閉じる

講座

  • 今すぐできる!工期短縮 第4回

    施工を根本的に見直す

     工期短縮の旗(目標)を立てたら、次は旗に向かってどう進むかを考える。従来と全く異なる施工方法を導入すれば、工期を大幅に短縮することもできる。工期短縮の鍵を握る工程管理のポイントの2つ目は、「行き方を変えよ」だ。(日経コンストラクション)日経コンストラクション

  • ドボクイズ

    Q.新幹線の高架橋倒壊、どうやって早期復旧した?

     1995年1月に起こった阪神大震災で、山陽新幹線などの高架橋が相次いで倒壊。早期復旧に向けて、JRの技術者は意外な復旧方法を提案し、実行しました。どのような方法を提案したでしょうか。日経 xTECH

  • チームのお悩み相談室

    「長い上に結論が出ない会議がつらい」という悩み

    第3回 ファシリテーターに求められるスキル

     今回は、会議がいつも長引いてしまう上に結論は出ないという悩みを抱えるAさんからの相談です。日経 xTECH

  • トヨタに迫れ!検図の極意

    暫定対策ばかり、だから設計の不具合が減らない

    第38回 失敗から学ぶ品質向上策

     「社内不適合やクレーム、不具合が多くて困っています。ISOの規定や品質ツールを導入していますが、不具合が減少する見込みが一向にありません。本来の品質を維持するための方法や考え方は、一体何が正しいのでしょうか」。日経 xTECH

  • ゲンバはこうして崩壊した 本当に怖い基礎力「ものづくり1.0」の弱体化

    朝礼を軽視して現場の統制が取れなくなった工場

    第5回 現場への情報伝達の崩壊

     製造部長の下に複数の課長がおり、その課長の下には数人の職場リーダーと数〜十数人の職場メンバーがいる工場がある。この工場をE工場と呼ぼう。E工場では、毎日の始業時に「朝会」と呼ばれた朝礼を実施し、その日の生産の段取りや注意すべき生産の変化点、あるいは品質問題などに対する対応の伝達事項を伝えていた。日経 xTECH

  • 設計力の魂

    その開発設計に明確な考え方や根拠はあるか?

    第52回 ダントツ目標値の礎

     先月(2019年4月)、ブラックホールの姿を初めて捉えたと大きく報じられた。理論上予測された現象が100年余りの時を経て観測された。理論を検証する第一歩が踏み出されたのだ。この報からは、理論にとっての検証(根拠)の重みが伝わってくる。ものづくりも同様だ。結論に至った「考え方」や「根拠」が大切である…日経 xTECH

  • 中国工場の歩き方 ~設計編~

    中国で「あうんの呼吸」は通じない、曖昧な依頼がトラブルを生む

    第4回

     日本人設計者が中国メーカーと一緒にものづくりをすると、なぜか不良品発生などのトラブルが起こってしまうことがあります。しかしその本当の原因は中国に無理解な日本人設計者にあるのかもしれません。日経ものづくり

  • トヨタ流人づくり

    職場を正しい方向に導く「方針管理」

    第59回

     今年度から管理者を任されることになりました。30人ほどの部下がいる職場を管理・運営していかなければなりません。しかし、正直不安です。これまで管理者向けの教育を受けたことがなく、どのように職場を管理していけばよいかが分からないからです。日経ものづくり

  • 知財が見せる5年先のミライ

    不調のクアルコムと好調のファーウェイを分けるもの

    第1回 通信半導体におけるビジネスモデルの転換点

     米クアルコム(Qualcomm)vs. 中国ファーウェイ(Huawei Technologies)──。スマートフォン向けプロセッサー(半導体)の覇権争いで注目される両社だが、最近の業績は正反対だ。クアルコムがライセンス料収入の減少により業績を悪化させる一方、ファーウェイは好調を維持している。この…日経 xTECH

  • ものづくり基礎から徹底コラム編

    板金加工は高度な技

    第76回 機械加工を学ぶコツ10

     前回から型を使って形を作る成形加工を紹介しています。今回はその代表である板金加工を見ていきましょう。薄板を金型でプレスして変形させるので、プレス加工ともいいます。板金は大きな力を受ける箇所には使用しません。日経 xTECH

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る