閉じる

ニュース

  • 中国電力、隠岐「ハイブリッド蓄電池」の成果を公表

    中国電力は、島根県の隠岐諸島に「ハイブリッド蓄電池システム」を設置し、2015年9月から実証した。このほど環境省に事業報告書を提出した。今後も同システムを継続利用する。

  • 東邦ガスとJXTGエネルギー、「卒FIT」太陽光の買取単価を公表

    東邦ガスは5月9日、「卒FIT」住宅太陽光発電に対応した余剰電力買取サービスを発表した。同社が余剰電力を買い取る「Aプラン」と、グルメ、旅行、暮らしまわりサービスなどのラインアップから好きなサービスを選べる「Bプラン」の2種類を用意した。

  • ヤマハ発動機がDMPに出資、自動運転の技術開発を加速

     ヤマハ発動機は、IPコアプロバイダーのディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)に出資する。自動運転技術などの開発に向けて、DMPが持つGPUコア資産や人工知能(AI)に関する知見を活用する。

  • 東洋ゴムチップ、工場を「再エネ100%」に転換

    エンビプログループの東洋ゴムチップ(群馬県前橋市)は、5月1日から自社工場で消費する電力を100%再生可能エネルギーに切り替えた。エンビプロ・ホールディングスが同日発表した。

  • 丸紅、米GridMarketに出資、分散電源事業を強化

    丸紅は5月8日、2014年に設立されたスタートアップ企業で太陽光発電設備や蓄電池などの分散型電源案件の開発支援サービスを提供する米GridMarketに4月3日付で出資したと発表した。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る