閉じる

講座

  • 知財で築く真田丸2

    日和見主義の社長の下では技術戦略は画餅に終わる

    第17回 何をやらないかと明確にすること

     「あー、そうですか。それは素晴らしいですね」。A社の社長がにこやかな表情でこう返したとき、私は「まずいな」と思いました。数年前の出来事です。A社の会議室でコンサルティング結果を報告した後、次の課題について話していた時のことでした。日経 xTECH

  • トヨタ流人づくり

    若手社員を育てる心のマネジメント

    第54回

     「トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます」では、日本メーカーの管理者や社員が抱える悩みに関して、トヨタ自動車流の解決方法を回答します。回答者は、同社で人材育成業務にも携わった肌附安明氏。今回は、「イマドキの若手社員のモチベーションを上げる方法」です。日経ものづくり

  • まずは現場でやってみる深層学習

    再帰型ニューラルネットは言語モデルのみならず、センサー情報にも使うべき

    畳み込み/再帰型ネットワークと長・短期記憶の特徴(後編)

     開発現場への応用が急速に進んでいる機械学習。その中で注目すべきものの1つが、現在話題のディープラーニング(深層学習)である。今回は再帰型ニューラルネットワークと長・短期記憶を取り上げ、ディープラーニングの活用のために重要と考えられるポイントについて解説を進める。日経 xTECH

  • 土の崩壊メカニズムを探れ!

    切り土中に局所崩壊したのはなぜ?

     細長い尾根を周回する道路のルートをショートカットするため、尾根を切り土する工事を実施していた。ところが、2段目の法面まで切り土を進めたとき、1日当たり30mm程度の降雨があって法面が局所的に崩壊した。その後、緩い勾配で切り直したところ、再び崩壊が発生した。なぜ崩壊したのだろうか。日経 xTECH

  • 生産性と士気を高めるシステム開発

    余計な成果物は作成しない リリースまでの時間を短縮

    [第9回]開発の効率を上げるプラクティス

     旧態依然とした開発現場では、成果物の作成と作業の管理に多くのムダな時間をかけている。本当に必要な成果物は、利用するソフトウエアだけと割り切り、その他の成果物はムダに作成しない。アジャイル開発のプラクティスを参考に効率的な開発の方法を紹介する。日経SYSTEMS

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る