閉じる

雑誌の最新号から

専門誌最新号

  • 全固体電池、日米技術対決

    オールジャパンの全固体電池プロジェクト、目標は「3-3-3」

    体積エネルギー密度3倍、急速充電時間1/3、単価1/3

     オールジャパンで全固体電池を開発するプロジェクトの目標は、電池パックで体積エネルギー密度3倍、急速充電時間1/3、単価1/3を実現することだ。失敗できない“国プロ”という立場からか、材料系は液LIBでも実績があるものに限られるもよう。目標達成は、全固体電池の国際的な開発競争に勝つための最低ラインと…日経エレクトロニクス

  • みんなの目元にVR

    VRで会えるアイドル、企業や自治体も活用

    誰でも「VTuber」時代へ

     VTuber(ブイチューバー)と呼ばれるバーチャルタレントが人気を集め、芸能人顔負けの活躍を見せている。3Dアバターを利用した「生放送」も人気だ。制作ツールやモーションキャプチャー技術が手軽で安価になったことで、誰でもVTuberになる下地が整い始めている。日経エレクトロニクス

  • ニュース&リポート

    ビジネスチャットで日米対決 拡販策競う、真の敵はメール文化

     ITエンジニアに好まれる「Slack」、中小企業に強い「チャットワーク」̶―。ビジネスチャットの日米大手が相次ぎ拡販に乗り出す。これまでビジネスチャットに縁遠かった大企業や一般企業への拡販を狙う。日経コンピュータ

  • 全固体電池、日米技術対決

    EV向け全固体電池で日米激突、ゲームチェンジャーはどちら?

    液LIBではもはや勝ち目なし

     全固体電池のEVでの実用化が始まるとみられる2022年まであと4年。日本では新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、企業23社が参加する100億円規模の開発プロジェクトを発足させた。一方、米国では有望な技術を持つベンチャーが続々登場し、世界の企業から1社で数十億~100億円の資金を集めて…日経エレクトロニクス

  • みんなの目元にVR

    ゲームだけじゃないVR、コミュニケーションで市場爆発

     「VR元年」とされた2016年からおよそ2年。これまでのゲームから、ユーザー同士やバーチャルタレントとの交流といったコミュニケーション用途がVRのキラーアプリになりつつある。さらに、B to B用途でも利用が広がろうとしている。日経エレクトロニクス

  • News Ranking

    2018年8月号:パワー/モビリティー、AI/IoT

     IT、自動車、電子・機械、建築などさまざまな産業に携わる全ての技術者とビジネスリーダーに向けた技術系デジタルメディア「日経 xTECH」で当該期間中にアクセス数が多かった記事を分野別に掲載しています。記事の情報は掲載時のものです。日経エレクトロニクス

  • News Ranking

    2018年8月号:通信/モバイル、基盤開発

     IT、自動車、電子・機械、建築などさまざまな産業に携わる全ての技術者とビジネスリーダーに向けた技術系デジタルメディア「日経 xTECH」で当該期間中にアクセス数が多かった記事を分野別に掲載しています。記事の情報は掲載時のものです。日経エレクトロニクス

  • Readers' Voice

    インフラになるIoT ほか

    2018年6月号

     Breakthrough「IoT、再始動」が印象に残った。これまでのIoTは、新しく面白い技術だが、実用面でいまひとつ有効性を確信できなかった。日経エレクトロニクス

  • Front-end

    動いているふりをするネット機器

     ネットワーク関連のイベントで、伝統と格式のあるイベントの1つに「Interop」(インターロップ)があります。発祥は米国で、日本でも1993年から「Interop Tokyo」(1994年~2005年はNetWorld+Interop Tokyo)として毎年開催されています。日経エレクトロニクス

  • Hot News

    電池最大手になる中国CATL、2020年に年産量50GWhへ

    Niリッチ3元系正極でエネルギー密度350Wh/kg

     中国の電池メーカーが、「安かろう悪かろう」の世評を覆そうとしている。その筆頭が、2011年に創業したばかりの寧徳時代新能源科技(CATL)だ。ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)が2020年から導入する電気自動車(EV)への供給を勝ち取った。中国・比亜迪(BYD)も技術開発に注…日経エレクトロニクス

  • Hot News

    日立が研究体制を変革、AIで協創促進と効率化

    IoT基盤「Lumada」活用、データ科学者は3000人へ

     日立製作所は、2018年度(2018年4月~2019年3月)の研究開発戦略において同社のIoT(Internet of Things)基盤「Lumada(ルマーダ)」への傾注を鮮明に打ち出した。「顧客との協創で研究開発グループ発のユースケースを増やし、Lumada事業の売り上げに貢献していく」(同…日経エレクトロニクス

  • Editors' Voice

    「手元」から「目元」へ ほか

     久しぶりにVR関係の特集を執筆しました(Breakthrough「みんなの目元にVR」)。前回の特集を私が執筆したのは2016年の「VR元年」ではなく、少し早めの2014年9月。日経エレクトロニクス

  • Challenger

    まだつながっていないものを「とがった技術」でつなげる

    長橋 賢吾氏(アプリックス 代表取締役 兼 取締役社長)

     Java実行環境「JBlend」で携帯業界を席巻したアプリックス。その後、総合メディア企業へとかじを切ったものの、業績不振で方向修正を余儀なくされ、創業社長の郡山氏が2017年に退陣。日経エレクトロニクス

  • シリコンバレーNext

    グーグル、アフリカにAI拠点 学術機関と連携しIT人材獲得

     米グーグルがAIの研究拠点を世界各地に広げている。年内にアフリカ・ガーナに拠点を設け、現地でAI研究者を採用する。地元の学術機関と連携し、人材流出の不安を取り払う。日経コンピュータ

  • 日経コンピュータ 編集後記

    日経コンピュータ編集後記 2018年7月19日号

     破壊的イノベーションとはこういうことか̶。特集取材の一環で訪れた北京の十里堡地区にある盒馬鮮生。店頭は大勢の消費者でにぎわい、バックヤードでは数十人の配達員がバイクに荷物を載せ慌ただしく配達に向かっていました。日経コンピュータ

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る