閉じる

お知らせ

市場調査

  • 建築単価ウオッチ

    内外装の急上昇でコストが0.7%上昇、戸建て住宅

     9月期の木造戸建て住宅は、内外装の建築費が大幅に上昇したことで、コストの動向を示す指数が前月比で0.7%上昇した。3カ月ぶりの上昇である。日経 xTECH(クロステック)有料会員限定のコラム「建築単価ウオッチ」で詳しく解説する。このコラムは、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のプライス…

  • データは語る

    18年度IT投資、「増加」が33.7% 国内企業、19年度は35%超へ

     アイ・ティ・アール(ITR)の「国内IT投資動向調査2019」によると、2018年度にIT予算を増やした企業は全体の33.7%だった。減らした企業は6.7%であり、IT予算の増加傾向が続いている。2019年度にIT予算の増額を見込む企業は全体の約35%に上る。

  • 建築単価ウオッチ

    躯体や仕上げの急伸でコストが1.0%上昇、事務所

     9月期の鉄骨造(S造)事務所は、躯体や仕上げの建築費が大きく伸びたことで、コストの動きを示す指数が1.0%上昇した。日経 xTECH(クロステック)有料会員限定のコラム「建築単価ウオッチ」で詳しく解説する。このコラムは、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のプライスとコストに関する最新情…

  • 建築単価ウオッチ

    3カ月ぶりにプライスやコストが上昇、マンション

     9月期の鉄筋コンクリート造(RC造)マンションは、プライスやコストの動きを示す指数が前月比で0.6%上昇した。3カ月ぶりの上昇である。日経 xTECH(クロステック)有料会員限定のコラム「建築単価ウオッチ」で詳しく解説する。このコラムは、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析した建築のプライスとコ…

  • データは語る

    17年度の国内AI市場は2568億円 金融と情報通信で導入進む

     MM総研が実施した国内のAI(人工知能)市場の調査によると2017年度の市場規模は2568億円だった。業種別では金融業と情報通信業でAIを導入済みとする企業が多かった。国内AI市場は年平均7.6%伸び、2022年度に3437億円になると予測する。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る