閉じる

講座

  • 現場コミュニケーション術

    外国人相手でも型は同じ 3つの思い込みを捨てよ

    [最終回] ミーティングや調整の型(後編)

     中堅ITベンダーのカセイシステムでプロジェクトリーダーを務める土屋君という人物を通じて、現場コミュニケーションのポイントを解説した連載も今回が最終回。今回はミーティングや調整の型を学ぼうとする読者から頂いた質問に回答したうえで、最後に連載のまとめを記すことにする。日経SYSTEMS

  • 3種のセンサーで高度化する自動運転

    クルマと人と自転車をLIDARで識別する

    自動運転の要となる、LIDARを用いた周辺環境認識(前編)

     自動運転の鍵を握るのが周辺環境認識である。前回までに、その実現技術である車載センサーについて、代表的な方式を紹介するとともに、利害得失や活用のためのポイントを解説した。今回は、最近特に注目度が増しているLIDAR を用いた周辺環境認識について、筆者が実践している取り組みを紹介する。日経 xTECH

  • 3種のセンサーで高度化する自動運転

    LIDAR、レーダー、カメラの得意・不得意

    自動運転に必要な5つの技術と、車載センサーの特徴を理解する(後編)

     急速に進歩するクルマの自動運転技術の中で、LIDARがセンサー技術のトレンドの1つになりつつある。LIDARによって実現できることや、自動運転はどのように進化するのかを考えつつ、LIDARを含めたさまざまな車載センサーの利害得失や活用のためのポイントについて、最近の話題や応用例を含めて俯瞰する。日経 xTECH

  • ザンネン社員が学ぶ デジタルビジネス創成術

    小規模酒造に廃業の危機 コスト分析で商売の常識を打ち破る

    [第22回]

     製造し、流通に乗せ、店舗で売る。こうした商売の「常識」にとらわれたままでは、各工程で発生する在庫コストや廃棄ロスなどを減らすことはできない。「コスト改革分析シート」を使い、新たなビジネスモデルを発想する方法を学ぼう。日経コンピュータ

  • 3種のセンサーで高度化する自動運転

    自動運転のキホンは移動ロボット

    自動運転に必要な5つの技術と、車載センサーの特徴を理解する(前編)

     急速に進歩するクルマの自動運転技術の中で、LIDARがセンサー技術のトレンドの1つになりつつある。LIDARによって実現できることや、自動運転はどのように進化するのかを考えつつ、LIDARを含めたさまざまな車載センサーの利害得失や活用のためのポイントについて、最近の話題や応用例を含めて俯瞰する。日経 xTECH

  • 知財戦略家 正林真之の 事業を勝利に導くIPランドスケープ

    スタートアップ企業の真の実力を見極める方法

    第13回 スタートアップ企業との提携(その2)

     前回、スタートアップ企業との提携について概説した。今回は、実際にスタートアップ企業との提携を検討する際に、活用し得る「IPランドスケープ」の事例の一部を簡単に紹介しよう。日経 xTECH

  • 設計力の魂

    「ダントツコスト」はこう進める

    第48回 コスト半減の事例

     このコラムは、「世界No.1製品」の達成について取り上げている。世界No.1とは「Q(品質)」「C(コスト)」「D(納期、開発期間)」の少なくともいずれか1つが「ダントツ」であることであった。第39回のコラムでダントツのDへの取り組みを紹介した。今回は「C」を取り上げ、ダントツのCは皆さんの身近に…日経 xTECH

  • ものづくり基礎から徹底コラム編

    角形状に削るフライス加工

    第70回 機械加工を学ぶコツ4

     前回は丸形状に削る旋盤加工を紹介しました。旋盤加工に関して、もう1つ大事な点を補足したいと思います。JIS製図規格の中で「図面は加工する向きに描くこと」がルールになっています。このルールは特に旋盤加工の際に適用されます。日経 xTECH

  • 試してわかった! 無線LANの素朴な疑問

    電波は人が集まる場所で弱くなるのか?

    [第5回]

     数年前、筆者がある競技場で無料の無線LANサービスを利用していたときのことだ。観客が少ないうちは無線LANを快適に利用できていたが、競技開始時刻が近づいて観客が増えるに従って電波の受信状況が悪くなり、しまいにはWi-Fiピクトが1本になってしまった。日経NETWORK

  • トヨタに迫れ!検図の極意

    より短時間で成果を出す設計部門になるには

    第34回 設計チームの在り方

     製品設計には、多くの情報を収集し、複数の設計者とコミュニケーションを取ってマネジメントしながら進めていく必要があります。この連載の第1回でそう述べたのですが、覚えているでしょうか。効率よく設計を行うためには、コミュニケーションやチームワークが欠かせません。しかし、設計者の中には黙々と図面に向き合っ…日経 xTECH

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る