閉じる

ニュース

  • CO2を回収して利用、出光・宇部・日揮など研究会

     出光興産、宇部興産、日揮の3社は6月10日、火力発電所や工場から排出されるCO2を回収して固定化し、資源へ転換する新技術の開発を目指す研究会「CCSU研究会」を設立したと発表した。

  • 3GPPが最新の5G活動報告、V2Xや無人飛行、スマート工場など

     移動通信の標準化団体である3GPP(Third Generation Partnership Project)は2019年6月7日、リリース16、リリース17に向けた活動に関する3GPP SA6ワーキンググループ議長を務めるSuresh Chitturi氏からのレポートを公開した。

  • 僧侶が設立したTERA Energy、再エネ70%以上の電力を供給

     宗派を超えた有志僧侶が設立した電気小売事業者TERA Energy(京都市)は6月3日、中国電力管内の寺院・飲食店・一般家庭向けに電力供給を開始した。再生可能エネルギー70%以上の電力を供給する。

  • インフォミクス、遠隔出力制御向け通信機器パック

    電力可視化サービス「電力見える化本舗」を運営するインフォミクス(三重県四日市市)は6月7日、太陽光発電遠隔監視システムの新製品「遠隔出力制御専用通信機器パック(モデル-N)」を販売開始した。

  • FCAとAurora、大型トラックなどの商用車向け自動運転を共同開発

     米FCA(FCA US)は2019年6月10日、米オーロラ・イノベーション(Aurora Innovation)と自動運転機能を搭載した商用車を共同開発する覚書に署名したと発表した。Auroraは、ハードウエア、ソフトウエア、データサービスを含む自動運転プラットフォーム「Aurora Driver…

  • チリの銅鉱山、全使用電力を石炭火力から再エネに転換

    チリのアントコヤ銅鉱山は、2022年度以降の操業に使う電源を石炭火力から100%再生可能エネルギーに転換する。5月23日、仏大手エネルギー事業者ENGIEの現地子会社ENGIE Energía Chileと電力購入契約を締結した。

  • 鹿児島市に49MWのバイオマス発電所が完工、パーム椰子殻など利用

    IHIや東京センチュリーなど8社が設立した七ツ島バイオマスパワー合同会社(鹿児島市)は5月8日、鹿児島市七ツ島にバイオマス発電所を建設し、5月7日に全体竣工したと発表した。

  • USB 3.0などに向けたESD保護ダイオード、トレックスが発売

     トレックス・セミコンダクターは、端子間容量が0.40pF(最大値)と小さい静電気放電(ESD)保護ダイオード「XBP141P」を発売した。いわゆる過渡電圧サプレッサー(TVS:Transient Voltage Suppressor)である。外部インターフェースに近接して実装し、ESDによって発生…

  • 工場へのサイバー攻撃対策を支援するコンサル開始

     日立製作所は、サイバー攻撃による工場の事業停止リスクを分析し、事業継続計画(BCP)の策定を支援するコンサルティングサービス「工場向けサイバーBCPリスクアセスメント」を2019年6月11日から提供する。同社の工場で適用してきたセキュリティー対策のノウハウを生かして、メニューを開発した。

  • 三菱マテリアル、独シュツットガルトに技術支援拠点

     三菱マテリアルの加工事業カンパニーは、ドイツのシュツットガルトに技術サポート拠点「シュツットガルトテクニカルセンター」〔Mitsubishi Materials technology & Education Center Stuttgart:MTEC Stuttgart〕を開設した。欧州全域のユー…

  • Al合金の溶接でビードの割れやブローホールの発生を抑制

     古河電気工業は、自動車用アルミニウム(Al)合金の溶接品質を高めるファイバーレーザー溶接技術を開発した。ビードの割れや溶接内部のブローホールなど、Al合金の溶接で発生しやすい欠陥を大幅に抑えられるという。自動車用パネル材や構造材の溶接に適用することで、車体の軽量化による燃費向上と二酸化炭素排出量の…

  • 全てを疑う「ゼロトラスト」セキュリティー製品、パルスセキュアが「Pulse SDP」発売

     パルスセキュアジャパンは2019年6月12日、「ゼロトラスト(Zero Trust)」セキュリティーを実現する「Pulse SDP(Software Defined Perimeter)」を発売する。

  • 核融合発電、一歩前進 プラズマの電子温度6400万度達成

     核融合科学研究所は2019年6月10日、核融合条件の1つであるイオン温度で1億2000万度を維持したまま、電子温度を従来の1.5倍となる6400万度に上昇させたプラズマの生成に成功したと発表した。将来の核融合炉の実現に、「大きく前進した」(同研究所)という。

  • 携帯違約金「1000円上限」に暗雲、有識者会議で異論噴出

     総務省は2019年6月11日に有識者会合を開き、携帯電話料金の競争を促すことを目的にした改正電気通信事業法の施行規則に向けた総務省案を示した。焦点となっている「2年縛り」契約の違約金については「上限1000円」、端末の値引き幅を「上限2万円」などとした。

  • バイト給料の即日受け取りで「手数料ゼロ」のキャンペーン、タイミーとセブン銀が提携

     単発アルバイトのマッチングアプリを提供するタイミーは2019年6月11日、都内でセブン銀行との業務提携について発表会を開いた。提携により、セブン銀行の「リアルタイム振込機能」を使って給与の即時払いを可能にする。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る