閉じる

ニュース

  • 0.1°の角度分解能で塵埃の誤検知を防止

     イリス(本社東京)は、高分解能レーザーの搭載によって誤検知を減らしたセーフティースキャナー「RSL 400」シリーズを発売する(図1)。開発・製造はドイツのロイツェエレクトロニック(Leuze electronic)。ロボットや工作機械、無人搬送機の周辺で人の侵入を検知し、機械を停止させるのに使う…

  • タンガロイ、工具径8~16mmの刃先交換式高送りカッター

     タンガロイ(本社福島県いわき市)は、刃先交換式の小径高送りカッター「TungForce-Feed」(タングフォースフィード)シリーズを2018年11月21日から販売する。工具径は8~16mmで、最大切り込みは0.5mm。金型の形状加工や一般加工において、従来製品から生産性と経済性を高められるという…

  • 1位はキヤノン、精密機器業界の特許資産

     パテント・リザルト(本社東京)は、精密機器業界の各社が保有する特許資産を評価し「精密機器業界 特許資産規模ランキング」にまとめた。2017年4月1~2018年3月に登録された特許について個別特許の注目度を得点化する指標「パテントスコア」を用いて評価した結果、1~3位はキヤノン、リコー、セイコーエプ…

  • STMicroが1700V耐圧のハーフブリッジ・ゲート・ドライバーIC、最大駆動能力は4A

     伊仏合弁STMicroelectronics社は、+1700V耐圧のガルバニック絶縁を備えたハーフブリッジ・ゲート・ドライバーIC「STGAP2D」を発売した。デュアルチャネルのゲートドライバーICであり、ハーフブリッジ回路を駆動できる。最大駆動能力は、シンク(吸い込み)時とソース(吐き出し)時の…

  • DialogがIoT端末向けパワーマネジメントIC、バッテリー充電機能も搭載

     英Dialog Semiconductor社は、IoT端末に向けたパワーマネジメントIC(PMIC)「DA9070/DA9073」を発売した。降圧型DC-DCコンバーター回路や昇圧型DC-DCコンバーター回路、LDOレギュレーター回路、リニア方式のバッテリー充電回路などを1チップに集積した。特徴は…

  • JOMDD子会社へマクニカが1億円の出資

    日本医療機器開発機構(JOMDD)は、同社子会社であるSave Medicalが、マクニカから総額1億円の出資を受けたことを発表した。

  • 睡眠・疲労回復サポートサービスで資本提携、東京ガスとエコナビスタ

    東京ガスとエコナビスタは、睡眠や疲労回復などの健康をサポートするサービスを共同開発することを目的に、資本業務提携契約を締結した。東京ガスは、ガス・電気・サービスをまとめたお得なプランとして「ずっともプラン」を展開する中、同プランの拡充のためにスタートアップ企業への投資・協業を検討している。今回のエコ…

  • 北陸電力も「卒FIT」買取を表明、2019年度に9100件が「満期」

    北陸電力は11月15日、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了した「卒FIT」の住宅太陽光から発電電力を継続的に購入する方針を発表した。現在、顧客ニーズを踏まえたサービスを検討し始めており、具体的な買取メニューは2019年4月頃に発表する予定。

  • スパークスの「再エネファンド」、トヨタに加えメガバンク2行と中電が出資

    スパークス・グループは11月9日、同社とトヨタ自動車で設立した「未来再エネファンド」に関して、新たに3社が出資し、スパークス子会社のスパークス・アセット・マネジメントが運用を開始したと発表した。

  • グーグルのクラウド事業トップが交代、後任は元オラクルのクリアン氏

     米グーグルは2018年11月16日(米国時間)、クラウド事業「Google Cloud」のCEOを務めるダイアン・グリーン氏が2019年1月で退任すると発表した。後任には米オラクルで最近まで製品開発担当のプレジデントを務めていたトーマス・クリアン氏が就任する。

  • GEヘルスケアが「Vscan」の最新バージョン

    GEヘルスケア・ジャパンは2018年11月16日、携帯型の超音波診断装置「Vscan Extend」の最新バージョンである「Vscan Extend R2」(ヴィースキャン・エクステンド・アールツー)の発売を開始した。診断時に役立つ定量的なアプリケーションなどを新たに搭載した。

  • 東急電鉄が緊急時の情報共有や乗客案内をスピードアップ、Boxアプリで

     クラウド型ファイル共有サービスの米Boxの日本法人、Box Japanは2018年11月16日、「鉄道業界フォーラム2018」を開催した。鉄道会社や情報システム子会社18社の担当者が参加した。国内の鉄道業界に同社ユーザーが増えており、情報交換の場を設けた。

  • 「顔認証導入を検討、インターロックにも関心」、JAL赤坂社長がパイロット飲酒問題対策で

     日本航空(JAL)の赤坂祐二社長は2018年11月16日、10月にパイロットが酒気帯びで乗務しようとした疑いで英国警察に逮捕された問題で記者会見を開き謝罪した。赤坂社長は「新技術で検査精度を高めたり検査手法を改善したりできる可能性もある。いち早く採用してさらに対策を強化したい」と表明した。

  • 楽天とヤフーが「規制するなら海外企業も同様に」、GAFA規制の検討会で主張

     巨大IT企業に対するデータ独占や不公平な取引に関する規制を議論している政府の有識者会合「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会」は2018年11月16日、関係企業を招いた公開ヒアリングを開催した。

  • BoCoの骨伝導イヤホン、SHIBUYA TSUTAYAで先行公開

     骨伝導を使ったデバイス開発などを手掛けるベンチャー企業のBoCoは2018年11月16日、「SHIBUYA TSUTAYA」で新型骨伝導イヤホン「earsopen WR-5 HK-1002」の先行展示を始めた。資金調達にはCCCグループのクラウドファンディングサイトを利用した。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る