開催概要
 2016年5月19日(木)
19:00〜21:00
 日経BP社
 森・濱田松本法律事務所 
堀 天子 弁護士

 「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案」が2016年4月27日、衆院財務金融委員会によって賛成多数で可決された。いわゆる銀行法の改正は、今後のFinTech業界を占う上で、極めて重要な ターニングポイントとなる。銀行やスタートアップ企業を含むIT業界にとって、どのようなビジネス チャンスが生まれるのか。資金決済法の立法にも関わった森・濱田松本法律事務所の堀天子弁護士が法改正のポイントを解説。日経FinTech読者からの疑問にも答える。

【講師プロフィル】
森・濱田松本法律事務所 堀 天子(ほり・たかね) 弁護士
上場企業等を中心に、訴訟等の紛争解決や企業法務に携わる。金融機関、クレジットカード 会社や決済サービス事業者等へのアドバイスや金融規制法対応等の業務に専門的に取り組む。2008年に金融庁総務企画局企画課調査室に出向し、2009年~2010年3月まで金融庁総務企画局企画課信用制度参事官室。2014年に金融審議会専門委員(決済業務等の高度化に関するスタディ・グループ及びワーキング・グループ)を務めたほか、2015年には一般社団法人FinTech協会理事に就任した。

本イベントの受付は終了しました

まだ「日経FinTech」のご購読をお申込みいただいていない場合は、ぜひこの機会にご検討ください。
「日経FinTech」の詳しいご案内はこちらをご覧ください。