閉じる

お知らせ

ニュース

  • ストレス臭をケア、資生堂が新製品発表

     緊張やストレスを感じる状況にいると、体内から硫黄化合物系の独特な臭いが発せられる――。化粧品大手の資生堂は、そんな「ストレス臭」を発見したと2018年10月に発表した。そして2019年2月中旬、ストレス臭をケアできるデオドラント製品を発売する。

  • エクストリーム、「Wi-Fi 6」対応の無線LANアクセスポイント

     エクストリーム ネットワークスは2019年2月15日、無線LANアクセスポイントの新製品「ExtremeMobility 500」シリーズを発表した。屋内向けの3機種と屋外およびスタジアム向けの2機種の計5機種で、いずれも次世代の無線LAN規格「Wi-Fi 6」のドラフト版に対応する。

  • 赤外光を電気に変換できる透明材料、京大など開発

    京都大学、豊田工業大学、徳島大学、産業技術総合研究所(産総研)らの共同研究グループは2月13日、赤外光を電気や信号に変換できる無色透明な材料を開発したと発表した。

  • 都内の事業ビルで初めて、「Nearly ZEB」を取得

    東急コミュニティー(東京都世田谷区)は2月8日、東京都目黒区に建設中の「東急コミュニティー技術研修センター(仮称)」において、国土交通省の建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の「Nearly ZEB」認証を取得したと発表した。

  • 原因はダイヤ改正に伴うプログラム改修の不具合か、新幹線の自動券売機トラブル

     2019年2月15日にJR各社で新幹線の自動券売機が使えなくなったトラブルで、2019年3月16日のダイヤ改正に伴うプログラム改修の不具合が原因だった可能性が高いことが分かった。JR各社が出資する鉄道情報システムの担当者が明かした。

  • 東海道新幹線などで券売機使えず、前夜のシステム改修が原因か

     JR東海は2019年2月15日、東海道新幹線が停車する全駅で、一部の券売機が使えなくなったと明らかにした。JR東日本やJR西日本などでも同じようなトラブルが起こっている。14日夜にJRグループの旅客販売総合システム「MARS(マルス)」を改修しており、今回のトラブルとの関連性を調べている。

  • 7部門で首位交代、「パートナー満足度調査 2019」結果発表

     システムインテグレータやリセラーといったIT業界のパートナー企業に製品ベンダーや通信サービス事業者などについての評価を尋ねる「パートナー満足度調査」は今回が21回目。「サーバー」などのハードウエア製品と「データベースソフト」などのソフトウエア製品、「ネットワークサービス」などの合計16部門で満足度…

  • 機械学習コアの内蔵で解析も可能な6軸慣性計測ユニット、STマイクロが発売

     伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロ)社は、解析用の機能ブロックを内蔵した6軸慣性計測ユニット(IMU:Inertial Measurement Unit)「LSM6DSOX」を発売した。同社のIMUファミリーである「iNEMO」に含まれる製品である。3軸加速度センサーと3軸…

  • 10Gbps信号を100m伝送できるアクティブ光ケーブル、日本モレックスが発売

     日本モレックスは、10Gビット/秒(bps)の信号を最大100m伝送できるアクティブ光ケーブルを発売した。同社は「アクティブ光ケーブル(AOC)アセンブリ」と呼ぶ。伝送媒体は、マルチモード光ファイバーである。その両端に電気/光変換器を接続し、高速な電気信号を光信号に変換して最大100mの長距離伝送…

  • オン抵抗を48%削減した車載用40V耐圧MOSFET、NexperiaがLFPAK33封止品

     オランダNexperia社は、同社従来品に比べてオン抵抗を48%削減した+40V耐圧のMOSFETを発売した。同社の製造技術である「Trench 9」で製造したMOSFETチップを、実装面積が3.3mm×3.3mmと小さいLFPAK33パッケージに封止した。DPAK封止品と比較すると実装面積を80…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る