職が好調だという。最終回は、建設、不動産業界専門の人材紹介会社オズペックの瀧嶋誠司社長に、中高年技術者の転職事情を聞いた。

  • 工事現場を動かす!10人の名物所長

    現場がピンチでも部下の休日を確保

    小山 貴章氏/日本道路 東北自動車道奥州スマートIC舗装工事所長

     岩手県奥州市に2018年4月21日、東北自動車道奥州スマートインターチェンジ(IC)が開通した。高速道路の本線から県道などに直結する約3万m2の舗装工事の所長を務めたのが、日本道路の小山貴章だ。「大部分の引き渡しは当初、18年3月末を目標にしていた。工期的に厳しい工事だった」と小山は明かす。

  • ニュース解説:建築・住宅

    7割で検査データ改ざんが可能、免震・制振デバイス製造者の実態調査

    国交省は品質管理体制の改善を求める方針

     現時点で免震ダンパーなどを製造・出荷している事業者の7割が、検査装置でのデータ改ざんが可能な品質管理体制であることが分かった。国土交通省が実施した実態調査で判明した。

  • くぎめり込みで危険な耐力壁はどれ?

    めり込み量4mmは告示の壁倍率を満たせず

    検証その4

     くぎのめり込み量が異なる5つの耐力壁に荷重を加えて変形させる実験の結果を基に、各試験体の耐力を評価していこう。ここでは、壁倍率を算出して比較した。壁倍率の評価は一般的な方法に基づき、「降伏耐力(Py)」、「最大耐力(Pmax)の3分の2」、「終局耐力(Pu)に(0.2/Ds)を乗じた値」、「見かけ…

  • ねっとわーく 読者から

    災害で「働き方改革」は振り出し

    匿名希望(52、建設コンサルタント会社)

     昨今、私の会社も「働き方改革」に取り組んでいるが、現場の反応は冷ややかだ。人手を増やすわけでもなく、「残業時間を減らせ」と指示するばかりでは、当然と言える。それでも最近は、会社からの指示がなくても定時退社を心掛け、残業しても1~2時間に抑えるようになった。

  • 目利きが薦める名著・近刊

    「食」から考えるテクノロジーの使い方─今月のテーマ「2018年に学ぶ」3冊目

    「キッチンの歴史」(ビー・ウィルソン著、真田由美子訳、2014年)

     旧年を振り返ってこそ、新年を気持ち良く迎えられるというもの。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、今月は、2018年に本欄で執筆した書評テーマに関連する書籍4冊を新たに紹介します。3冊目は2018年9月のテーマ「食と空間」をヒントに選書した「キッチンの歴史」(ビー・ウィルソン著…

  • 製品ガイド:建築・住宅

    壁を猫のくつろぎ空間にするキャットシェルフ

    NeconoMa 「Houseタイプ C」「Leaf」 カツデンアーキテック

     カツデンアーキテックは、壁に取り付けるキャットシェルフ「NeconoMa (ネコノマ)」シリーズの新製品である「Houseタイプ C」と「Leaf(リーフ)」の2種を、2018年11月に発売した。

  • ニュースの深層

    崖地の住宅で初の行政代執行

     横浜市は2018年12月14日、建築基準法違反を理由とした初の行政代執行を決行。戸建て住宅の建築現場において、法面のすべり防止工事を始めた。同工事の設計費と工事費など約1憶2000万円を事業主と工事の元請け会社に請求する予定だ。

  • ピックアップ新製品

    衝撃吸収性が高いビニル床シート

    ケアセーフNW

     床仕上げ材と専用クッション材を併用した場合と同水準の衝撃吸収性を持つビニル床シート。施工時の手間も軽減する。定期的なワックスメンテナンスの費用が不要だ。キャスターなどによる摩擦に強く、耐動荷重性に優れる。双輪スイング式のベッドや車椅子などの往来が多い場所、台車の往来が多い場所などに向いている。

  • 編集部から

    編集部から

     今号の特集では、くぎのめり込み量の違いで、面材耐力壁の耐力がどの程度低下するか検証しました。「数ミリメートル程度のめり込みなら大丈夫」と思っている現場の職人は少なくないでしょう。しかし、実大実験を実施してみると、その僅か数ミリメートルでも耐力に影響すると分かりました。

  • 使えるニュース

    実務抜きで建築士を受験可能に

    法制度

     建築士試験の受験資格を見直す改正建築士法が2018年12月8日に成立した。受験要件である実務経験を、建築士の免許登録要件に改める。建築士試験の受験機会の前倒しを可能にして、若手を中心とした受験者の確保につなげる狙いがある。一級、二級、木造建築士が対象で、早ければ20年の試験から適用される見通しだ。

  • 編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ

    未知だったくぎめり込みの影響を実大実験で解明

     前回、本コラムでお知らせしたとおり、日経ホームビルダーでは耐力壁におけるくぎのめり込みが強度に及ぼす影響を実験によって確認し、2019年2月号にその結果を掲載しました。特集「耐力壁で実大実験 くぎのめり込みが危ない」です。

  • 耐力壁で実大実験 くぎのめり込みが危ない 実験方法

    実大で耐力壁の強度を検証

     くぎのめり込み量を1mm単位で変更して、実物大の試験体を5体作成。静的加力試験を実施した。施工現場を想定して、材種の選定やくぎのめり込み量を設定するなど、現場の実情にも配慮した。

  • リポート 木材

    先端材料に変わる木

     国内に豊富に存在するものの、利用が進まない木材資源。そのままでは価値の低い木材に、技術の力で付加価値を与える動きが目立ってきた。先進的な木材技術と新たな市場に参入するプレーヤーを紹介する。

  • 使えるニュース

    増税後の住宅購入の方が得か

    住宅政策

     増税後に住宅を購入する方が得をする場合も出てきそうだ。住宅ローン減税の延長やすまい給付金の給付額引き上げ、次世代住宅ポイント制度の創設など政府の手厚い施策が見えてきた。

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る