閉じる

ニュース

  • 触覚を伝送できるモジュール、遠隔触診や手術支援ロボットに

     日本メクトロンは、触覚を伝送できるモジュール「3原触モジュール」を「MEDTEC Japan 2019」(2019年3月18~20日、東京ビッグサイト)に展示した。モジュールを手袋に搭載し、物の感触などを伝送するデモを見せた。医療分野では、遠隔での触診や手術支援ロボットなどへの応用を狙う。

  • 京大と三菱電機、「進化していく機械システム」を研究する共同講座

     京都大学と三菱電機は2019年4月、京都大学大学院工学研究科に産学共同講座「進化型機械システム技術産学共同講座(三菱電機)」を開設する。両者の連携により、学際的な知見を活用してさまざまな社会の課題を解決する「進化していく機械システム」の研究開発に取り組む。

  • ANAと豊田自動織機がコンテナ牽引車の自動運転実証、2020年にも実用化

     全日本空輸(ANA)と豊田自動織機は2019年3月26日、空港内でコンテナを運搬するための牽引車(トーイングトラクター)を自動運転する実証実験を報道関係者に披露した。係員が運転席にいるものの非常時のブレーキ以外は操作しないレベル3相当の実証実験で、2社は早ければ2020年の実用化を目指す。

  • ドコモのパケット接続料は5%減、格安スマホ事業者に打撃

     NTTドコモが2018年度に適用するパケット接続料は、前年度比5%減の52万4493円(レイヤー2接続、10Mビット/秒当たりの月額)となったもようだ。2015~2017年度は15%前後ずつ値下げしていたが、2018年度適用分の値下げ幅は大きく縮まった。

  • デロイト トーマツがセキュリティー専門会社を設立、3年で人員倍増目指す

     デロイト トーマツ グループは2019年3月26日、サイバーセキュリティーのコンサルティングを手掛ける新会社の設立を発表した。社名は「デロイト トーマツ サイバー」。同年4月1日に設立し、6月1日から営業を開始する。既存のグループ会社から、サイバーセキュリティーを担当する人材を集める。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る