【プロジェクト】仙台市の中央警察署跡地でオフィスビル建設に着手、三菱地所と鹿島

2007/03/13

日経不動産マーケット情報

仙台一番町四丁目ビル(仮称)の完成予想図(資料:三菱地所)
仙台一番町四丁目ビル(仮称)の完成予想図(資料:三菱地所)

 三菱地所と鹿島は2007年3月、仙台市青葉区一番町4丁目でオフィスビル建設に着手した。地上14階地下1階建て、延べ床面積約2万8200m2の規模で、1階が店舗、2階~14階がオフィスフロアとなる。

 建設地は地下鉄広瀬通駅から徒歩3分、東二番町通に面する角地にある。かつては仙台中央警察署があった場所だ。2006年3月に宮城県が一般競争入札を実施し、三菱地所と鹿島が出資する「はやて特定目的会社」が111億円1100万円で落札していた。

 はやて特定目的会社が開発主体となり、三菱地所と鹿島が開発業務を受託して事業を進める。設計は三菱地所設計・鹿島JVが、施工は鹿島が手がける。完成は2008年7月の予定だ。テナントは決まっていない。

名称:仙台一番町四丁目ビル(仮称)
建築主:はやて特定目的会社
所在地:仙台市青葉区一番町4-1-23ほか(地番)
最寄り駅:地下鉄広瀬通駅徒歩3分
面積:土地約3200m2、延べ床約2万8200m2
構造、階数(地上/地下):S・RC造、14/1
設計:三菱地所設計・鹿島JV
施工:鹿島
駐車場台数:108台
工期:2007年3月~2008年7月(予定)

日経不動産マーケット情報