日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)

【プロジェクト】札幌市・駅前通り沿いの再開発事業に参加、ゼファー

2006/05/22

 ゼファーは、札幌市中央区南2条西3丁目南街区の再開発事業に事業協力者として参加すると発表した。店舗やオフィスを併設した分譲マンションを開発する。総事業費は約250億円。2008年中に着工し、2010年に完成する予定だ。

 建設予定地は、地下鉄すすきの駅から徒歩3分の場所にある。駅前通りと狸小路に挟まれた角地だ。開発地区の土地面積は8453m2。ここに延べ床面積約5万2500m2、地上32階地下3階建てのマンションを建設する。低層階に店舗、中層階にオフィスを配置し、地上10階以上が約250戸の分譲マンションとする計画だ。

 ゼファーは5月12日、再開発準備組合から事業協力者として新日鉄都市開発とともに選定された。2社は建物の一部(保留床)を取得する方針だが、取得面積についてはまだ決まっていない。このほか、事業計画の立案、テナントの誘致などを手がける。設計はNTTファシリティーズが担当する。施工者は決まっていない。

[開発の概要]
名称:札幌市南2条西3丁目南街区第一種市街地再開発事業
所在地:札幌市中央区南2条西3-1-1ほか(地番)
最寄り駅:地下鉄すすきの駅徒歩3分
総事業費:約250億円
開発地区の面積:8453.36m2
延べ床面積:約5万2500m2
階数(地上/地下):32/3
用途:分譲マンション、店舗、事務所
住宅戸数:約250
設計:NTTファシリティーズ
施工:未定
工期:2008年~2010年

KEN-Platzユーザ日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップニュース > 記事(前のページ)