日経コンピュータ表紙

日経コンピュータ

  • 隔週木曜日発行(年26冊)
初回ご契約時の購読料10%OFF 購入特典:最新IT用語辞典2019 定期購読のお申込みはこちら
日経コンピュータ表紙
  • 隔週木曜日発行(年26冊)
  • 購読料金(いずれも税込)
  • 1年(26冊):24,900円
  • 3年(78冊):52,300円
初回ご契約時の購読料10%OFF 購入特典:最新IT用語辞典2019 定期購読(6ヵ月分)のお申込みはこちら
  • 携帯・PHSでのお申込み
  • 03-5696-6000
  • 年中無休 9:00~22:00

「日経コンピュータ」はITコーディネータ協会認定 定期刊行物です。
定期購読いただくと、ITコーディネータの知識ポイントを取得できます(協会への申請が必要となります)。

日経コンピュータ最新号のご案内

表紙の新幹線をよく見ると、帯の色は通信大手4社の企業ロゴの色を表しています。特集した5Gは新幹線と同じくスピードが魅力。新幹線は国家プロジェクトとして作られ、人々の移動需要を支えてきました。
一方の5Gはデータの「移動」需要を支える重要インフラであり、整備や運営に当たる通信会社は重責を担います。「通信料を月千円上げる好機だ」などと近視眼的に儲けばかり考えるのではなく、国の将来を背負う気概で臨むべきです。
さて、一番速い「5Gのぞみ」号は どの色になるのでしょう。

編集長 大和田 尚孝

特集

日本が再び敗れる日

データ時代の 「標準化」競争が始まった

  • GAFA、実は協調巧者
  • デファクトは時代遅れ
  • デジタル植民地を回避

特集

5G出発進行

五輪の年に「夢の超特急」再び

  • 見えてきた端末と料金
  • 「連結」で全てを変革
  • 先行する韓国・米国

緊急版 動かないコンピュータ

「免税」「18%」「1円不足」…
消費増税システム障害、全国で

あきんどスシロー、セコマなど

データは語る

2019年上半期のシステム障害33件 ほか

ケーススタディ

AIがコールセンターにハマった
ニーズ予測、提案営業で取引増

横浜銀行

フォーカス

世界のDX需要を狙う
アリババAI戦略の全貌

挑戦者

one visa CEO(最高経営責任者)
岡村 アルベルト 氏

ビザ申請から生活支援まで
働く外国人にITで寄り添う

ニュース & リポート

  • ITが危ない混乱必至のマイナンバーカード
  • MSがWin7の有料延長サポートを拡大
  • 富士通が「利益率10%」に再挑戦
  • グーグル採用も、勘定系にクラウドの波
  • PFUが「新型」AI OCRソフト
  • 乱反射SE出身富士通社長の鬼門
  • 極言正論QR決済市場を早急に再編すべし
  • キーワードCASE
  • 2weeks from 日経 xTECHローソンに不正アクセス ほか

定期購読(6ヵ月分)のお申込みはこちら

インタビュー

幸楽苑ホールディングス 社長
新井田 昇 氏

外食もデジタルが競争源に
3つの「レス」で事業を改革

オピニオン

  • モバイル一刀両断
    「じり貧」必至の格安スマホ、楽天のつまずきで命拾い
  • 中田敦のGAFA深読み
    アマゾンロッカーが日本上陸、ファミマが受け入れた理由
  • 勝村幸博の「今日も誰かが狙われる」
    アレクサに「電話して」と伝えたら詐欺師につながる詐欺が発覚
  • 大森敏行のプログラミングで行こう
    寿命は年内限り、「Python 2」は使ってはならない

連載

  • AI時代のIT監査
    ソーシャルメディアのリスクを把握、発生要因の分析がカギに
  • 突然「営業になれ」と言われても怖くない!
    最終段階「クロージング」の進め方、発注までのギャップを埋める
  • ネットワークトラブル プロに学ぶ対応術
    回線統合で思わぬトラブル、担当外の設定に要注意
  • 社長の疑問に答えるIT専門家の対話術
    5つの構造変化に着目、新しい「こと」を考える

らくらく購読コース

本サイトから定期購読をお申込みいただくと、初回ご契約の購読料金が10%OFFとなります。

らくらく購読コースは、自動的に購読が継続されるので、
更新の手間がかかりません(5年購読を除く)。

購読料金のお支払い(一括前払い)につきましては、クレジットカードとなります。


定期購読のお申込みはこちら

最新IT用語辞典2019

新規お申込みのお客様全員にプレゼント!

最新IT用語辞典2019

(B6版 260頁 非売品)

最新のIT用語辞典をコンパクトに!

「この用語の意味を知りたい」「何となく分かっているが定義をしっかり確認したい」「この略語の読み方と正式表記は何か」・・・。仕事を進める上のこうした疑問に応えるため、日経コンピュータ編集部が日々蓄積している最新情報をもとに編集した最新版。
「情報システム略語辞典」(約1300語)、「最新基本用語辞典」(約500語)、「情報システム単位一覧」をコンパクトにまとめました。いつでも手元に置いてご活用ください。


定期購読のお申込みはこちら