閉じる

ニュース

  • 「年5万ドルまで使い放題」、セールスフォースがスタートアップ支援プログラム

     CRM(顧客関係管理)クラウドサービス大手のセールスフォース・ドットコムは2019年5月21日、国内スタートアップ企業のアプリケーション開発を支援する「Herokuスタートアッププログラム」を同日から始めたと発表した。

  • 渦中のファーウェイ、日本代表が「米規制に反対」しながら訴えたこと

     「米国政府の決定に反対し、粘り強く米国の規制に対応していく。これが我々にとっての再出発になると信じている」。中国の通信機器最大手である華為技術(ファーウェイ)の呉波ファーウェイデバイス日本・韓国リージョンプレジデントは2019年5月21日、米国政府による同社への規制についてこう話した。

  • クラウドBIのDomoが機械学習強化、Amazon SageMakerと連携

     BI(ビジネスインテリジェンス)のクラウドサービスを提供する米ドーモ(Domo)は2019年5月21日、同社のサービス「Domo」に新機能を順次追加すると発表した。機械学習やIoT(インターネット・オブ・シングズ)、ダッシュボードの機能を強化し、デジタル変革(DX)の支援ツールとして拡販を目指す。

  • 名古屋の民放4社、巨大災害に備えヘリコプター共同取材で覚書

     名古屋市に本社を置き愛知県・岐阜県・三重県をエリアとする民間放送4社(CBCテレビ、東海テレビ放送、名古屋テレビ放送、中京テレビ放送)は2019年5月20日、巨大災害時にヘリコプター共同取材を行う覚書を締結したと発表した。

  • MBS、無料の音声配信サービス運営のRadiotalkに資本参加

     MBSメディアホールディングスとXTechは2019年5月20日、XTechの子会社であるRadiotalkがMBSメディアホールディングスの100%子会社であるMBSイノベーションドライブから約1億円の資金調達を実施し、資本・業務提携したと発表した。

  • グーグルが企業向け「Glass」の新版、AR専用チップで性能強化

     米グーグル(Google)は2019年5月20日(米国時間)、業務用スマートグラスの新製品「Glass Enterprise Edition 2」を発表した。専用OSから汎用のAndroidにOSを切り替え、アプリケーション開発やデバイス管理を容易にした。危険な環境に向いた安全性の高いフレームも用…

  • 東電、再エネの「ノンファーム型接続」を千葉方面に試行的に導入

    東京電力パワーグリッド(東電PG)は5月17日、再生可能エネルギーの接続可能量を増やす試みとして、「日本版コネクト&マネージ(C&M)」の1つである「ノンファーム型接続」を千葉方面の基幹系統を対象に試行的に導入すると発表した。

  • 国内AIシステム市場は2023年に18年比7倍へ、IDC Japanが予測

     IDC Japanは2019年5月21日、国内AI(人工知能)システムの市場予測を発表した。2018年から2023年までの年間平均成長率は46.4%で、2023年の市場規模は2018年に比べて約7倍となる3578億円と予測した。

  • 地域間連系線の増強コストは全国で負担、FIT賦課金方式も視野

    経済産業省は5月16日、電力レジリエンス小委員会の第3回会合を開催し、地域間連系線を増強する際のコスト負担に関し、全国大で回収する仕組みとし、固定価格買取制度(FIT)のような賦課金方式も選択肢とした。

  • 米FCCがスプリントとTモバイルの合併をついに支持、でも残る次の壁

     米連邦通信委員会(FCC)は2019年5月20日(米国時間)、ソフトバンクグループ傘下で米携帯電話4位のスプリント(Sprint)と同3位のTモバイルUS(T-Mobile US)の経営統合を支持する委員長らの声明を公表した。今後、数週間以内に承認される見通し。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る