閉じる

講座

  • 今さら聞けない無線の話

    屋上屋を重ねた格好のWebSocket、なぜ必要になったのか

    第65回 WebSocket のはなし

     前々回の連載記事で、IoT向け標準プロトコルの1つである「MQTT」を紹介しました。このMQTTをネットで検索すると、ペアで使われる技術要素として「WebSocket」というキーワードがよく引っかかってきます。今回はこのWebSocketについて紹介します。日経 xTECH

  • 設計マネージャーを目指す人の「國井設計塾」予備校

    AKB世界選抜総選挙に学ぶ設計の楽しさ

    第30回 職場の息苦しさ解消の特効薬

     次のような質問が私の事務所に寄せられました。 私は長野県にある精密機械の機械設計と電気設計を担当しています。先生のコラムで「第22回 氾濫する設計ツールはオールリセット!」を読んで、非常に気が楽になりました。設計ツールのほとんどが、企業数で言えば全体の0.4%でしかない大企業寄りのツールであり、残…日経 xTECH

  • 工場力強化の達人 古谷賢一の強い工場の育て方

    なぜ、工場は改善活動に自己満足してしまうのか?

    第41回 改善レベルの実力判定法

     工場で改善活動を行っていると、「自分たちの工場ほど改善の努力をしている工場は他にはない」と思っているケースを散見する。これに対し、「いやいや、まだまだ努力が足りませんよ」などとは言わないが、もう一度よく考えてほしい。日経 xTECH

  • 知財で築く真田丸2

    日本企業で挑戦的な開発テーマが進まないワケ

    第13回 部長を動かした経営者の秘密

     「不退転の決意」──。A社の社長がこの言葉を発したのは、社内での会議中のことでした。今でも鮮明に覚えているのは、社長のその語気と表情です。社長は普段は温厚な人なのですが、やると決めたことには非常に強いこだわりを見せる人です。社長の表情や言葉に、非常に強い意志を感じました。日経 xTECH

  • できるリーダーになるための「仕事の道具箱」

    常に100点満点を目指すのは間違い

    第26回 完璧主義から脱するコツ

     いつもあらゆる選択肢を考えて最善策を目指す。ちょっとした間違いでも、直さずにはいられない。自分の短所や悪いところを直そうと常に努力している。自分の意見を曲げずに周りと衝突することがある。他人の欠点やいい加減さがよく目に付く──。日経 xTECH

  • 大久保孝俊のモチベーション学

    もし新入社員が言いつけを守れなかったら

     「一度言ったことは、忘れてもらっちゃ困るな!」「何度言えば、守れるんだ!」――。あなたの言いつけを守らない新入社員に対し、あなたの脳は怒りの感情にハイジャックされ、後悔しそうな言葉を発してしまう。このような感情の爆発を未然に防ぐためには、「忘却」についての人間の本質を理解することが必要になります。日経 xTECH

  • ものづくり基礎から徹底コラム編

    赤さびと黒さび、どっちが悪くてどっちが良いか?

    第58回 易しく材料を学ぶコツ6

     化学的性質の代表例に「さび」があります。街中でも看板や放置自転車がさびているのをよく目にします。さびによる社会的損失は数兆円と報じた記事もあります。しかし、金属がさびることは至って自然であり、本来の姿です。例えば、鉄の原材料である鉄鉱石は安定した酸化物として自然界に存在しています。この鉄鉱石から無…日経 xTECH

  • トヨタに迫れ!検図の極意

    ポンチ絵が描けない設計者に未来はない

    第25回 図面の基本に立ち戻る

    前回(第24回)からの続きでもありますが、図面を描く時間を皆さんはどのように設定していますか。これまでのコラムでも説明した通り、図面を描くにはさまざまな情報が必要です。設計書やDRBFM(FMEA)、技術基準など、全ての情報を頭に叩き込まなければなりません。日経 xTECH

  • 熱血IoTコンサルタント伊本貴士の新技術を斬る

    日産でデータ改ざん発覚、コンプラ強化では再発は防げない

    第40回 緊急提言「IoT・ブロックチェーンの導入を急ぐべし」

     日産自動車が、新車の出荷前に実施する燃費・排出ガス測定において測定値を改ざんしていたことが2018年7月9日に発覚しました。同社では昨年(2017年)に完成検査で不正を行っていたことが見つかり、コンプライアンス(法令順守)教育を強化する取り組みを行ってきました。そうした中で、データ改ざんという別の…日経 xTECH

  • 設計マネージャーを目指す人の「國井設計塾」予備校

    零戦に学ぶ「攻撃的」設計戦略

    第29回 競合機分析とは何か

     先生はセミナーで、「日本製品は何でもありの過剰品質と多機能で、設計思想とその優先順位が設定されてない。まるでオール5を取るような優等生を育成している進学校のようです」とおっしゃっていました。第23回の「『設計書』が書けない設計者」も拝読し、これには職場でも大変ショックを受けました。そこで、「設計思…日経 xTECH

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

IT

製造

建築・住宅

土木

もっと見る