閉じる

建築・住宅

ピックアップ

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    50m離れた場所から0.2mm幅のクラックも検出、高解像度カメラで実現

     電子部品専門商社のジェピコはデンマークの高解像度カメラメーカーの日本法人であるフェーズワンジャパンと共同で、「日経xTECH EXPO 2018」(10月17日~19日開催、東京ビッグサイト)に出展。両社が紹介するのは、高解像度カメラ群「iXMシリーズ」と、これらのカメラを使ってインフラや建築物の…

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    「現場に入ってきてニーズを知ってほしい」、国交省の森次官が呼び掛け

     国土交通省の森昌文事務次官は10月19日、「日経 xTECH EXPO 2018」で新技術の開発支援や活用策について講演し、「新技術の開発や実用化には建設現場などのニーズと開発者のシーズとのマッチングが不可欠だ。開発者はぜひ現場に入ってきてもらい、ニーズがどこにあるのか実体験を通して知ってほしい」…

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    工事契約も電子化へ、クラウド活用して低コストで簡単に

     弁護士ドットコムは、10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展。「クラウドサイン」と呼ぶクラウド型の電子契約サービスを紹介し、「紙や印鑑を使う従来型の契約から、クラウドや電子署名を活用したスピーディーかつ低コストな電子契約への転換を」と訴えている。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    施工現場に実寸の図面を重ねて確認、インフォマティクス

     GISソフトの販売や受託開発を手がけるインフォマティクスは、「日経 xTECH EXPO 2018」(10月17日~19日開催、東京ビッグサイト)に「GyroEye Holo」を展示している。2次元や3次元のCAD図面を建設現場に実寸で重ねて投影したように見え、墨出しや出来形の確認、干渉チェックな…

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    エージェンテック、タブレットで建設現場などの作業を効率化するクラウドサービス

     エージェンテックは、2018年10月17日から19日まで東京ビッグサイトで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」で、タブレットで業務を遂行できるようにするMCM(モバイルコンテンツ管理)サービス「ABook」を展示している。特に、建設や製造、メンテナンスなどの作業現場に特化した「ABoo…

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    既存の工程管理システムにスマホの機動力をプラス

     プロジェクトマネジメントに関わる製品やサービスを手掛けるウェッブアイ(東京都江東区)は、10月19日まで開催している「日経 xTECH EXPO 2018」に出展。同社の工程計画管理システム「工程’s」や、工程’sと現場を連携する工程モバイルソリューション「Promio Orario(プロミオオラ…

  • 注目コンペ・プロポーザル

    高知県香美市立図書館の設計プロポ、東畑・依光JVがナスカJVや隈事務所に勝つ

     高知県香美(かみ)市は、香美市立図書館建設工事設計者選定プロポーザルの最優秀者に、東畑建築事務所(本社オフィス大阪、大阪市)と依光(よりみつ)建築設計事務所(高知市)の2社によるJV(共同企業体)を選定した。極力柱のいらない構造にすることで、見通しが良く、配置替えに対応しやすい点が評価された。

  • もうやめませんか、無償の補修

    民法改正で重要性増す早期の“火消し”、住宅工事クレーム

     2年後に施行が迫る改正民法では、「ダメ工事」を要望された場合に、早めの補修が重要になってくる。その理由を分かりやすく解説する。

  • ニュース解説:建築・住宅

    攻めの複合再開発「さっぽろ創世スクエア」が開業

    札幌市内で官民による大規模再開発「札幌創世1.1.1区」が進行中だ。初弾となる「さっぽろ創世スクエア」が、10月7日に開業。ビジネスパーソン支援を目的とした図書館など、新しいタイプの機能が盛り込まれた。

  • 土木現場の失敗学

    地下水位を見誤って“水没”、工事中止に

     京都府長岡京市が発注した雨水貯留施設の設置工事で2012年4月、掘削を開始して間もなく、想定よりも浅い地盤から地下水が湧き出して工事が中断。設計時に地下水位の想定を誤っていた。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    現場ロボットは仲間になる、清水建設・印藤常務が語る開発の手応え

     清水建設常務執行役員で生産技術本部長を務める印藤正裕氏は、10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」で「人とロボットが協働する次世代建築生産システム-Shimz Smart Site-」と題する特別講演を行った。建築現場へのロボット導入について、同社が進める開発の狙いやその手…

  • パリ近現代建築総まくり!必見30選

    隈、坂、SANAA─日本人建築家は21世紀のパリにどう挑んだか

     前回は、世界への扉を開いた昭和世代の日本人建築家たちがパリで実現した建築を紹介した。今回はここ10年ほどの間に日本人建築家がパリで手掛けた、あるいは手掛けているプロジェクトを、年代順に見ていこう。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    施工現場をスマホアプリで一元管理

