日経コンピュータ表紙

日経コンピュータ

  • 隔週木曜日発行(年26冊)
初回ご契約時の購読料10%OFF 購入特典:最新IT用語辞典2018 定期購読のお申込みはこちら
信頼される理由
  • 隔週木曜日発行(年26冊)
  • 購読料金(いずれも税込)
  • 1年(26冊):24,900円
  • 3年(78冊):52,300円
初回ご契約時の購読料10%OFF 購入特典:最新IT用語辞典2019 定期購読のお申込みはこちら
  • 携帯・PHSでのお申込み
  • 03-5696-6000
  • 年中無休 9:00~22:00

「日経コンピュータ」はITコーディネータ協会認定 定期刊行物です。
定期購読いただくと、ITコーディネータの知識ポイントを取得できます(協会への申請が必要となります)。

日経コンピュータが信頼される理由

ほかでは読めないITの最新情報をいち早く掲載

  • 20名以上の専門記者が本当に知るに値するテーマを厳選し、鋭く切り込みます。
  • 業界の最新動向がわかる独自調査を行い、IT業界の激動の変化をいち早くお伝えします。
  • 創刊以来の人気コラム「動かないコンピュータ」では失敗事例の真相に切り込み、リスク回避のノウハウをお届けします。

ユーザー視点に立った豊富な実例をお届け

  • IT業界の道標となる先進事例やキーパーソンのインタビューを掲載するなど、導入のための参考情報をお届けします。
  • 多くの実例から新規開発、システム運用の要点を捉え、解説します。
  • クラウドコンピューティングやビッグデータなど注目の技術を検証します。

情報システム部門から経営層まで圧倒的な支持

  • IT部門や各事業部門でIT化を牽引する約3万人のキーパーソンに購入いただいています。
  • 読者層の業種は、製造業から情報処理サービス、商社、金融、サービス業、etc….など多岐にわたります。

定期購読のお申込みはこちら

よくあるご質問

『日経コンピュータ』は記事の質が高いと言われていますが、理由は何ですか?
確固たる編集方針のもと専門記者集団が報道します。
創刊以来一貫して、「企業情報システムの本質を描き出す」「良い面はもちろん悪い面も含めて真実を追究する」「読者の羅針盤の役割を果たす」という編集方針を守ってきた結果が、第一線のIT・ビジネス界の方々に四半世紀以上にわたってご愛読頂いている一番の理由と言えるでしょう。現在、編集長以下30名以上の専門記者により、本当に知るに値するテーマを、鋭く斬り込んだ記事にしてお届けしています。
ほかのIT誌の内容とどう違うのですか?
ユーザー視点でIT技術の本質を追究します。
コンピュータ技術やシステム構築に焦点を当てた雑誌や、ITをビジネスに活かした事例を紹介している雑誌は少なくありません。しかし、IT技術の本質を理解し、どうビジネスにインパクトを与えるのかを、製品を検討・導入するユーザーの視点で取り上げているのは、「日経コンピュータ」をおいて他にないと自負しています。 たとえば「動かないコンピュータ」というシステム障害の事例を実社名を交え報道する人気コラムは、実際に自社でトラブルが起きた場合の原因究明や傾向を把握するうえでも参考になるというご意見を頂いております。
どういう職種・業種の人たちが読んでいるのですか?
さまざまな業種の方々より圧倒的なご支持を頂いています。
コンピュータ関連、ソフトハウス、情報処理関連、ソリューションプロバイダはもとより、情報システム部門の方を中心に、金融、商社、公共、病院に至るまで、多岐にわたる業種の方々にご愛読いただいてます。製品選択・導入のキーパーソンのみならず、若手エンジニアの読者も決して少なくありません。新しい技術やサービスへの関心度が高く、常に情報収集を怠らない方が多いと言えるでしょう。ご購読中の方からは以下のようなご意見を頂いております。 「業界の標準や世の中のトレンドがわかるので、製品を導入する際も安心して選択することができる。」 「他の会社はここまで進んでいるという事例が多く、社内説得がしやすくなった。」 「目の前の仕事にとらわれがちな中、発想を変えるための新たなヒントが得られる。」
『日経コンピュータ』はなぜ定期購読なのですか?
インパクトの規模に囚われない重要なテーマを取り上げるためです。
書店で販売される雑誌は、売れ行きを優先したインパクト重視の特集内容に偏りがちです。定期購読は、“IT分野や情報技術分野において重要”で“ビジネスに直結する”情報であれば、規模やテーマの大小にかかわらず積極的に取り上げる「日経コンピュータ」の編集スタンスに最適といえます。もちろんより割安な価格でご提供できるメリットもあります。さらに、直接お手元までお届けするため、買い忘れもなく、時間と手間も省けることは読者の方からもご支持頂いております。
途中で購読を中止できますか?
もちろんです。
新規のお申し込みで、初回号のお届けから2週間以内に解約のお申し出を頂いた場合は、既送本分は請求いたしません。それ以降お客様のご都合により、購読期間中に途中解約される場合は、ご入金額からお届けした冊数を1冊1,180円(税込)で精算して返金いたします。

定期購読のお申込みはこちら

らくらく購読コース

本サイトから定期購読をお申込みいただくと、初回ご契約の購読料金が10%OFFとなります。

らくらく購読コースは、自動的に購読が継続されるので、
更新の手間がかかりません(5年購読を除く)。

購読料金のお支払い(一括前払い)につきましては、クレジットカードとなります。


定期購読のお申込みはこちら

最新IT用語辞典2019

新規お申込みのお客様全員にプレゼント!

最新IT用語辞典2019

(B6版 260頁 非売品)

最新のIT用語辞典をコンパクトに!

「この用語の意味を知りたい」「何となく分かっているが定義をしっかり確認したい」「この略語の読み方と正式表記は何か」・・・。仕事を進める上のこうした疑問に応えるため、日経コンピュータ編集部が日々蓄積している最新情報をもとに編集した最新版。
「情報システム略語辞典」(約1300語)、「最新基本用語辞典」(約500語)、「情報システム単位一覧」をコンパクトにまとめました。いつでも手元に置いてご活用ください。


定期購読のお申込みはこちら