閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

ニュース

  • ヤフー・LINE経営統合の遠因になった「あのサービス」、今後の火種になる恐れも

     ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)と対話アプリのLINEが2019年11月18日に経営統合で基本合意した。実は統合の決断を後押ししたのが「PayPay」だった。ZHDとLINEの経営統合でスマホ決済分野で巨大連合が生まれるかにみえるが、スムーズに事が進むかは不透明だ。

  • 民放の配信コンテンツに限定して動画広告展開、電通らが新サービス

     電通は2019年11月19日、民放のキャッチアップ配信サービスのコンテンツ内にインストリーム動画広告(動画内に流れる広告)を配信する「Premium Reserveインストリーム動画広告」の提供を同日に開始したと発表した。電通デジタルおよびサイバー・コミュニケーションズ(CCI)と共同で展開する。

  • ウルシの樹液と繊維から100%バイオマスの熱硬化性材料

     東京都立産業技術研究センター(都産技研)と漆塗り製品の製造・企画・販売を手がけるj's(本社東京)は、ウルシの樹液(以下、漆)と植物繊維のみを使った成形材料「サスティーモ」と加工技術を開発。「産業交流展2019」(2019年11月13~15日、東京ビッグサイト)に出展した。

  • ヤンマーES、コジェネで農業残さの「もみ殻」を有効活用

     ヤンマーエネルギーシステム(本社大阪市)は、もみ殻を燃料として用いるコージェネレーションシステム(CGS)「もみ殻ガス化発電システム」を開発。2019年8月、約200Haの農地で米や野菜を生産するフクハラファーム(本社滋賀県彦根市)の敷地内に設置し、実証を開始した。もみ殻の処理にかかるコストを減ら…

  • 63~4000Hzを高効率に吸音するユニット、都産技研と若林音響が開発

     東京都立産業技術研究センター(都産技研)は若林音響(本社東京)と共同で、幅広い周波数帯域に対応する吸音ユニットを試作した。機械設備や建設工事現場で発生しやすい100Hz以下の低周波音から4000Hzの高周波音まで、さまざまな騒音の低減が可能という。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る