     スマホアプリを使って現場管理を効率化――。10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展しているオクトは、施工管理アプリ「ANDPAD」を活用した“現場改革”を提案している。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    配筋検査など建設現場に特化した多彩なオプションで図面管理、レゴリス

     レゴリス は10月19日まで東京ビッグサイトで開催している「日経 xTECH EXPO 2018」に出展。同社のブースで展示しているのは、図面管理・情報共有システム「SPIDERPLUS(スパイダープラス)」だ。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    建築の「インダストリー4.0」は始まっている、日建設計・山梨氏が語る

     日建設計で設計部門副統括を務める山梨知彦常務執行役員は、10月17日に開幕した「日経 xTECH EXPO 2018」で「ICTが建築の設計を変える」と題する特別講演を行った。

  • 編集長が語る日経コンストラクションの見どころ

    民営化から2年半、水没した関空の“後始末”は誰が?

     「日本の玄関口」である関空が、今年9月の台風21号で大きな被害を受けました。今年は全国で自然災害が多発しましたが、関空の被害はそれらの中でもかなり特徴的だったと言えます。

  • CEATEC JAPAN 2018

    メイン照明になり得る有機EL照明が登場、効率や全光束が蛍光灯に並ぶ

    これまで、デザイン照明などニッチ市場向けにとどまっていた有機EL照明が、部屋のメインの照明器具に使われる可能性が出てきた。

  • 週末スペシャル

    ダイソンのIoT家電は人に寄り添う

     ダイソンは9月14日、LED照明の新モデル「Dyson Lightcycle」と、1台3役の空気清浄ファンヒーター「Dyson Pure Hot+Cool」の2製品を発表した。価格はどちらもオープン。

  • ニュース

    VRとARでリフォームを仮想体験、LIXILがデジタル施設

     住宅設備大手のLIXILは2018年10月19日、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)など最新デジタル技術を活用したデジタルショールーム「LIXIL Digital Studio GINZA」を開設する。

一覧を見る

おすすめ記事

  • 震度5強で崩落したホール天井、復旧費20億円請求も設計・施工者に「過失なし」

     震度5強で吊り天井が崩落したのは、設計者・施工者の責任か。ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市)の事故を巡る裁判で、横浜地裁は2018年5月31日、所有者である川崎市の請求を棄却する判決を下した。市は控訴した。

  • 新築の床下に謎の水たまり

     入居したばかりの新築住宅で、床下に水がたまっていた。施工した工務店は結露が原因だと主張したが、建て主から調査を依頼された筆者の見立ては違った。原因と推測したのは、外部からの水の浸入。そう判断した理由と、漏水を引き起こした施工ミスの防止策を解説する。

  • 日本の「都市力」1位は?森記念財団が初調査

     1位京都市、2位福岡市、3位大阪市─―。「日本の都市特性評価2018」の総合順位だ。世界の主要都市を対象とする「世界の都市総合力ランキング」を発表してきた森記念財団都市戦略研究所が初めて、国内都市のみを対象に調査した。

  • 住居兼教会の火災でダイキンに賠償命令、エアコン室外機が原因と認定

     「住居兼教会の建物が火災に遭ったのは、エアコン室外機の欠陥が原因だ」。牧師らが製造元のダイキン工業に対し、製造物責任法に基づいて損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は教会側の訴えを認め、同社に約496万円の支払いを命じた。

  • 豊洲市場が本日開業、「築地市場改修案は実現可能だった」と市場問題PT・竹内昌義委員

    築地市場を存続させる改修案が市場問題プロジェクトチームから提案されたのは2017年3月。市場の機能を維持したまま建屋を改修するプランを練った東北芸術工科大学教授の竹内昌義氏は、「築地市場の解体は、文化の喪失につながる」と語る。

  • 丹下、黒川、伊東─パリで存在感を示す日本の巨匠たち

     日本とフランスの建築界は深い関係にある。2018年は日仏友好160周年。それを機に、パリで日本人建築家が手掛けたプロジェクトや、パリで見るべき最新建築、今こそ改めて参考にしたい近代建築を30件リポートする。

  • ヘルツォークが設計した香港の異空間、築170年の旧警察署を再生

    香港で5月末、ヘルツォーク&ド・ムーロン(H&deM)が設計を手掛けたヘリテージ&アートセンターがオープンした。既存の16棟と新築の2棟の建築群から成り、その中核は英国領時代の1841年につくられた旧中央警察署、旧中央行政長官事務所、旧ビクトリア刑務所である。まだ香港が今のよ…

  • 完成時の傷補修は8割近くが内装

     建て主から補修を迫られた場合にどの程度の金額までなら対応するのか。住宅建設の実務者にアンケート調査した。

製品ガイド

一覧を見る

特集

連載・特設

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る