日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【売買・プロジェクト】キリンプラザ大阪跡地を取得して商業ビル建設、丸紅

2008/03/06

完成直後のKPOキリンプラザ大阪(写真:キリンホールディングス)
完成直後のKPOキリンプラザ大阪(写真:キリンホールディングス)
新たに建設するビルの完成予想(資料:丸紅)
新たに建設するビルの完成予想(資料:丸紅)

 丸紅は2008年3月、特定目的会社を通じて大阪・心斎橋にある商業施設のKPOキリンプラザ大阪を取得した。売り主はキリンホールディングスとグループ会社のキリンエコーだ。丸紅は、キリンプラザの跡地にアパレルなどの物販店や飲食店などが入居する商業ビルを建設する。

 KPOキリンプラザ大阪は、商業中心地の心斎橋地区のランドマークとなっているビルだ。道頓堀川に面し、多くの若者が訪れる名所である戎橋のたもとにある。地下鉄なんば駅から徒歩3分の場所だ。地上7階地下1階建て、延べ床面積2390m2の規模で、1987年に完成した。4本のガラス張りの塔屋など、ユニークな外観が特徴だ。建築家の高松伸氏が設計を手がけ、1989年には日本建築学会賞を受賞した。

 キリンホールディングスは建物が老朽化したことなどから、2007年10月に施設を閉館した。土地の売却にあたっては、2007年秋に開発内容の提案を求めるコンペを実施し、11月に丸紅が優先交渉権者に決定した。コンペには大手不動産会社や商社など複数企業が参加した。

 丸紅は地上7階建て、延べ床面積約2300m2の規模の商業ビルを建設する。設計者、施工者、テナントなどは決まっていない。丸紅は自社の負担で既存建物を取り壊し、2008年秋に建設に着手する。2009年秋の開業をめざしている。完成後には、同社がスポンサーとなっているユナイテッド・アーバン投資法人への売却も視野に入れている。

[売買の概要]
名称:KPOキリンプラザ大阪
買い主:戎橋開発特定目的会社(丸紅が組成した特定目的会社)
売り主:キリンホールディングス、キリンエコー
所在地:大阪市中央区宗右衛門町7-2(住居表示)
最寄り駅:地下鉄なんば駅徒歩3分、地下鉄心斎橋駅徒歩5分
面積:土地502.19m2、延べ床2390.83m2
階数(地上/地下):7/1
竣工:1987年
取引時期:2008年2月

[プロジェクトの概要]
面積:延べ床約2300m2(店舗)
階数(地上/地下):7/-
用途:物販、飲食・サービス
事業主:戎橋開発特定目的会社
設計者:未定
施工者:未定
工期:2008年秋~2009年秋

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)