• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)

Aクラスビル空室率が大幅上昇、三幸エステートとニッセイ基礎研

2016/10/28

2016年第3四半期(7月~9月)において、Aクラスビルの坪あたり成約賃料(共益費除く)は前期比+6.5%の3万3703円と、前期の低下から再び上昇に転じている。だだし、2015年第3四半期をピークとする低下傾向自体は継続しているとみる。景気回復が依然として緩やかななかでテナント側の賃料負担力は伸び悩み、市況回復に対する潮目の兆しを背景に賃料水準に天井感がただよっている。空室率は同+0.3ポイントの2.9%と、2015年第1四半期以来の大幅上昇を記録した。

日経不動産マーケット情報

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ市場分析レポート・ディレクトリ > 記事(前のページ)