閉じる

雑誌の最新号から

  • ニュース クローズアップ

    大和ハウスが型式認定違反

    戸建て・アパート2078棟で判明、柱や基礎の仕様が不適合

     大和ハウス工業が建設した戸建て住宅と賃貸集合住宅の計2078棟で、柱や基礎に不適切な部位があり、型式適合認定に不適合だったことが発覚した。レオパレス21に続く不祥事で、住宅業界への不信感が増している。

  • ニュース 世界

    ノートルダム大聖堂炎上、尖塔が崩落

    専門家が語る文化財の「屋内消火」の重要性

     パリの観光名所であるノートルダム寺院で、4月15日午後6時50分ごろ(日本時間16日午前1時50分ごろ)、大規模な火災が発生した。12世紀から建造が始まったゴシック様式を代表する大聖堂は年に約1300万人が訪れる。英BBCによると、エマニュエル・マクロン仏大統領は、「フランスの全国民と同じように、…

  • ニュース 時事

    超巨大ホテルと会議場の併設が条件

    IR整備法施行令が施行、国交省が基本方針策定へ

     国際競争力の高い滞在型観光の切り札として注目が集まる、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)。4月1日、IRを構成する施設の具体的な基準や要件などを定める「特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)施行令」が施行された。

  • ニュース プロジェクト

    新国立競技場、内装デザインを最終決定

    隈研吾氏「日本らしい温かいスタジアムに」

     日本スポーツ振興センター(JSC)は4月10日に開いた定例会見で、新国立競技場の整備状況を説明し、設計を手掛ける隈研吾氏がデザイン面での細部の調整を終えたことを明らかにした。隈氏は、「今までのスタジアムと違う、日本らしい温かいものになる」と語った。

  • ニュース 技術

    CLTの床でもRC造並みの遮音性

    大成建設が開発、ホテルや集合住宅に提案

     大成建設は、直交集成板(CLT)を用いた木造躯体床(以下、CLT床)の遮音性を高める乾式工法「T-WOOD Silent Floor(ティーウッド・サイレント・フロア)」を開発した。乾式工法で、コンクリート床と同等の遮音性を達成した。木造の普及が進む中、高い遮音性が求められるホテルや集合住宅などに…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る