閉じる

建築・住宅

ピックアップ

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    センサーを配してマンホールに潜むリスク回避

     下水道工事などでの作業員の事故や洪水に伴う下水の噴出、歩行者の転落、金属製蓋の盗難など、マンホールが抱える様々なリスクが近年、顕在化している。これに対して日立システムズは「マンホールの防犯・安全対策ソリューション」を2017年秋にリリースした。10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO …

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    クラウドで価格を抑えた中小建設会社向け統合情報システム、JCCソフト

     JCCソフトは、「日経 xTECH EXPO 2018」で建設業に特化したクラウドサービス「JCCクラウド」を紹介している。クラウドを活用することで、多額の初期投資が難しい小規模から中堅の建設会社にも導入しやすい統合情報システムだ。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    施工現場をスマホアプリで一元管理

     スマホアプリを使って現場管理を効率化――。10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展しているオクトは、施工管理アプリ「ANDPAD」を活用した“現場改革”を提案している。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    普段使いで災害時の回答率が上がる安否確認システム、アドテクニカ

     アドテクニカは10月19日まで東京ビッグサイトで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展。災害時の安否確認システム「安否コール」を紹介している。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    建設現場の環境に耐える頑丈なアンドロイド端末、ユニテック・ジャパン

     電子機器製造のユニテック・ジャパンは、10月19日まで開催している「日経 xTECH EXPO 2018」に多彩な業務用モバイルコンピューターを展示している。同社の展示製品は、屋外の建設現場での使用に耐え得る頑丈さが売りだ。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    保有する建設機材をクラウド上で適正管理

     企業の資産管理に関するサービスを提供しているアセットメント(東京都豊島区)は、同社のクラウド型資産管理ソフト「AssetmentNeo」を建設業界にも展開していく方針だ。10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展し、PRしている。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    配筋検査など建設現場に特化した多彩なオプションで図面管理、レゴリス

     レゴリス は10月19日まで東京ビッグサイトで開催している「日経 xTECH EXPO 2018」に出展。同社のブースで展示しているのは、図面管理・情報共有システム「SPIDERPLUS(スパイダープラス)」だ。

  • ニュース

    VRとARでリフォームを仮想体験、LIXILがデジタル施設

     住宅設備大手のLIXILは2018年10月19日、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)など最新デジタル技術を活用したデジタルショールーム「LIXIL Digital Studio GINZA」を開設する。

  • 日経 xTECH EXPO 2018見どころ

    AWARD 2018:グランプリはインテル「Intel Optane DC」

     日経BP社は2018年10月18日、ビジネスと技術のクロス領域で起こるイノベーションの祭典「日経 xTECH EXPO 2018」において「日経 xTECH EXPO AWARD 2018」を選出、発表しました。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    非線形解析で大きな地震波でも高精度な耐震設計

     中電シーティーアイは、10月19日まで開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」に出展。一次元地盤地震応答解析ソフトウエア「PowerWatch GRAND」を紹介している。建築物などの耐震設計をする際、比較的大きな地震からの影響を高精度で診断できる。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    インテルの「Intel Optane DC」がグランプリ、日経 xTECH EXPO AWARD

     「日経 xTECH EXPO AWARD 2018」が発表された。最優秀であるグランプリにはインテルの新しい不揮発性メモリー技術「Intel Optane DC」が選ばれた。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    安全・安心な作業場つくる、HOYAがウエアラブルで「見守り」

    HOYAデジタルソリューションズは、2018年10月17日に開幕した「日経 xTECH EXPO 2018」で、作業者の健康状態をリアルタイムで監視する仕組みを出展している。主に屋内向けだ。腕時計型のウエアラブル端末で身体情報を計測し、ビーコンを経由してクラウドに情報を蓄積する。異常が見つかった場合…

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    熟練工の「視線」追う、トビー・テクノロジーが作業効率の向上へ

    トビー・テクノロジーは、2018年10月17日に開幕した「日経 xTECH EXPO 2018」で、視線計測の技術を活用して作業効率を高めるソリューションを披露している。熟練した作業員がどのように視線を動かしているのか計測し、若手の教育に役立てるというもの。日本では既に製造やサービスなど幅広い業態に…

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    熟練工の技術を簡単伝承、東芝情報システムがウエアラブル端末で

    東芝情報システムは、2018年10月17日に開幕した「日経 xTECH EXPO 2018」で、眼鏡型のウエアラブル端末を使った作業支援のデモを披露している。音声による案内モデルと、手元操作の二つがある。顧客の需要に応じて選択できるようにする。2019年春ごろの市場投入を目指して開発を進めている。ま…

