閉じる

ニュース

  • 「業界最小」の電圧駆動型フォトリレー、半導体テスターなどに向けて東芝が発売

     東芝デバイス&ストレージは、外形寸法が2.0mm×1.45mm×1.3mmと小さいS-VSONR4パッケージに封止した電圧駆動型フォトリレーを発売した。駆動電圧(DC電圧)が異なる2シリーズを用意した。1つは、+1.8V駆動に対応した「TLP34xxSRLシリーズ」。もう1つは、+3.3Vと+5V…

  • TIが車載向けに、CAN FD制御回路とトランシーバーを集積したIC

     米Texas Instruments(TI)社は、CAN FD(Controller Area Network with Flexible Data Rate)に対応した制御回路とトランシーバー回路を集積した車載機器向けIC「CAN4550-Q1」を発売した。同社は、発売したICを「SBC(Sys…

  • 京大、色素増感太陽電池で新材料、効率15%も視野に

     京都大学は6月13日、現在世界最高のエネルギー変換効率を実現しているポルフィリン色素を上回る性能を示す、新規ポルフィリン色素を開発したと発表した。有機太陽電池の一種である色素増感型太陽電池の実用化に向けた大きな一歩になると期待される。

  • アシックス、ロボットでシューズ部品の貼り合わせ工程を自動化

     アシックスは、ロボットを活用した自動生産システムを100%子会社の山陰アシックス工業(本社鳥取県境港市)に導入した。山陰アシックス工業は、タウンユース向けシューズの生産に同システムを利用し、生産効率を高める。

  • 住友電工ハードメタル、東日本に物流拠点

     住友電気工業の100%子会社で切削工具やレーザー用光学部品などの開発・製造を手がける住友電工ハードメタル(本社兵庫県伊丹市)は、千葉県柏市に切削工具の物流拠点「東日本ロジスティックセンター」を開設した。ニュースリリース)。「関西ロジスティックセンター」(大阪市)に次ぐ国内2番目の拠点。新拠点の稼働…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る