閉じる

オピニオン

  • おじさんへの説明が必要な企業は危ない、DevOps三賢者ほえる

     実践している日本企業は20%。調査会社のIDC Japanが公表したDevOpsに関する調査結果である。実践の具体的な計画を持つ企業を含めると約3割に達する。日本におけるDevOpsやアジャイル開発の先導者は現状をどう見ているのだろうか。

  • イトーヨーカドー跡地でアリババのスーパーが大繁盛、その必然

     2018年6月、週末の昼下がり。記者は中国ITの取材で北京を訪れていた。北京市内の十里堡地区にある大型の商業ビルに入り、エスカレーターで地下1階に向かう。そこにあるのは、中国最大手のEC企業、アリババ集団のグループ会社が経営する食品スーパー「盒馬鮮生(フーマー)」の北京1号店である。

  • 人材不足とは無縁、採用が順調なITベンチャーの謎

     厚生労働省が2018年7月31日に発表した「一般職業紹介状況」によれば、6月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.02ポイント増の1.62倍だった。実に44年ぶりの高水準という。情報処理・通信技術者はどうかというと前月比0.1ポイント増の2.4倍だった。

  • ZOZOSUITのプログラム変更に戸惑う、頼んだスーツは大丈夫か?

     スタートトゥデイはPBの新商品「ビジネススーツ」と「ドレスシャツ」のセットにおいて、採寸スーツ「ZOZOSUIT」の計測と商品サイズ生成のプログラムを刷新してサイズ変更を実施した。出荷開始直前の通告に筆者は戸惑うばかりである。

  • スプラトゥーン2とNATの奥深い関係

     みなさんは「スプラトゥーン2」というゲームをご存じだろうか。任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」向けのオンラインゲームだ。多くのプレーヤーが楽しんでいるスプラトゥーン2だが、快適にプレーするにはネットワーク技術が大きく関わっていることはあまり知られていない。

  • 時代に染まらず、独自の色を発し続ける京都系メーカーの凄み

     日本電産、任天堂、ロームと、京都に拠点を置く電気・電子関連企業の社長が相次いで交代した。いずれも、会社の業績が伸びている状況での社長交代である。

  • Twitterは最強のアイデアプロセッサー、こんな使い方もアリ

     今や私にとってTwitterは最強のアイデアプロセッサーである。いやぁ、こんなに有用だとは思わなかった。日経 xTECHのコラム「極言暴論」の記事を書く時、ネタを記事へとブラッシュアップする時、これほど有用なツールはない。

  • 大田区とシリコンバレーの強みを兼ね備えた街、それが京都

     京都系メーカーの強さの理由、そこから学べること、世界の電気・電子産業を取り巻く環境の変化を鑑みた将来について議論している今回のテクノ大喜利。3番目の回答者は、某ICT関連企業のいち半導体部品ユーザー氏である。同氏は、強いものづくりを醸成する力になる地域の連携に着目し、町工場が密集する大田区やハイテ…

  • モバイルバッテリーのレンタル、何がうれしいか

     夏休み。飛行機で遠出するなら、旅行カバンの中身には注意したほうがよい。液体を詰めてはいけないんでしょう?それも確かにそうだが、最近個人的に注意しているのは、スマートフォンやデジタルカメラなどの充電に使うモバイルバッテリーだ。

  • あなたのストレスはどこから?仕事の不満を引き起こす3大要素

     「権限、裁量、支持――。ビジネスパーソンが業務でストレスを感じるのは、この3つのうちのどれかが、自分の仕事を進めるうえで十分に与えられていないときなんですよ」。ある企業の元CIO(最高情報責任者)から、職場ストレスの発生原因についてこう聞いたとき、私はなるほどと膝を打った。

  • 京都は学問の街、まねを嫌う気風が世界に通じる独創力を培う

     IT産業やものづくり産業、とりわけハイテクに関わる産業は、大学や研究機関が生み出した成果、それらが持つインフラ、輩出する人材を基盤として生み出されることが多い。最先端の科学技術に基づいて、製品やサービスが作られているのだから当然といえば当然だ。このため、戦略的にハイテク産業の競争力を養う際には、大…

  • 変化が激しい時代こそ、京都系メーカーのブレない“らしさ”が強み発揮

    日本電産、任天堂、ロームと、京都に拠点を置く電気・電子関連企業の社長が相次いで交代した。いずれも、会社の業績が伸びている状況での社長交代である。今回のテクノ大喜利では、「孤高のものづくり、京都系メーカーはなぜ強い」と題して、京都系メーカーの強さの理由、そこから学べること、世界の電気・電子産業を取り巻…

  • 携帯電話の「2年縛り」、抜本見直しが進まない理由

     携帯電話大手3社が、再び「2年縛り」契約の見直しを進めている。総務省は大手3社に対してMVNO(仮想移動体通信事業者)支援策や「2年縛り」の改善など11項目の行政指導を出した。この行政指導を受けた動きだ。

  • アプリの使いやすさは「台本」で決まる

     利用者になりきって「台本」を書く――。といっても、演劇や映画の話ではない。米アマゾン・ドット・コムの「Amazon Echo」や米グーグルの「Google Home」といったAI(人工知能)スピーカーのアプリ開発について取材したとき、何が重要かと聞いて、出てきた答えだ。

  • 世界の中で類を見ない、ソニー独自の半導体ビジネスの始まりか

     ソニーが、半導体事業、とりわけイメージセンサー事業への投資を強化することが明らかになった。同社は、2018年5月22日に公表した中期経営計画の中で、今後3年間で累計2兆円以上の営業キャッシュフローを稼ぎ出し、半導体事業を中心に最大1兆円の設備投資を行うとした。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る