閉じる

ニュース

  • システムインテグレーターのテラスカイが量子コンピューター市場に参入した理由

     テラスカイは2019年7月19日、東京都内で自社イベント「テラスカイデイ2019」を開催した。基調講演に登壇した佐藤秀哉社長は、2019年6月に子会社Quemixを設立して量子コンピューター市場に参入した狙いを説明した。

  • 「DXの本質は挑戦し続ける企業文化」、経産省・和泉氏

     札幌市で開催中のデジタル変革をテーマにした大型イベント「札幌デジタルイノベーション 2019」(主催:日経BP)。2日目の2019年7月19日のKEYNOTEには、経済産業省 商務情報政策局情報産業課の和泉憲明氏が登壇した。「DX(デジタルトランスフォーメーション)で『2025年の崖』を越えてデジ…

  • EUの衛星測位システムGalileoの障害、全停止から1週間で復旧

     欧州連合(EU)の全球測位衛星システム「Galileo(ガリレオ)」は、1週間にわたり続いていたシステム全停止の障害から復旧した。EUの専門機関でGalileoを運営・監督する欧州全地球航法衛星システム監督庁(GSA)が2019年7月18日に明らかにした。

  • 「自動運転は手段にすぎない」、SBドライブ佐治氏

     SBドライブの佐治友基社長兼CEOは2019年7月18日、法人向けイベント「SoftBank World 2019」で講演し、2020年の実用化を目指す自律走行バスへの取り組みを紹介した。

  • 富士通と能楽協会、ウエラブル端末で能楽を体感

     富士通と能楽協会は2019年7月18日、ICT分野でパートナーシップ契約を結んだと発表した。能楽協会と日本能楽会が2020年7~9月に開く「東京2020オリンピック・パラリンピック能楽祭」に向け、ICTを活用して新たな鑑賞体験を提供したり、チケット販売の利便性を高めたりすることを目指す。

  • KELK、モーターの排熱で稼働する振動センサー

     KELK(神奈川県平塚市)は、熱電発電モジュール「KELGEN」(ケルジェン)を搭載した製品のラインアップを拡充する。従来の熱電対センサーデバイス「KSGD-ST」とアナログ入力デバイス「同SA」に加えて、FFT(高速フーリエ変換)解析機能を備えた振動センサーデバイス「同SV3」、センサーデバイス…

  • 5G国際ローミングでスイス、韓国、フィンランドの事業者がタッグ

     スイスSwisscom(スイスコム)は2019年7月16日、韓国SK TelecomおよびフィンランドElisaと5Gローミングサービスで連携することを発表した。

  • エイベックス子会社、ブロックチェーン活用のコンテンツ証明書付与技術開発へ

     エイベックス・テクノロジーズ(ATS)は2019年7月18日、ブロックチェーン技術を活用し、特定のデジタルコンテンツに証明書を付与する技術「A trust」を開発すると発表した。

  • CRMとiPadでセールスを抜本改革、北洋銀・佐々木氏が取り組みを語る

     2019年7月18日、ICTによるデジタル変革をテーマにした大型イベント「札幌デジタルイノベーション 2019」(主催:日経BP)が札幌コンベンションセンターで開幕した。午前10時からのKEYNOTE(基調講演)では、北洋銀行 フィナンシャルマーケティング部 管理役の佐々木勉氏が「北洋銀行が進める…

  • 「日本はDXのセキュリティー対策が遅れている」、NRIセキュアの調査で判明

     NRIセキュアテクノロジーズは2019年7月18日に「企業における情報セキュリティ実態調査2019」の結果を発表し、日本企業のDXにおけるセキュリティ対策が遅れていることが判明した。

  • 「札幌デジタルイノベーション 2019」開幕、8つの専門展を同時開催

     ICTによるデジタル変革をテーマにした大型イベント「札幌デジタルイノベーション 2019」(主催:日経BP)が2019年7月18日、札幌コンベンションセンターで開幕した。2019年から始まったイベントで、名古屋、関西(大阪)、九州(福岡)に続く4都市目の地方開催となる。人工知能(AI)やIoT(イ…

  • 調査で分かった「開発設計マネジメントが上手なメーカーは好業績」

     「日経ものづくり」がWebでのアンケート調査で構成する記事「数字で見る現場」の2019年4月号では、「開発設計マネジメントの課題」をテーマに調査を実施した。企業の業績やQCD(品質・コスト・スケジュール)の状況と、開発設計に関するマネジメントの水準を見ていく調査であり、筆者らPwCコンサルティング…

  • ロータスが初のEV「Evija」を発表、超高性能で超高価格

     英ロータス(Lotus)は2019年7月16日、同社初の電気自動車(EV)となる「Evija」を発表した。公道とサーキットの両方で優れた性能を提供するEVとして開発した。出力1470kW(2000PS)、トルク1700N・mを目標値として設定している。公道を走行できる最も強力な量産車になるという。

  • 「業界最少の静止時消費電流」、TIが降圧型DC-DCコンバーターIC

     米Texas Instruments(TI)社は、静止時(無負荷時)の消費電流が60nA(標準値)と少ない降圧型DC-DCコンバーターIC「TPS62840」を発売した。「静止時消費電流は業界最最少であり、同等性能の競合他社品と比較して約1/3に抑えた」(同社)。さらに、出力電流が1μAの軽負荷時…

  • 大きなソース電極の新型パッケージに封止したMOSFET、米A&Oが発売

     米Alpha and Omega Semiconductor(A&O)社は、広い面積のソース電極を裏面に設けた新型パッケージに封止した+40V耐圧のパワーMOSFET「AOE66410」を発売した。nチャネル品である。今回の新型パッケージを採用することで、パッケージの抵抗とインダクタンスを低減でき…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る