閉じる

製品ガイド:土木

  • 建築物の3次元情報を安全・確実に1人で計測日経 xTECH Active

    3Dレーザースキャナー

     ライカジオシステムズは、建築や土木の工事現場などの測量やBIM/CIMモデルの作成に用いる3Dレーザースキャナーの分野で、現場ごとの用途に応じたラインアップをそろえ、提供している。

  • 打音検査アプリ、AR技術で画像重ねて位置特定

    AR打音検査アプリ

     ジョーカーピースは、拡張現実(AR)技術を応用してコンクリートや外装タイルの内部欠陥を簡単に点検できる「AR打音検査アプリ」を発売した。三重大学大学院工学研究科の三島直生准教授と共同で開発した。

  • 機能とファッションを両立、スーツ型作業着

    ワークウェアスーツ

     オアシススタイルウェアは、機能性とファッション性を両立させたスーツ型作業着「ワークウェアスーツ」を発売した。

  • 1人で持ち運べる休憩所、短時間で組み立て可能

    エアーQ

     アクティオは、建設現場などの休憩所として使え、短時間で組み立てや解体ができる簡易型ハウス「エアーQ」の発売とレンタルを開始した。

  • 写真から幅0.1mm以上のひび検出、AIで点検時間を半減

    ひびみっけ

     富士フイルムは、橋やトンネルなどのひび割れ点検業務を効率化する社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」の提供を開始した。

  • 4K画像で橋の振動や変位を可視化

    4K画像活用構造物点検サービス

     パナソニックとパナソニックシステムソリューションズジャパンは、4Kカメラと画像処理技術を活用して橋梁などの構造物の点検を効率化できる「4K画像活用構造物点検サービス」の提供を開始した。

  • 置くだけで傾き計測、電池で2年間稼働

    OKIPPA104

     西松建設は、斜面や擁壁、護岸、柱状構造物などに設置するだけで、傾きなどを計測してデータを無線で送信できる傾斜監視システム「OKIPPA104(オキッパテンフォー)」を発売した。

  • 路面調査データをAIが解析、コストを3分の1に

    道路路面診断ソリューション

     NTTフィールドテクノは、路面性状のデータ収集と解析、診断をワンストップで担う「道路路面診断ソリューション」の提供を開始した。

  • 立体メッシュで体温抑制、ハーネスとの間に通気層

     TJMデザインは、建設技能者や作業員の熱中症対策としてファン付き作業服の上からハーネスを付けても風が通る安全帯インナーパッド「CKRフリーサイズ」を発売した。

  • 全ての衛星信号に対応するGNSS受信機

    HiPer HR

     トプコンは、現在運用されている全ての衛星測位システムの信号に対応するほか、新開発の姿勢監視機能も搭載したアンテナ一体型GNSS受信機「HiPer HR」を発売した。

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る