閉じる

ニュース

  • 「量産品では最大容量」、8MビットReRAMを富士通セミコンが発売

     富士通セミコンダクターは、8MビットReRAMである「MB85AS8MT」の提供を2019年9月から始める。同社によれば、8MビットはReRAMの量産品としては世界最大容量だという。

  • 15Mビット/秒対応のフォトカプラー、ルネサスが発売

     ルネサス エレクトロニクスは、15Mビット/秒のデータ伝送速度に対応したフォトカプラーを3製品発売した。3製品の違いは、絶縁耐圧にある。「RV1S9160A」は3.75kVrmsで、プログラマブル・ロジック・コントローラー(PLC)やI/O機器など向け。「RV1S9060A」は5kVrmsで、20…

  • 1050V耐圧のMOSFETを内蔵したスイッチング電源IC、STマイクロが発売

     伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロ)社は、+1050V耐圧のnチャネル型パワーMOSFETを内蔵したスイッチング電源(AC-DCコンバーター)IC「VIPer26K」を発売した。ダイオードブリッジ回路で整流した交流(AC)電圧を入力とし、低い直流(DC)電圧に変換して出力す…

  • iPS細胞の山中教授、がん治療法の開発のために「IT業界の力を貸して」

     「一人一人に合った治療を行うため個人の健康に関するデータを集めることが重要だ」――。楽天は2019年8月2日、「Rakuten Optimism 2019」で「医療最前線:がん治療の革命児たち」と題したパネルディスカッションを開催。登壇した京都大学iPS細胞研究所(CiRA、サイラ)教授の山中伸弥…

  • 家庭のテレビでオンライン診療、J:COMが2021年度に

     ジュピターテレコム(J:COM)は、ケーブルテレビのインフラを活用したオンライン診療や健康相談、バイタルデータ管理などを含む「総合ヘルスケアサービス」を、2021年度に商用化することを目指すと発表した。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る