閉じる

日経アーキテクチュア

本誌のデジタル版(HTML)

  • 日経アーキテクチュア 2019年4月11日号

     報酬や契約の在り方が変化している。1月21日には新業務報酬基準「告示98号」が施行された。2020年4月には、民法(債権法関連規定)の改正法施行が控えている。建築実務者を対象とした本誌調査では「現在の報酬額が妥当」との回答はわずか6%弱。業務報酬基準の見直しについては、約半数が「業務に影響があると…

  • 日経アーキテクチュア 2019年3月28日号

     設計者ならではの視点で収益性向上の工夫を盛り込んだ賃貸集合住宅を集めた。地元で人気のベーカリーをテナントに入れて交流拠点化を図ったり、築古アパートを全住戸「商いスペース付き」に改修したりといった取り組みだ。地域へのにぎわい貢献が結果的に事業採算向上のカギとなる。

  • 日経アーキテクチュア 2019年3月14日号

     建築では音を巡るトラブルが後を絶たない。工夫して設計したつもりでも、受音者の感じ方によっては騒音が生じていると捉えられることがある。多様化する受音者の耳に配慮した防音設計は、どうすれば実現できるのか。シリーズ「『想定外』の教訓」の第1回は、音のトラブル事例から、見落としがちな設計・施工のポイントを…

  • 日経アーキテクチュア 2019年2月28日号

     「3.11」は建築界を変えたのか。20年にわたる経済的、社会的停滞の中で起こった東日本大震災は衝撃と同時に、建築の在り方を見つめ直すきっかけをもたらした。悲しみの中、2020年東京五輪開催が決定。建築界は震災復興と東京大改造にまい進する。東北の復興や新国立競技場の旧整備計画にも関わってきた内藤廣氏…

  • 日経アーキテクチュア 2019年2月14日号

     バブル絶頂期に幕を開けた「平成」が、残り3カ月を切った。この30年、建築界はバブル崩壊や度重なる大災害、重大事故、人口減少などに苦しんだ。しかし、そうした葛藤の中にこそ、次代の変革のカギはある。平成の幕開けと同時期に頭角を現し、土木や災害復興にも関わってきた内藤廣氏とともに、平成の教訓を読み解く。

  • 日経アーキテクチュア 2019年1月24日号

     2025年大阪万博が決定し、27年にはリニア中央新幹線が開通予定だ。交通インフラの整備や、インバウンド需要の高まりが開発を後押しし、全国の主要都市で、都心部の機能更新が本格化し始めた。東京都心部ではターミナル周辺、大阪では湾岸エリアの再編が急務だ。国際競争力の高い「ニッポン」に向けて、都市づくりは…

  • 日経アーキテクチュア 2019年1月10日号

     建築士法、建築物省エネ法、建築基準法、バリアフリー法──。建築界を取り巻く法制度の改正が目白押しの2019年。建築士資格や設計実務への対応は待ったなしだ。改正に伴い、建築実務者が新たに身に着けなければならない知識は何か。多分野の専門家の見方を交えながら、実務への影響を探る。

  • 日経アーキテクチュア 2018年12月27日号

     米国の建設市場は変化に満ちている。築59年のレトロ超高層ビルに約680億円を投じて賃料を1.4倍超に引き上げる大改修。用地買収から設計、施工、販売までを1年半で完了する巨大倉庫プロジェクト。徹底した合理主義から生まれるパワーによって建築の在り方は刻々と姿を変える。翻って、日本はどうだろう。「202…

  • 日経アーキテクチュア 2018年12月13日号

     国内の住宅ストックが膨れ上がるなか、単に設備や仕上げを刷新しただけの改修では、嗜好が多様化した買い手や住まい手に選ばれない。評価されるのは、想定するユーザーの嗜好を捉え、それを徹底的に追及した改修だ。省エネなど各種性能と意匠性の両立、京町家、DIYといった独自性を売りに、事業者がユーザー目線で手掛…

  • 日経アーキテクチュア 2018年11月22日号

     メーカーやブランド別にさまざまな建築部材の採用意欲や採用理由を聞く──。設計実務者を対象にした日経アーキテクチュア恒例調査の結果では、定番化の傾向がますます顕著だ。特集前半では自然災害の多発などを踏まえて社会に広がる「安全」へのニーズに注目。日経アーキテクチュアがピックアップした製品を紹介する。

