閉じる

オピニオン

  • あなたも年収3000万円超のAI人材になれる

     優秀なAI人材を確保するのが難しい──。この問題は世界中で深刻になりつつある。中国テンセントの調査機関であるテンセント・リサーチ・インスティテュートは「AI人材(タレント)の需給は著しくバランスを欠いている」とする調査結果を報告している。

  • A380・中長距離LCCの難関、航空2社はIT活用で突破なるか

     全日本空輸(ANA)を傘下に持つ持株会社のANAホールディングス(ANAHD)と日本航空(JAL)がここ数年、それぞれ巨額のIT投資を断行している。

  • じわり広がるAI採用、学生の不安を払拭できるか

     2018年6月、2019年4月に入社する新卒学生の選考活動が解禁となった。経団連の指針をよそに、すでに多くの学生が内定を得ているようだ。そのなかで気になるのが、採用活動に人工知能(AI)を活用する動きだ。

  • セブ島で異例の新人研修、次代担うIT人材の育て方

     今年からセブ島で英語とITを学ぶ新人研修をスタートさせたベンチャーがある。企業のシステム開発案件をフリーランスエンジニアに再委託するマッチングサービス事業やゲーム事業を手掛けるギークスだ。聞くに27人の新人全員を3週間セブ島に送り込んだという。

  • 高いスマホ代に悩むが格安SIMは嫌、こう思う人が取るべき唯一の方法

     総務省の家計調査によると2人以上の世帯当たりの通信費は月平均1万3270円(2017年)と20年前より55%増えている。「月々のスマホ代を安くしたい」と悩む人は少なくないだろう。そこで負担を減らす方法を探ってみたい。格安スマホに切り替える手もあるが、ここではNTTドコモなど携帯大手3社との契約を前…

  • 「年齢差別」が広がるIT業界、中高年SEの苦しさ

     IT人材不足が深刻化している。ここで注目を集めているのが45歳以上の中高齢SEだ。実際に活性化するかどうかは、45歳以上のエンジニアが本当に仕事に前向きに取り組めるかどうかに懸かっている。だが、IT業界は長らく年齢差別がはびこってきた。中高年SEの中には、生きづらさを感じる人も多いのではないか。

  • 5.2GHz帯を屋外無線LANに開放、救世主が期間限定では困る

     無線LANは主に屋内で使うものだが、屋外利用も広がっている。特に2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックには大勢の外国人観光客が訪れる。人が密集する場所でも無線LANが快適に使えなければならないが、無線LANで使えるチャネルの不足や使い勝手の悪さが懸念されている。

  • 民泊は楽しい、解禁で踊る企業に個人は冷ややか

     民泊は楽しい。個人的にはそう思っている。今では宿泊先を決める際には、まずは民泊で宿泊先を探す。最適な宿泊施設が見つからなかったときに、初めてホテルを探す。過去4-5回は泊まっていると思う。

  • 最新のPDFビューアーで、ソニーがペンの書き味にこだわった理由

     以前から必要性が叫ばれていたペーパーレス。最近になって企業の取り組みがいよいよ本格化してきた。では、どのような機器を使ったら効果的に進められるのか。

  • 鎌倉時代の制度がヒント、メルカリも出資する金融ベンチャーの新発想

     ベンチャー企業や大企業のデジタルビジネスを取材していると、「よくこんなサービスを思いついたものだ」と舌を巻くことがある。2018年6月1日、ベータ版として登場した。ソーシャル基金サービス「Gojo(ゴジョ)」もその一つだ。

  • CPU性能下げて料金そのまま、AWS仮想マシンの新オプションが歓迎されるわけ

     2018年5月8日(米国時間)、米アマゾン ウェブ サービスは仮想マシンの新しいオプション設定「Optimize CPUs」の提供を始めた。仮想マシンの処理性能が落ちる一方で、料金はデフォルトのまま変わらない。それでもユーザーに好評という。

  • RISC-Vは新市場でこそ光る、CPUの勢力図は2強対立から3強共存へ

     今回のテクノ大喜利では、「RISC-Vは、Armの牙城を崩せるか?」をテーマに、プロセッサー版Linuxとも呼ばれるRISC-Vの活用シーンとCPUコアの勢力図、そしてそのインパクトなどを議論した。各回答者に投げ掛けた質問は、以下の3つである。

  • 新市場の要求に柔軟に応えられるRISC-Vは、x86やArmと共存する

    オープンな命令セット・アーキテクチャー(ISA)として注目が集まっている「RISC-V(ファイブ)」が、Armなど既存のCPUコアを凌駕する可能性があるか洞察している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者はテカナリエの清水洋治氏である。清水氏のテカナリエはRISC-Vのシルバースポンサーであり、同CPU…

  • 公取・総務省が迫る中古iPhoneの「国内流通活性化」、実現までの遠い道のり

     総務省と公正取引委員会がそれぞれ、携帯電話市場の競争状況に対する監視を強めている。MVNO(仮想移動体通信事業者)の料金水準を左右する接続料水準のあり方や、携帯電話大手による端末販売方法などに並んで、大きな関心を払っているのが、中古スマートフォンの流通実態だ。

  • RISC-Vの特長を生かせるのは、資金が潤沢な大企業だけではないか

     ライセンスフリー、ロイヤルティーフリーのオープンな命令セット・アーキテクチャー(ISA)として注目が集まっているRISC-Vが、Armなど既存のCPUコアを凌駕する可能性があるか洞察している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は某ICT関連企業のいち半導体部品ユーザー氏である。同氏は、そもそも特定C…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る