閉じる

オピニオン

  • 省エネ分野で日本は絶好の事業環境、SiCは絶対に取りこぼしてはいけない

     今回のテクノ大喜利では、SiCパワーデバイスでの日本企業の勝ちパターン、シナリオについて議論した。1番目の回答者は野村證券の和田木哲哉氏である。同氏は、長期的視点から見たパワーデバイスの価値を論じ、そこで日本の半導体業界が強みを醸成し、守ることの重要性を強調している。

  • IT関係者が知ったかぶりをする「エンゲージメント」って何だ

     私にとって謎のワードがある。IT関係者だけでなくマーケターらも度々口にする言葉であり、どうやらデジタル時代のキーワードでもあるらしい。だが私は意味が全く理解できないでいる。その言葉とは「エンゲージメント(engagement)」である。

  • AIをクラウドで自動開発する時代は間近、先んずれば競争に勝つ

     大手パブリック・クラウド・サービスで、AI(人工知能)の開発を自動化する機能が進化している。従来、ユーザー独自のAIを開発するには、機械学習という技術に精通した専門家が必要だったが、このハードルが下がりつつある。

  • もったいないOffice 365、便利なのに使われない2つの隠れキャラ

     多くの企業に米マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」が入り込んでいる。多数の機能を持つサービスである半面、宝の持ち腐れになってしまっている企業が多い。使っていないサービスを使う分には追加のコストは発生しない。思わぬプレゼントだと考え、使い倒して業務効率化の役に立ててみよう。

  • 改元対応で安心はできない、「昭和100年問題」は起こり得るか

     2019年5月1日に迎える改元に向けて、企業や行政による情報システムの改修対応が佳境を迎えている。しかし今回の改元対応だけでは安心できない、新たな“元号”問題を指摘する声が出ている。2025年に迎える「昭和100年問題」だ。

  • 進まぬデータ活用、IoTにラストワンマイルの壁

     海運大手、日本郵船の山田省吾海務グループビッグデータ活用チーム長の言葉を聞いてハッとした。IoTでデータを集められる環境が整ったからといって、そう簡単に「データを分析して異常の予兆を見つけられます」とはならないのだ。

  • レーシングカーはIoTの固まり、あのRPAが佐藤琢磨選手を支える

     筆者はにわかにモータースポーツにはまっている。サーキットでピット裏を歩いていると、各チームのスタッフがパソコンやタブレットに向かっているのが気になった。どうやら、データを見ながら情勢を分析しているようだ。IT記者としては、何をしているかが知りたくなる。

  • メルペイが持つ「冷静な眼」

     ついにメルペイの全貌が明らかになった。当初描いていた構想とは異なる部分も多々ある。だが、競争が激しさを増し、環境が激変する決済業界の中で、時間をかけてでも冷静に勝ち筋を見極めようとしてきたメルペイの眼はさえていた。

  • ゼロックス買収よりもデジタル、富士フイルムで注目すべきこと

     富士フイルムHDがDXに力を入れている。AIなどを活用し、新サービスを生み出したり業務を効率化したりして収益力を高めるためだ。富士フイルムHDといえば、米ゼロックス買収の先行きに注目が集まるが、DXに目を向けると、また違った経営戦略が見えてくる。

  • IBMのコンテナ戦略がハンパない

     米IBMは今、主要ソフトウエアのコンテナ化を徹底的に進めている。アプリケーションサーバー「WebSphere Application Server(WAS)」を軽量化した「Liberty」をはじめ、その数は数百に上るという。IBMのコンテナ戦略が面白い。

  • 還暦COBOLはお荷物なのか?

     1959年に誕生したプログラミング言語のCOBOL(Common Business Oriented Language)は、2019年で生誕60周年を迎えた。人で言えば定年を迎え、これから第二の人生を歩んでもおかしくない年数である。このままひっそりとした余生を過ごすと思いきや、最近COBOL関連の…

  • 仕事はもっと減らせる、記者が見たRPAとAIの破壊力

     自然言語処理技術をうまく活用して、文書データの「意味」を自動的に解釈して仕事を効率化する――。そんな事例やソリューションが増えている。この波はRPAによってさらに大きくなりそうだ。

  • AIやIoT導入前に“PoC疲れ”、ICTに疎い現場に配慮を

    さまざまな業界で人工知能(AI)やIoTを活用した効率的な業務や価値あるビジネスを創出するために、概念実証(Proof of Concept:PoC)を実施するようになった。ところが、意気込んでPoCに取り組んではみたものの、PoCから先に進まないどころか、社員が慣れない膨大な作業に疲れ切る「PoC…

  • 5Gで不安、本当の正念場を迎える格安スマホ事業者

     格安スマホを手掛けるMVNOがいよいよ正念場を迎えそうだ。携帯電話大手の競争激化で消耗戦となれば、MVNOが不利なのは明らか。筆者が最も気になっているのは、5G時代におけるMVNOのビジネスモデルが見えていない点だ。

  • 生き残るために“電子産業の神”を目指す鴻海、関門となる半導体内製は薄氷

    鴻海精密工業グループが、マカオに隣接する中国広東省珠海市に大規模な半導体工場を新設する計画を進めていることが明らかになった。そこで今回のテクノ大喜利では、鴻海の半導体事業の行方を考えるうえでの視点を抽出した。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る