閉じる

ニュース

  • 東京メトロとNTTが協業、ビッグデータ解析で東京五輪時の混雑緩和へ

     東京メトロとNTTは2019年7月29日、ITを活用して東京圏の活力を高めるために3つのテーマで協業すると発表した。東京メトロの山村明義社長は「2社は東京の交通と通信を支えている。両社の経営資源を掛け合わせて、さらなる東京の発展に貢献していく」と述べた。

  • 日立の2019年4~6月期は純利益が過去最高、IT事業が好調

     日立製作所は2019年7月29日、2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)を発表し、純利益は前年同期比14%増の1203億円だった。純利益は第1四半期として過去最高を更新した。市況悪化を受けて日立金属や日立化成といった上場子会社の業績が低迷したが、ITセグメントなどが好調だった。

  • 「業界初」の5GHz対応フェライトビーズ、村田製作所が無線LAN向けに発売

     村田製作所は、5GHzの周波数帯域に対応したフェライトビーズ「BLF03VKシリーズ」を発売した。同社によると、「5GHz帯の雑音対策に特化したフェライトビーズの発売は業界初」という。5GHz帯を利用する無線LAN(Wi-Fi)機器の雑音対策に向ける。「無線LAN機能を搭載する機器自体が5GHz帯…

  • 自己消費電流が5.0μAと少ない1A出力のLDOレギュレーターIC、エイブリックが発売

     エイブリックは、自己消費電流が5.0μA(標準値)と少ないながらも、最大出力電流が1Aと大きい車載機器向けLDOレギュレーターIC「S-19214シリーズ」を発売した。同社によると「業界トップクラスの低自己消費電流を達成した」という。現在、自動車に搭載される電子制御ユニット(ECU)は増加の一途を…

  • 4.5〜40V入力に対応した車載機器向けLEDドライバーIC、ダイオーズが発売

     米Diodes(ダイオーズ)社は、+4.5〜40Vの入力電圧範囲に対応した車載機器向けLEDドライバーIC「AL8860Q/AL8861Q」を発売した。アイドリングストップ時に車載バッテリーの電圧低下が発生しても、LEDを駆動し続けられる。最大40W出力のLEDストリングを駆動可能だ。車載用半導体…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る