• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

東京プライムリテール賃料は当面高水準を維持、JLL

2016/11/01

高額商品消費がマイナスとなったことから慎重な出店戦略姿勢を示すリテーラーもあるが、2016年第3四半期(7月~9月)の東京プライムリテール市場におけるラグジュアリーブランドやインポートブランドの出店需要は総じて底堅い。今期は、ヴァレンティノが表参道ヒルズに日本初の旗艦店を開業した。銀座並木通りでは、ラペルラが青山店(2月に出店)に続いて新店舗をオープン。マロニエ通りではティファニー銀座本店ブライダルブティックがオープンした。一方、2016年第3四半期末時点における1階の坪あたり月額賃料(共益費込み)は、銀座で前年同期比(YoY)+5.8%、前期比(QoQ)+0.9%の27万5000円となった。表参道ではYoY+2.4%、QoQ横ばいの21万5000円となっている。グローバル プライムリテール クロックによると、賃料はピークに近づいている。今後に関しては、2017年4月に竣工する銀座6丁目プロジェクトのテナントがすべて決定。需給逼迫は続くとみられ、当面は高水準を維持する見通しだ。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)