閉じる

ニュース

  • 「DXの本質は挑戦し続ける企業文化」、経産省・和泉氏

     札幌市で開催中のデジタル変革をテーマにした大型イベント「札幌デジタルイノベーション 2019」(主催:日経BP)。2日目の2019年7月19日のKEYNOTEには、経済産業省 商務情報政策局情報産業課の和泉憲明氏が登壇した。「DX(デジタルトランスフォーメーション)で『2025年の崖』を越えてデジ…

  • EUの衛星測位システムGalileoの障害、全停止から1週間で復旧

     欧州連合(EU)の全球測位衛星システム「Galileo(ガリレオ)」は、1週間にわたり続いていたシステム全停止の障害から復旧した。EUの専門機関でGalileoを運営・監督する欧州全地球航法衛星システム監督庁(GSA)が2019年7月18日に明らかにした。

  • 「自動運転は手段にすぎない」、SBドライブ佐治氏

     SBドライブの佐治友基社長兼CEOは2019年7月18日、法人向けイベント「SoftBank World 2019」で講演し、2020年の実用化を目指す自律走行バスへの取り組みを紹介した。

  • 富士通と能楽協会、ウエラブル端末で能楽を体感

     富士通と能楽協会は2019年7月18日、ICT分野でパートナーシップ契約を結んだと発表した。能楽協会と日本能楽会が2020年7~9月に開く「東京2020オリンピック・パラリンピック能楽祭」に向け、ICTを活用して新たな鑑賞体験を提供したり、チケット販売の利便性を高めたりすることを目指す。

  • 「クラウド化は変革のキッカケ」、みずほの黒須氏がAWS活用法を講演

     ICTによるデジタル変革をテーマにした大型イベント「札幌デジタルイノベーション 2019」(主催:日経BP)で、みずほフィナンシャルグループ(FG)の黒須義一リテール・事業法人業務部 IT・システム企画部 参事役、CCoEが同社のクラウド活用のポイントを講演した。

  • チャットボット開発を1時間で、米ペテュームがAIを組み込んだRPAソフトを発表

     AI(人工知能)プラットフォームを提供する米ペテューム(Petuum)は2019年7月18日、AIを組み込んだソフトロボを開発・実行するソフト製品「Petuum Neurobots」を発表した。簡単に開発できるチャットボットなど4種類から成る。

  • 「チャットボットは作ってからがスタート」、ビースポーク・長野氏

     札幌コンベンションセンターで開催している「札幌デジタルイノベーション 2019」の2019年7月18日のKEYNOTEでは、ビースポーク 執行役員兼日本地区統括本部長の長野資正氏が「観光業界におけるデジタライゼーションと、AIチャットボットの持つ可能性」と題して講演した。

  • 大林組などが油圧ショベルの自律運転システム、土砂の積み込みを自動化

     大林組とNEC、大裕は2019年7月18日、「バックホウ自律運転システム」を共同開発したと発表した。バックホウとはいわゆる油圧ショベルのこと。同システムにより、土砂のダンプトラックへの積み込み作業を自動化できる。

  • 「日本はAI後進国、かなりやばい」、ソフトバンクGの孫氏が危機感あらわに

     ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は2019年7月18日、法人向けイベント「SoftBank World 2019」で講演し、「日本はいつのまにかAI(人工知能)後進国になってしまった。手遅れではないかもしれないが、かなりやばい」と日本の現状に危機感をあらわにした。

  • KELK、モーターの排熱で稼働する振動センサー

     KELK(神奈川県平塚市)は、熱電発電モジュール「KELGEN」(ケルジェン)を搭載した製品のラインアップを拡充する。従来の熱電対センサーデバイス「KSGD-ST」とアナログ入力デバイス「同SA」に加えて、FFT(高速フーリエ変換)解析機能を備えた振動センサーデバイス「同SV3」、センサーデバイス…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る