閉じる

ニュース

  • デンソーがヘルスケア事業をカーブアウト、スマート治療室の要のシステム普及へ

     デンソーは、医療向け情報プラットフォーム事業をカーブアウトし、ベンチャーキャピタルと新会社を設立した。東京女子医科大学などで稼働している「スマート治療室」の鍵となる技術を普及させる。今回のカーブアウトに伴い、デンソーで手掛けるヘルスケア事業はなくなるが、将来に向けた探索研究は続けるとした。

  • ファナック・日立・ドコモ、製造現場での5G活用で共同検討

     ファナックと日立製作所、NTTドコモの3社は共同で、製造現場の高度化に向けた第5世代移動通信方式(5G)の活用について検討を開始する。工場・プラント内の完全無線通信を目指す取り組みの第1弾として、ファナックの本社工場と日立の大みか事業所の製造現場に5Gを導入し、電波伝搬測定と伝送実験を実施。工場・…

  • プレス成形解析や荷重計算を実行、計算時間を1/4〜1/2に短縮

     サイベックコーポレーションは、米MSCソフトウェアの成形加工シミュレーションソフト「Simufact Forming」を活用し、超精密金型の納期短縮とコスト削減を実現した。MSCの日本法人であるエムエスシーソフトウェア(本社東京、以下MSC)が発表した。超精密金型の製品実現性の検討やプレス工程の設…

  • ソフトバンクGが出資する製薬ベンチャー、AIと新薬で大日本住友製薬と提携

     大日本住友製薬は中長期的な成長に向けて、製薬ベンチャーの英Roivant Sciences(ロイバント サイエンシズ)と戦略的提携に関する基本合意書を締結した。ロイバント サイエンシズは、ソフトバンクグループが運営している「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が2017年から出資しており、新しい研究…

  • 「プログラムを書くことで人間がわかる」、CEDEC 2019で中島秀之札幌市立大学学長が講演

     横浜市で9月4日から開催中のゲーム開発者会議「CEDEC 2019」の3日目、著名な人工知能(AI)研究者である中島秀之札幌市立大学学長が基調講演に登壇、「プログラムを書くことによって人間がわかるという面もある」と、AI研究のもう一つの側面を指摘した。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る