• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

マンション賃料のプラス改定続く、アクトスタイル

2016/11/15

2016年第3四半期(7月~9月)における東京23区の賃貸マンションの賃料改定率は、月額賃料20万円未満の一般賃貸市場では前期比-0.1%と横ばいだった。賃料改定率は、同一住戸の前回募集賃料と、その後入居と退去を経た今回募集賃料を比較して差分を24カ月補正している。築年が2年経過したことを考慮すると、実質プラス改定だ。ただし、「増額」、「据え置き」、「減額」の各改定のうち「据え置き」の割合が38.9%と最も多く、「増額」の割合は2四半期連続で減少している。月額賃料20万円以上の高額賃貸市場では、賃料改定率は同+0.8%だった。「増額」改定は改定全体の46.6%を占めているが、2014年第3四半期から増え続けてきた「増額」の割合は今期、微減に転じた。「減額」も減少し、その分「据え置き」が増えている。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)