  • 日経アーキテクチュア 2018年11月8日号

     10月16日、再び発覚した「免震偽装」に衝撃が走った。油圧機器大手のKYBと子会社が免震・制振用オイルダンパーの性能検査データを改ざん。大臣認定の仕様や顧客契約に反した製品を出荷していたことが判明した。被害に遭った施設は、庁舎や病院、商業施設、マンションなど広範に及ぶ。後手に回るKYBの対応に、建…

  • 日経アーキテクチュア 2018年10月25日号

     自治体に一定規模以上の旧耐震建築物の耐震診断結果の公表を義務化した改正耐震改修促進法が2013年11月に施行されて5年。18年10月に和歌山県が公表したことで、全国の結果がほぼ出そろった。日経アーキテクチュアが独自に集計したところ、震度6強で倒壊の危険性がある大型ビルの約4割で今後の対応が「未定」…

  • 日経アーキテクチュア 2018年10月11日号

     1990年代に大型木造ドームが相次ぎ誕生し、大規模木造時代の幕が開けた。それを第1世代とするならば、第2世代の契機は2010年、公共建築物等木材利用促進法の施行だ。それにより、大型耐火建築が実現するなど一気に花が開いた。次なる第3世代は、耐火要件を避けた中規模で、地域のシンボルになる架構のデザイン…

  • 日経アーキテクチュア 2018年9月27日号

     住宅の一次取得者で、「ミレニアル世代」に代表される若い世代の存在感が増してきた。デジタルネイティブで、物を「所有」するより「利用」する体験に重きを置くなど、上の世代にはない新しい価値観を持つといわれる世代だ。今後、縮小が見込まれる住宅市場において「選ばれる住宅」を提案するためには、新技術を取り入れ…

  • 日経アーキテクチュア 2018年9月13日号

     2017年度単体決算を対象にした日経アーキテクチュア恒例調査では設計事務所、建設会社とも堅調を維持しながらも、業績全体の伸びはやや鈍化。いずれも売上高では中位クラスの会社が元気で、用途別では「宿泊施設」の伸びが際立つ。“次”に向けた新たな動きの本格化も見て取れる。

  • 日経アーキテクチュア 2018年8月23日号

     少子高齢化が新たな建築のニーズを生んでいる。例えば、図書館。地方の中心市街地では、図書館が従来の学ぶ場を超えて、交流拠点としての役割を果たし始めた。大都市では、保育園が鉄道高架下に誕生。鉄道沿線の価値向上につながっている。こうした新タイプの建築には、まだセオリーがない。その攻略法を探った。

  • 日経アーキテクチュア 2018年8月9日号

     観光立国の切り札として「技術」に注目が集まっている。工業をはじめ日本の産業を支えてきた技術そのものが、国内外の人を引き付けるコンテンツとなり始めた。それを引き出すのも建築界の役割だ。技術を駆使して実現した現代建築や科学施設、産業施設を訪ね、地域づくりの一手段となる「技術観光=テクノツーリズム」の普…

  • 日経アーキテクチュア 2018年7月26日号

     2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで、あと2年。移動、観戦、宿泊などに関するバリアフリー関連の基準などを見直す動きが活発だ。障害は個人ではなく、社会、環境の側にある、という考え方にシフトしてきた。車椅子使用者、外国人、LGBT……。目指すべきは誰もがストレスを感じずに参加できる…

  • 日経アーキテクチュア 2018年7月12日号

     安全だと信じていた――。東日本大震災や熊本地震では、震災が引き起こした様々な紛争が裁判所に持ち込まれた。震災被害がどう裁かれたかは建築の安全性を問い直す手掛かりとなる。見えてきたのは、阪神大震災以降に進んだ法令や技術基準の整備により、「天災」という言い訳が通用しなくなっている現実だ。現在、係争中の…

  • 日経アーキテクチュア 2018年6月28日号

     繊維系など先端素材の開発が活発化。自己修復コンクリートの実用化は目前だ。そうした華やかな開発合戦の陰で、採用実績を増やしている“知る人ぞ知る”素材もある。例えば、超薄肉コンクリート板。厚さが40㎜に満たない、しなやかなパネルが自由に設計できる。ひも状のアラミド繊維もそうだ。木造建築の耐震補強に活用…