  • パリ近現代建築総まくり!必見30選

    隈、坂、SANAA─日本人建築家は21世紀のパリにどう挑んだか

     前回は、世界への扉を開いた昭和世代の日本人建築家たちがパリで実現した建築を紹介した。今回はここ10年ほどの間に日本人建築家がパリで手掛けた、あるいは手掛けているプロジェクトを、年代順に見ていこう。

  • 土木現場の失敗学

    地下水位を見誤って“水没”、工事中止に

     京都府長岡京市が発注した雨水貯留施設の設置工事で2012年4月、掘削を開始して間もなく、想定よりも浅い地盤から地下水が湧き出して工事が中断。設計時に地下水位の想定を誤っていた。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    建築の「インダストリー4.0」は始まっている、日建設計・山梨氏が語る

     日建設計で設計部門副統括を務める山梨知彦常務執行役員は、10月17日に開幕した「日経 xTECH EXPO 2018」で「ICTが建築の設計を変える」と題する特別講演を行った。

  • 編集長が語る日経コンストラクションの見どころ

    民営化から2年半、水没した関空の“後始末”は誰が?

     「日本の玄関口」である関空が、今年9月の台風21号で大きな被害を受けました。今年は全国で自然災害が多発しましたが、関空の被害はそれらの中でもかなり特徴的だったと言えます。

  • 日経 xTECH EXPO 2018リポート

    元現場監督が開発した使い勝手重視の支援システム

     インターネットサービスを手がけるコンコアーズは、東京ビッグサイトで開催中(10月17日~19日)の「日経 xTECH EXPO 2018」に建築・土木の生産支援クラウドサービス「Photoruction(フォトラクション)」を出展している。

一覧を見る

おすすめ記事

  • 震度5強で崩落したホール天井、復旧費20億円請求も設計・施工者に「過失なし」

     震度5強で吊り天井が崩落したのは、設計者・施工者の責任か。ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市)の事故を巡る裁判で、横浜地裁は2018年5月31日、所有者である川崎市の請求を棄却する判決を下した。市は控訴した。

  • 基礎下の竹の根があだとなり200万円の値引き

     わずかな竹の根が基礎の下に侵入した結果、コンクリート基礎のひび割れに対する強いクレームに発展。利益として見込んでいた200万円の値引きを迫られた住宅会社がある。

  • 新築の床下に謎の水たまり

     入居したばかりの新築住宅で、床下に水がたまっていた。施工した工務店は結露が原因だと主張したが、建て主から調査を依頼された筆者の見立ては違った。原因と推測したのは、外部からの水の浸入。そう判断した理由と、漏水を引き起こした施工ミスの防止策を解説する。

  • 住居兼教会の火災でダイキンに賠償命令、エアコン室外機が原因と認定

     「住居兼教会の建物が火災に遭ったのは、エアコン室外機の欠陥が原因だ」。牧師らが製造元のダイキン工業に対し、製造物責任法に基づいて損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は教会側の訴えを認め、同社に約496万円の支払いを命じた。

  • パリ・ポンピドーで安藤忠雄展が本日開幕、展示風景をいち早く!

     2018年は日仏友好160周年に当たる。日仏両国で開催されたイベント「ジャポニスム2018」の終盤の目玉企画として、10月10日からパリの「ポンピドー・センター」で、安藤忠雄展が始まる。開幕に先立ち、10月8日18時(日本時間9日1時)から現地で行われた関係者向けの内覧会の様子をリポートする。

  • 豊洲市場移転“炎上”は何だったのか、市場問題PT・佐藤尚巳委員に聞く

    本来の予定から約2年遅れて10月11日にオープンする豊洲市場。地下空間や運営費用など様々な課題により、市場移転は社会問題と化した。課題を解決すべく都は「市場問題プロジェクトチーム(PT)」編成。建築家としてPTに参加した佐藤尚巳建築研究所の佐藤尚巳代表に「移転問題の炎上とは何だったのか」を聞く。

  • 豊洲市場が本日開業、「築地市場改修案は実現可能だった」と市場問題PT・竹内昌義委員

    築地市場を存続させる改修案が市場問題プロジェクトチームから提案されたのは2017年3月。市場の機能を維持したまま建屋を改修するプランを練った東北芸術工科大学教授の竹内昌義氏は、「築地市場の解体は、文化の喪失につながる」と語る。

  • 完成時の傷補修は8割近くが内装

     建て主から補修を迫られた場合にどの程度の金額までなら対応するのか。住宅建設の実務者にアンケート調査した。

製品ガイド

一覧を見る

特集

連載・特設

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る